こころとからだ

アロママの日々感じた事、思った事。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヒプノセラピーの体験談8

2008-04-13 | 体験談
お客様からヒプノセラピーの体験談を頂きました。


~過去世退行セッション~

催眠体験自体が初めてでしたので、
楽しみにしていたとは言え、やはり緊張や不安があったのだなぁと
後からよくわかりました。
催眠の誘導部分で、なんとなく「ふわ~と入っていきそう」になると、
急に体のあちこちを突き動かすような何とも言えない感覚がムズムズと起こり、
「ギャー!!」と大声を上げて泣き叫び暴れたいのを必死でこらえて、
それを涙に変えて 外に排出したような気がします。
相当強いエネルギーだったのでしょうか、だからあれほどの涙となったのかなぁ、と。

泣き出す直前に一瞬見えた、白い着物(襦袢のような)の女性の姿は
もしかしたら、前世の私自身だったのかもしれません。
アロママさんの、「過去世の自分を知ってもらえることが嬉しかったのかも」というお言葉で、
もしかしたら出てきてくれたのかなぁと、後から思えました。

幸せな場面の結婚は、25歳といいましたが、
後から思い返すと、少し違う気がします。
「25」という数字が出てくる前に、「17」がチラリと見えた気がしたのですが、
その時に「それは違う」と、即座に自分で否定してしまったようなのです。
理性が邪魔をした、ということでしょうか・・・?
すみません、年齢は自分でもよくわかりません。

この時の結婚相手だった人は、
ハイヤーセルフの時に質問した、「忘れられない人」でした。
彼が隣にいてくれて、本当に嬉しかったのです。
過去世で私たちは出会い、結ばれていたことが、とても嬉しかった。
でも、過去世で私の死という結末でうまくいかなかったように、
今生でもうまくいかなかったのは、私の魂の記憶がそうさせたのではないか、と
思えます。このまま2人一緒にいたら不幸せな結末を迎える、という不安。
幸せになる事への不安、恐怖。
だから、というわけではないのかもしれませんが、
今生で私は、彼との関係を自ら断ち切りました。

(これはひょっとしたらとんちんかんな想像かもしれませんが、
 もし彼とそのまま繋がっていたら、前世と同じような道が待ち受けていたかもしれません。
 ハイヤーセルフで、彼が運命の人ではない(と首を振られた)という答えは、
 そういうことなのかもしれません)

うまく自分を出せず疎外感を感じてしまう事について、
過去世での体験との関連が 非常に腑に落ちて納得できたので、
それだけでもだいぶスッキリしました。
きっと私の中の深~いところに眠っているかもしれない怒り・恨み・恐怖が解けたら
人を素直に信じることが出来て、ありのままの自分で人と付き合えるようになるのかなぁ・・・?
今生でも、鋭く冷たい視線の女性がとても苦手です。コワイです…(>_<)
これらを克服するには、ちょっとしんどい試練です。


~ハイヤーセルフセッション~

「教えてくれない場合もあるが、それは今が知る時ではないから」
ということの意味が、よくわかりました。
ハイヤーセルフの男の子は、「人生の目的は?」の質問には
しぐさも表情も示さなかった。
「まだそれを知る時ではない」ということなんですね。
納得しています。

声にせず言葉にせず、しぐさや表情で伝えてくれたハイヤーセルフさんに、
心から感謝しています。とても嬉しかったんです。
「感じなさいという意味でしょうか.....?」とアロママさんも言ってくださったように、そういうメッセージなのだと私も受け取りました。
私なら感覚で感じとることが出来るだろう、と信じてくださっているからかなぁ?、
と思うと、ちょっと嬉しいです。
自分の感じ方に自身がなかったのですが、ハイヤーセルフさんのお陰で
少し自信が持てそうです。心強く感じます。

ハイヤーセルフの時も泣きましたが、あの涙は明らかに過去世の時とは違います。
強烈な過去世の後、雲の上で仁王像をバックに私にメッセージを送る男の子とのやりとりはとても安らかで穏やかで安心感がありました。
安らぎがもたらした涙、と言いましょうか…?
ハイヤーセルフセッションで終わることが出来て、本当に良かったです。

男の子が示したしぐさの真意は、まだ掴みかねてる段階ですが、
これから先、パッとひらめいて気付く “その時” を待ちながら
日々気持ちを落ち着かせて過ごせたら、と思います。
(あれから、最期の場面を思い出して泣く、という行為には 幸い至っておりません。
 お陰様ですm(_ _)m)


 最初に泣き出した時の アロママさんの咳のこと、よく覚えています。
 頭の片隅で、「あ~、咳き込ませてしまったなぁ…」と感じていました。
 咳… 喉のチャクラ… コミュニケーションの引っかかり…、
 これらは関係がありますでしょうか?
 その後のご体調は大丈夫でしょうか?


泣いて催眠に入りにくかった私を導いてセラピーを無事に遂行していただき、
心から感謝しております、アロママ様、どうもありがとうございました。
いつか再びセラピーを受けにお伺いする機会がありましたら、
その時はまたよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。


草加市 H.S様



催眠誘導中に泣き出されて、中止になるかと危ぶまれた今回のセッションでしたが、無事に終える事ができました。

過去世の自分の最期を知り、今生との関係が解ってスッキリした様子で安心しました。
コミュニケーションをうまくとれない自分を許せるようになれば、また周りの見え方も変わってくると思います。

催眠中に感じた自分の年齢が、理性が邪魔してちゃんと解らなかったと綴ったH.S様。
催眠中に感じた事はすべて真実なので、きっと最初に思った通り結婚した年は「17歳」なのでしょう。
現在だと「17歳」という年齢で結婚は早い気がしますが、H.S様の見た過去世の時代でしたら、なんらおかしい事はありません。
催眠中は潜在意識が優位な状態になっていますが、顕在意識がなくなっているわけではありません。だからこそ、普段の自分の感覚で過去世を見たり感じたりすることができるのです。
そんな私たちが普段使っている意識の顕在意識が邪魔をしてしまい、
「そんな事、私が勝手に思っているだけ」
と否定してしまい、自分の感じた事見た事を信じる事ができない時があります。
H.S様の言うとおり、まさに理性が邪魔をするんです。
無きゃないでこまりますが、なかなか厄介な顕在意識様なのですね。

始まりから終わりまで涙、涙の浄化セッションを体験されたH.S様。
素敵な体験談をありがとうございました。







『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ヒプノセラピーの体験談7 | トップ | 自分の中に見えた事 »
最近の画像もっと見る

体験談」カテゴリの最新記事