ARRANGE - 植物と空間のアレンジ -

花や緑、器などを含めた空間が「心」にステキな影響を与えるようアレンジします。
心に秘めた想いを不器用に綴ることも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無題。

2018-06-01 17:20:58 | ARRANGE
店を閉めたのが2012年だったから、あれから6年くらいか、
いろいろ迷ったり
焦ったりして壁にぶつかって、、、、
なんてして。

ま、壁も自分でつくってんだけどね 笑

花以外のことがやってみたかったし、
花以外での自分の価値を探すような感じだったかな。


花から逃げたかったし、実際花に触れることは辛かったんよ。


後ね、花屋って仕入れがデカくてロスもあるし
(ロスを限りなくゼロに近づけるのが優れた経営者かもしんないけど)
仕入れが無い仕事ってのに憧れててね。


おかげさまで理想とするような時間給のお仕事も頂けたし!
ただ、それが継続的じゃないってのが、
これからの課題であり伸びしろなのね。

そんな(店をやめてからの)いろいろな経験に、満足したんですね。


それと、改めて、嫁さんとのことでできたトラウマ的なことに

もっと素直に向き合えたんですんね。去年の夏ごろから今年の春ごろ。


そしたらスッキリしたし、元気に前向きになれたんだよね。

で、そうなるとどうなるかっていうと
もう一度、花屋でしょう〜!となったわけです。

他者からみたら遠回りかもしれないけれど
自分のなかで「納得」するまで6年かかった、と。

それを自分で良いとか悪いとか評価することなく、
そういう自分がいて、
さらに、後悔ってやつの(自分のなかで)意味を変えていって
「一切の後悔なしっ!」
って言い切れるよ、今は。


脱線するけど「グットウィルハンティング」って映画を何度も観てね
そう語るカウンセラーさんがいるんですよ。

さらに脱線して 笑
「今度は愛妻家」って映画とか
「いねむり先生」って小説とドラマみて、、、


伊集院静さんの小説はどハマりしたね。いっぱい泣いて、泣いて泣いて。
いっぱいお酒 飲んで飲んで飲んで 笑


飲みたくなるんだもん、あの世界観。。。

自分のなかで、言葉にできないことを
映画や小説で、言葉にしてもらって
それで、改めて自分の気持ちに気づくような。
そんな繰り返しが、癒してくれたね。


さて話しを戻して、、、

いままでの活動をするなかで未熟さもあって
離れた人もいるし
だけど、離れたけどもう一回繋がりなおしてくれた人もいるし
いつだって応援するぜ!って人もいっぱいいる。

そんなありがたい人たちに宣言したいんだ。

もう一回、花屋の仕事をしっかりやるよ!と。

ゆっくり準備して
情報発信(提案)できる場所をつくるからね。



写真は東京の某花屋さんのカフェ
花屋とカフェっていいよね〜(妄想)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 大人のパーティー企画演出し... | トップ | ポップアップグリーンショッ... »
最近の画像もっと見る

ARRANGE」カテゴリの最新記事