ARRANGE - 植物と空間のアレンジ -

花や緑、器などを含めた空間が「心」にステキな影響を与えるようアレンジします。
心に秘めた想いを不器用に綴ることも。

花でライブイベントの演出を 伊勢崎

2015-04-20 14:01:42 | ARRANGE



写真はちょっと前になるのですが、伊勢崎にあるほのじさんでおこなわれた
小林頼司さんのライブで装花しました。

歌と料理と酒のコラボレーションで季節やテーマを決めて、調理と楽曲で楽しませてくれる素敵なイベントです。不定期開催です。特に、SNSなどで呼び込まず、主宰のお二人のお声掛けでで「あっ」というまに満席になります。毎回、凄いんです。とても楽しい。

料理家・堀澤宏之のブログ
Raiji & Chips


そこで、花を飾ってみよう、という話しを頂きまして、花もコラボしてみました。


さて、前回の投稿と地味~にリンクしています。

「今までになかったとうなシチュエーションに飾りたい」というのが
実はテーマでもありまして、このようなお誘いは大歓迎です(^^)


堀 繁氏


堀 繁さま、という方、大学の教諭ですね、講演会に参加したことがありまして、主に観光地のリノベーションでアドバイスなどをしているようです。集客には理論体系化されたセオリーがある、といおっしゃっておりました。そして、そのなかでは植物は「挨拶の装置」なんだそうです。


前回の投稿では

「いけばなの発展は家庭の玄関や公共の場所においての、客を歓迎しもてなす花を誕生させた」



とうい一分があります。老舗と言われるような、歴史の長い旅館や料亭などには必ず、と言ってもいいほど、「生花」があります。日本の良い文化なんですよね。もちろん、ケーキやさんやカフェやレストランなども… エントランスに鉢植えを置いているお店もありますね。


もう、知っているか知らないか、の差なんです。枯れるから、とか、メンテが、とかコストが… ではなくて、「こんにちは」「いらっしゃい~」というマナーとして、もうコストの中に入っているんです。投資としては安うのですがね~。


いかがですか?殺風景な場所よりも、花が咲いている、とか飾ってあるな場所へ行きたいですよね~?ちょっと、文章が乱雑かな?でも言いたいことは(めんどくさい言い回しだけど)植物飾ろうよ~、で影響ってあるでしょ~、ってことなんですね。




植物には無意識的に人間を「ほんの少し」高揚させるようなチカラがありますね。

ARRANGE



こちらのBlogでも同じようなテーマで書いています











ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 空間装飾における植物の重要... | トップ | 母の日!~久しぶりの花仕事~ »
最近の画像もっと見る

ARRANGE」カテゴリの最新記事