ARRANGE - 植物と空間のアレンジ -

花や緑、器などを含めた空間が「心」にステキな影響を与えるようアレンジします。
心に秘めた想いを不器用に綴ることも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花でライブイベントの演出を 伊勢崎

2015-04-20 14:01:42 | ARRANGE



写真はちょっと前になるのですが、伊勢崎にあるほのじさんでおこなわれた
小林頼司さんのライブで装花しました。

歌と料理と酒のコラボレーションで季節やテーマを決めて、調理と楽曲で楽しませてくれる素敵なイベントです。不定期開催です。特に、SNSなどで呼び込まず、主宰のお二人のお声掛けでで「あっ」というまに満席になります。毎回、凄いんです。とても楽しい。

料理家・堀澤宏之のブログ
Raiji & Chips


そこで、花を飾ってみよう、という話しを頂きまして、花もコラボしてみました。


さて、前回の投稿と地味~にリンクしています。

「今までになかったとうなシチュエーションに飾りたい」というのが
実はテーマでもありまして、このようなお誘いは大歓迎です(^^)


堀 繁氏


堀 繁さま、という方、大学の教諭ですね、講演会に参加したことがありまして、主に観光地のリノベーションでアドバイスなどをしているようです。集客には理論体系化されたセオリーがある、といおっしゃっておりました。そして、そのなかでは植物は「挨拶の装置」なんだそうです。


前回の投稿では

「いけばなの発展は家庭の玄関や公共の場所においての、客を歓迎しもてなす花を誕生させた」



とうい一分があります。老舗と言われるような、歴史の長い旅館や料亭などには必ず、と言ってもいいほど、「生花」があります。日本の良い文化なんですよね。もちろん、ケーキやさんやカフェやレストランなども… エントランスに鉢植えを置いているお店もありますね。


もう、知っているか知らないか、の差なんです。枯れるから、とか、メンテが、とかコストが… ではなくて、「こんにちは」「いらっしゃい~」というマナーとして、もうコストの中に入っているんです。投資としては安うのですがね~。


いかがですか?殺風景な場所よりも、花が咲いている、とか飾ってあるな場所へ行きたいですよね~?ちょっと、文章が乱雑かな?でも言いたいことは(めんどくさい言い回しだけど)植物飾ろうよ~、で影響ってあるでしょ~、ってことなんですね。




植物には無意識的に人間を「ほんの少し」高揚させるようなチカラがありますね。

ARRANGE



こちらのBlogでも同じようなテーマで書いています












空間装飾における植物の重要性 前橋市

2015-04-18 17:01:56 | ARRANGE



ARRANGEとは前橋市で植物をつかった空間装飾をしています。

…と言っても最近は、小売りではなく「店舗経営者」にあわせて営業、宣伝をしております。


2012年までは店舗をもって、小売りをしていましたが、
現在は無店舗で、いわいるBtoBにしていこう、という訳です。


さて、今日のタイトルはカタいですよ~ 笑


花は,神の依代(よりしろ)として儀式に使われ, 仏前に供えられ,ゲームに使われ,ようやく瓶に挿して飾られた。花を何かのかわりとして使って いたのが,花を花として楽しむように変化して来たように感じられる。そして茶の湯の花のころか ら,季節感を演出し歓迎の気持ちを伝える花が登 場したと言える。いけばなの発展は家庭の玄関や 公共の場所においての,客を歓迎しもてなす花を誕生させた。

空間装飾としての花について
山 口 智 子


2003年の論文ですかね?まぁ、ネットで見つけました。
面白い考察、そしてデータで記してあります。

昨日のテーマの延長なんですが、植物が環境に与える影響っていうのを書いていこうと思います。
それには、歴史を紐解いていく必要がありますね。日本には生け花という文化がありますからね。
生活に密着していた時代があったのですね。

多分…(ここからは自分の考察なんですが)神話や宗教などは、精神世界の教えをしながらもエンターテイメントではないだろうか、と思うのです。のようにテレビもラジオもましては携帯電話なんてない時代、それでも娯楽はあったはずなんですね。

で、そういう文化と、エンターテイメントの一部として花や植物が生活に密着していたのではないだとうか、と。
ほら、俳句とか短歌ってTwitterでしょ、なんて学者さんがテレビで言っていたんですよ。人類や科学などの進歩とともに、エンターテイメントは変容していくんだけれど、例えば、昨日のあのテレビ面白かったね!って会話、昔は近所の変化しか、なかったんですよ。だから、季節にも敏感だったろうし、どこかに自分で楽しみを見つける、それが楽しみだったのではないでしょうか?

で、そういうシンプルな喜び、機微とでも言いましょうか、そういうの、植物と生活する、いや植物の存在は無意識的でいいのですが、あるのとないのでは、心や脳に「良い」はずなんですね。


で、現在はどうであるかというと、本当に、忘れられてしまっているような気がするんですね。そいうのをもっと伝えたというか、「効果」があるのですよ~、っていうのをね、やはり発信したいんですよね。

目的を持って飾る、それは質が高いとかではなくて、当たり前のことになって欲しいんですね。もう少し、具体的にじっくり書いていきますね。ちょっと、中途半端ですけれど、ここまで、また続きます…



こんなコトを書いていくともっともっと知識が必要だと気がつきますね(^^;;


ARRANGE







インテリアグリーン 前橋市

2015-04-17 23:12:13 | ARRANGE


最近読んでいる本によると、1960年ごろの研究で「バクスター効果」というのがあって
植物に嘘発見機をつないで研究したとか…

内容を書いてもいいのですが…。
これネットで調べると直ぐにでてきますので、もし興味があるかたは…
どうやら、賛否両論あるみたいですね。そもそも1960年ごろですからねぇ。

なにが言いたかったかというと、植物が人間に与える影響って科学的にあるのかなぁ
なんて調べていたら、たまたま違う脳科学とか人工知能の本のなかで、色々な生物に関して記述されてました。


先の「バクスター効果」によると植物というのは人間の行動がわかっているのではないか?
なんて研究がされていたようです。


さて、上の写真ですが、建築士さまに依頼されて撮影の演出をした時のもの。
子供部屋に小さなグリーンを飾ってみた。


子供部屋に植物を置くケースって少ないと思う。
鉢を割ったりとか、アレルギーとか、いろいろね。もちろん世話も。

でもねぇ「生きている」植物を是非置いて欲しいですよ。
育てるってことをね、体験して欲しいのです。
そしてねぇ、土ってものを嫌がらないで欲しいのですよ。

ちょっと脱線だけど、痴呆の研究で生け花をやっていると
その間だけ脳波が正常化するなんて研究結果もあるみたい。

子供のころから植物があるインテリアに慣れて欲しいな。
そいうのが豊ってもので、これは心と身体に良い影響を与えると思う。
最近じゃあドライフラワーブームみたいで、あれは脳波に良い影響を与えるとは思えないなぁ。
あ、これ、持論です、根拠ないです。


件の本によると植物の研究ってかなりされているのだけれど、まだまだ未知の領域があるんだって。
これだけ進歩しているのにね。ミステリーみたいで面白いですよ。

それだけではなくて、植物が環境に与える影響っていうのを最近調べているので、
シリーズ化してBlogに書いていこうかと思います。


今日はプロローグで手抜き感ありますけどね 笑
ただ、思い白い本って読み進めちゃうから、引用文で打ち込むのが… (^^;;



そんなわけでARRANGEはインテリアグリーンも扱っていきますよ~。
ここらへんもWebsiteにはふれていませんので、体制を整えながら、更新していきます。





ウェディングフラワー 前橋市

2015-04-16 11:04:04 | ARRANGE


まだまだ、実現には、ちょっと先の話しになりそうですが
昨日ウエディングの打合せをしてきました。

「え、店舗ないのにウエディングフラワーはできるの?」

なんて言われてしまいそうですが、Evergreenスピリット?みたいのがあれば
ここに踏襲されます。自分でやってて踏襲って変か? 笑

ウエディングフラワー、できます。できる体制を整えていきます。

まぁ、つまるところARRANGEはEvergreenのすべての踏襲なんですけれどね~
自分のなかではね。

お店を持ってしまうと、いままでの視点とは違ってしまいますね。
例えば、失恋した場合なんかも、視点って変わるじゃないですか?

自分の場合は、、あぁ一気に二つの事柄で視点が変わってしまったんだけれどね。
植物にしても人間(動物)にしても「生きている」ということは
コントロールできることとコントロールできないことがありますね。

で、話しがそれてしまったので、戻しますと、ウエディングフラワーなら相談してください! 
ということが言いたかったのですね 笑

ARRANGEっていう言葉には、いろいろな意味があって
音楽なんかでもアレンジは誰に頼む、とか
ヘアーセットもヘアーアレンジなんていうでしょ。
洋服の着こなしなんかもアレンジって言ったり、料理でもね。


で、私のARRANGEっていうのは「空間の意味付け」なんて言ってもいいかな。
そこは、もう植物や花なんかは、めちゃくちゃ意味があるでしょう、効果的でしょう、ってこと。

お店を持ってしまうと、いままでの視点とは違ってしまう、というのは…
お店があった時は、年がら年中、レイアウト変えたり、照明の当て方変えたり、
外に黒板つくってみたり、なんてことをしていましたね。
ま、切り花なんかは水をかえたり、仕入れで入れ替われば、全部飾り直しなわけだから日常でしたね。


そういう意味ではEvergreenって店は、空間そのものが アレンジみたいだったんですね。
その時々で、お客さまが受け取る印象を少しでも変えたかったんですよ。あとは「売りたい」ってこと。
商品価値をあげたいとも言えるかな。
せっかく仕入れてるしね、売れないと商売ではないし、買ってもらって、飾ってもらって、
やはり生活が豊かにったり、癒しだったり、時には勇気になったりね。そういう気持ちだったんですよ。

それはつまり花や植物が「空間の意味付け」になって欲しいってことなんですよね。


話しはちょっと変わるけれど、ホテルの宴会場なんて面白い空間だと思うんですよ。
昨日は法事だったところで、今日はお祝いの宴会したりね。次の日はセミナーだったり。

空間自体は一緒なわけですよ。だけどそこにあるアイテムで意味合いが変わってくる訳ですね。
自宅の近所に住宅を改造して、ご飯屋さんになったお宅があるんだけど、
先日まで住居で家族共有の場所だったのに…  あれ、お店になってしまった。
これも「空間の意味付け」でしょう。価値付けって言ってもいいかな。



相変わらず話しが長いですね、話しをもどして、と。
ウエディングって面白いんですよね。
そして装花、ウエディングフラワーは非常に重要なアイテムなんですね。

で、そう考えると…
どこでもできるんじゃない!?なんて思っていたり。

結婚式や披露宴ってホテルや式場(会場)で行う、教会、お寺、神社…
最近はゲストハウスなんて言ったり、レストランなんかも、ありますね。


Evergreenとしてはブーケも結構、ご注文いただいたり、前橋、高崎、伊勢崎なんてお届けしましたね。
装花もね、持ち込みできるところなんかは、前橋ではいくつかありましたね。

でね、結婚式ってやっぱりいいでよ、幸せだもの。 笑

あくまでも装花、ウエディングフラワー、ウエディングブーケでの関わりであっても
ARRANGEとしては、ちょっと面白いことをご提案したいですね。

もちろん、お金はそれなりに掛かっちゃうんだけど、
こだわる人も多かったのも事実!
そういう文化が盛り上がったらいいよね。


ウエディングの投稿はまた続きますね~。


Websiteにはウエディングフラワーにはふれていませんね。
体制を整えながら、更新していきます。

ARRANGE takeyukinata.net


Websiteできました。

2015-04-14 18:22:13 | ARRANGE


Flowers Evergreenをクローズさせてからもう3回の桜のシーズンになりました。
やっぱり桜はいいですね~。そして必ず桜が咲くと…雨、雨、雨。

日曜日に赤城の南面の千本桜にでも行こうかなぁ、なんて思ったら、
赤城山へ向かう道はどこも渋滞… 諦めました(笑


さて、さて、このブログは Flowers Evergreen 時代 からなので…

ARRANGEとしてのもう一つのBlogをはじめました。
まだ記事はひとつですが…。


花屋さんやらないの?

そんなことを会う人会う人に言われます。
非常に答えるのに困難かつ、エネルギーが要ります。

何故でしょう?
多分、あくまで個人的なハードルがあるみたいで(^^;;

さて、そんな事に、地味に答えるべく
検索にも引っ掛からないようなBlogなのでリンクしておきます。はい。
こっちのBlogも使うと思います、花関係で。
だけど自分のなかでは…花はいままでとは、また違うカタチになっていきそうです。

そればまた後ほど!

そう、それとARRANGEのWebsiteもつくりましたので。
相変わらず、文書ばっかりですので、ご注意を 笑


そんな訳でお読み頂き、ありがとうございます。


ARRANGE Website
takeyukinara.net

ARRANGE Blog
"new" Blog