有田芳生の『酔醒漫録』

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『無印ニッポン』が面白い

2009-09-30 09:27:46 | 読書
<link href="file://localhost/Users/arita/Library/Caches/TemporaryItems/msoclip1/01/clip_filelist.xml" rel="File-List" /> <style> <!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:"Times New Roman"; panose-1:0 2 2 6 3 5 4 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Century; panose-1:0 2 4 6 4 5 5 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Osaka; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} @font-face {font-family:"\@Osaka"; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} /* Style Definitions */ p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal {mso-style-parent:""; margin:0mm; margin-bottom:.0001pt; text-align:justify; text-justify:inter-ideograph; mso-pagination:none; font-size:12.0pt; font-family:Osaka; mso-font-kerning:1.0pt; mso-ansi-language:EN-US;} table.MsoNormalTable {mso-style-parent:""; font-size:10.0pt; font-family:"Times New Roman";} /* Page Definitions */ @page {mso-page-border-surround-header:no; mso-page-border-surround-footer:no;} @page Section1 {size:595.0pt 842.0pt; margin:30.0mm 30.0mm 30.0mm 99.25pt; mso-header-margin:42.55pt; mso-footer-margin:49.6pt; mso-paper-source:0; layout-grid:20.0pt;} div.Section1 {page:Section1;} --> </style>

9月29日(火)「国家像」というよりも「社会ビジョン」といった方がいいようだ。政党の示すべき課題のこと。不安定研究会で出た質問を考えていた。チャン・ツィイーの意外な演技で驚いたのは「ソフィーの復讐」。「初恋のきた道」や「HERO」とはまったく異なる人物像。「実生活でも演じていることがある」とは森光子さんから聞いたこと。チャン・ツィイーの素顔はいかに。銀座「壹眞珈琲店」で堤清二さんと三浦展さんの『無印ニッポン』(中公新書)を読む。アメリカ型大量消費社会が終わりつつあること、官僚の能力に対するマスコミ報道の問題点、官僚主義の本質の指摘などが興味深い。大山の事務所へ。板橋文化会館で公演前の都はるみさんと雑談、提案。コンサートを堪能。これまでリクエストしていたものの実現しなかった「雨宿り」「しあわせ岬」を久々に聴いた。会場を出るときに野村沙知代さんとばったり。友人に誘われたそうだ。選挙を手伝ってくれたFさんのお誘いで「はるみファン」のみなさんと居酒屋で懇談。

コメント (1)

「革命」それとも「新保守」?

2009-09-29 10:52:30 | 政談
<link href="file://localhost/Users/arita/Library/Caches/TemporaryItems/msoclip1/01/clip_filelist.xml" rel="File-List" /> <style> &amp;lt;!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:&amp;quot;Times New Roman&amp;quot;; panose-1:0 2 2 6 3 5 4 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Century; panose-1:0 2 4 6 4 5 5 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Osaka; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} @font-face {font-family:&amp;quot;\@Osaka&amp;quot;; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} @font-face {font-family:GothicMB101Pro-Bold; panose-1:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0; mso-font-alt:Arial; mso-font-charset:77; mso-generic-font-family:auto; mso-font-format:other; mso-font-pitch:auto; mso-font-signature:3 0 0 0 1 0;} /* Style Definitions */ p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal {mso-style-parent:&amp;quot;&amp;quot;; margin:0mm; margin-bottom:.0001pt; text-align:justify; text-justify:inter-ideograph; mso-pagination:none; font-size:12.0pt; font-family:Osaka; mso-font-kerning:1.0pt; mso-ansi-language:EN-US;} table.MsoNormalTable {mso-style-parent:&amp;quot;&amp;quot;; font-size:10.0pt; font-family:&amp;quot;Times New Roman&amp;quot;;} /* Page Definitions */ @page {mso-page-border-surround-header:no; mso-page-border-surround-footer:no;} @page Section1 {size:595.0pt 842.0pt; margin:30.0mm 30.0mm 30.0mm 99.25pt; mso-header-margin:42.55pt; mso-footer-margin:49.6pt; mso-paper-source:0; layout-grid:20.0pt;} div.Section1 {page:Section1;} --&amp;gt; </style>

 928日(月)090928_21030001 朝からレジュメの作成。タイトルは〈鳩山政権解剖ーー「選挙を通じた革命」それとも「新保守」?〉とした。東京都の比例区票を歴史的にたどると、社民党、共産党、公明党の得票率は2000年以降ほとんど変化がない。ところが自民党と民主党の投票は相似形。小泉「郵政選挙」に熱狂した「都市部中間層」が、こんどは民主党による「政権交代」に雪崩れを打った。その実体は小泉・竹中「構造改革」によって破壊された生活を建て直したいという切実な要求だ。生活を「保守」することと読み替えても良い。ならば政権交代とは「保守二大政党」制ではないのか。もちろん民主党のなかにはさまざまな傾向がある。全体としての「健全保守」だろうか。マニフェストで公約した国民向けの政策を実現していくことと、これからの国家像が曖昧なことをどう評価するのか。久々に日本テレビの横を歩き、共同通信へ。不安定研究会で東京11区(板橋)での経験をまじえてそんなことを語った。個人的経験では、小選挙区制の矛盾(すべての選挙区合計で有効投票の46%が死票)、小沢一郎的「ドブ板」選挙と日本的風土、公明党=創価学会の変化、民主党組織の実体などを報告。夜の新橋から銀座を経て有楽町まで歩く。<o:p></o:p>

<o:p></o:p>

コメント

「希望」は「手製の偶像」なのか?

2009-09-28 09:23:32 | 読書
<link rel="File-List" href="file://localhost/Users/arita/Library/Caches/TemporaryItems/msoclip1/01/clip_filelist.xml" /> <style> &lt;!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:&quot;Times New Roman&quot;; panose-1:0 2 2 6 3 5 4 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Century; panose-1:0 2 4 6 4 5 5 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Osaka; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} @font-face {font-family:&quot;\@Osaka&quot;; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} /* Style Definitions */ p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal {mso-style-parent:&quot;&quot;; margin:0mm; margin-bottom:.0001pt; text-align:justify; text-justify:inter-ideograph; mso-pagination:none; font-size:12.0pt; font-family:Osaka; mso-font-kerning:1.0pt; mso-ansi-language:EN-US;} table.MsoNormalTable {mso-style-parent:&quot;&quot;; font-size:10.0pt; font-family:&quot;Times New Roman&quot;;} /* Page Definitions */ @page {mso-page-border-surround-header:no; mso-page-border-surround-footer:no;} @page Section1 {size:595.0pt 842.0pt; margin:30.0mm 30.0mm 30.0mm 99.25pt; mso-header-margin:42.55pt; mso-footer-margin:49.6pt; mso-paper-source:0; layout-grid:20.0pt;} div.Section1 {page:Section1;} --&gt; </style>

9月27日(日)090927_21080001 魯迅の「狂人日記」と「故郷」を読む。とくに後者は最後の文章でよく知られている。「思うに、希望とは、もともとあるものだともいえぬし、ないものだともいえない。それは地上の道のようなものである。もともと地上には、道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ」。若いころは「だから希望を持たなければ」といった人生訓として読んでいた。ところが今日読んでいて、何だかここだけを取り出してはいけないと思った。これは知事という立場にある主人公の言葉である。幼いころの親友と30年ぶりに出会って、相手が零落している姿と態度を見ての延長で書かれたことを思えば、社会的成功者の自己弁護とも読めるからだ。「手製の偶像」が「希望」だと主人公はいう。一般的にいわれてきたように「故郷」という作品は「絶望のなかに希望を見出した」といえるのか。最後の文章はいらないという中国での評論もあった。訳者であり中国文学者である竹内好さんがどう解釈していたかを知りたい。新宿のあいおい損保新宿ホールへ。「貧困をなくし、社会保障を守る『基本法』を考える」シンポジウムを聞きに行く。パネリストの後藤道夫さん、渡辺治さんにご挨拶、湯浅誠さんと立ち話。連合元会長で「労働者福祉中央協議会会長」の笹森清さんの話も印象的だった。「年越し派遣村」は、異質な政党、組合、市民運動が協同して成果をあげた。同じ傾向にある集団が2つ集まっても2倍の力にしかならないが、異質な集団が協同すれば、その力は数倍になるという。これまた事実に基づく至言だ。地下鉄を降りて帰宅していたところ、近所の女性から「おめでとうございます」と元気に声をかけられた。繰り上げ当選したと思い込んでいたそうだ。マスコミの影響は大きいなと実感。

コメント (2)

『折れそうな心の鍛え方』

2009-09-27 09:18:48 | 読書
<link href="file://localhost/Users/arita/Library/Caches/TemporaryItems/msoclip1/01/clip_filelist.xml" rel="File-List" /> <style> <!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:"Times New Roman"; panose-1:0 2 2 6 3 5 4 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Century; panose-1:0 2 4 6 4 5 5 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Osaka; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} @font-face {font-family:"\@Osaka"; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} /* Style Definitions */ p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal {mso-style-parent:""; margin:0mm; margin-bottom:.0001pt; text-align:justify; text-justify:inter-ideograph; mso-pagination:none; font-size:12.0pt; font-family:Osaka; mso-font-kerning:1.0pt; mso-ansi-language:EN-US;} table.MsoNormalTable {mso-style-parent:""; font-size:10.0pt; font-family:"Times New Roman";} /* Page Definitions */ @page {mso-page-border-surround-header:no; mso-page-border-surround-footer:no;} @page Section1 {size:595.0pt 842.0pt; margin:30.0mm 30.0mm 30.0mm 99.25pt; mso-header-margin:42.55pt; mso-footer-margin:49.6pt; mso-paper-source:0; layout-grid:20.0pt;} div.Section1 {page:Section1;} --> </style>

9月26日(土)090926_19280001 日垣隆さんの『折れそうな心の鍛え方』(幻冬舎新書)を読む。医師は治療対象に向けて処方をする。ところが「うつ」を経験した医師は少ないだろう。日垣さんは自らの「落ち込み体験」を出発点に脱出方法を摸索するから説得力がある。中井久夫さんの著作でも阪神大震災からの立ち直りで「笑い」が果した役割は大きいとあった。日垣さんは笑えなければ泣くのでもいいと説く。「太陽をぱくぱく食べる」(鳩山幸さんの名言、人によっては迷言)ほどの大らかさだろうか。ナポレオンの後半生についての記述が印象的だった。家族にも見放された人生の失意。そんな晩年だとは知らなかった。とくに第4章「日々鍛えてみよう」編の冴えはすばらしい。その背景には日垣さんの人生がある。ストレス解消法としても多くの人に読んでもらいたい。夕刻の成増。79歳で亡くなった金子桂子さんの通夜に列席。池袋「おもろ」。常連もすでに去ったカウンターで独り静かに泡盛を飲む。

コメント (1)

前畑博、太田雅美さんを送る夜

2009-09-26 11:57:50 | 東京・板橋
<link href="file://localhost/Users/arita/Library/Caches/TemporaryItems/msoclip1/01/clip_filelist.xml" rel="File-List" /> <style> <!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:"Times New Roman"; panose-1:0 2 2 6 3 5 4 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Century; panose-1:0 2 4 6 4 5 5 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Osaka; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} @font-face {font-family:"\@Osaka"; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} @font-face {font-family:HiraKakuPro-W3; panose-1:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0; mso-font-alt:"ヒラギノ角ゴ Pro W3"; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:auto; mso-font-format:other; mso-font-pitch:auto; mso-font-signature:1 134676480 16 0 131072 0;} @font-face {font-family:"\@HiraKakuPro-W3"; panose-1:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:auto; mso-font-format:other; mso-font-pitch:auto; mso-font-signature:1 134676480 16 0 131072 0;} /* Style Definitions */ p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal {mso-style-parent:""; margin:0mm; margin-bottom:.0001pt; text-align:justify; text-justify:inter-ideograph; mso-pagination:none; font-size:12.0pt; font-family:Osaka; mso-font-kerning:1.0pt; mso-ansi-language:EN-US;} table.MsoNormalTable {mso-style-parent:""; font-size:10.0pt; font-family:"Times New Roman";} /* Page Definitions */ @page {mso-page-border-surround-header:no; mso-page-border-surround-footer:no;} @page Section1 {size:595.0pt 842.0pt; margin:30.0mm 30.0mm 30.0mm 99.25pt; mso-header-margin:42.55pt; mso-footer-margin:49.6pt; mso-paper-source:0; layout-grid:20.0pt;} div.Section1 {page:Section1;} --> </style>

9月25日(金)090925_21140001 核廃絶の決議が国連安全保障理事会で全会一致採択された。画期的だ。議長を務めたバラク・オバマ大統領のイニシアチブだが、ここで日本がさらに提案をすべきだろう。年内のオバマ訪日時にヒロシマ、ナガサキを訪れることだ。被爆の実相を「オバマの眼」で追体験し、想像力を働かせてもらおう。鳩山政権を後押しすべく、世論の喚起はできないものか。平河町のヘッドオフィスで役員会。その前に板橋事務所を本日で退任する前畑博さんともども街場のお弁当で昼食会。文藝春秋で雑用をこなして大山の事務所。池袋「おそめ」で前畑さん、太田雅美さん、さらに選挙を取り仕切ってくれた山中常弘さんを囲んでの「お別れ会」。平和台にあるサテライト・ウェイブの須藤実さんが計算してくれた数字を紹介する。投票時間内に東京11区で「有田」と書いてくれた有権者は1秒間に3人。この責任をさらに未来へとつなげていく。店を出ると前畑さんと長男が肩を組んで歩いていた。「同志」とはこういう姿、関係をいう。「きのこ汁 風にふらゆら 絡み合い」。

コメント (4)

山東京伝の浮世絵を見る

2009-09-25 09:18:54 | 随感
<link href="file://localhost/Users/arita/Library/Caches/TemporaryItems/msoclip1/01/clip_filelist.xml" rel="File-List" /> <style> <!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:"Times New Roman"; panose-1:0 2 2 6 3 5 4 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Century; panose-1:0 2 4 6 4 5 5 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Osaka; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} @font-face {font-family:"\@Osaka"; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} /* Style Definitions */ p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal {mso-style-parent:""; margin:0mm; margin-bottom:.0001pt; text-align:justify; text-justify:inter-ideograph; mso-pagination:none; font-size:12.0pt; font-family:Osaka; mso-font-kerning:1.0pt; mso-ansi-language:EN-US;} table.MsoNormalTable {mso-style-parent:""; font-size:10.0pt; font-family:"Times New Roman";} /* Page Definitions */ @page {mso-page-border-surround-header:no; mso-page-border-surround-footer:no;} @page Section1 {size:595.0pt 842.0pt; margin:30.0mm 30.0mm 30.0mm 99.25pt; mso-header-margin:42.55pt; mso-footer-margin:49.6pt; mso-paper-source:0; layout-grid:20.0pt;} div.Section1 {page:Section1;} --> </style>

 9月24日(木)上杉隆さんの『政権交代の内幕』(PHP研究所)を読む。いちばん印象的だったのは小沢一郎さんの選挙運動を描いた高知での応援風景だ。群衆のなかに入っていって徹底的に握手をしているから、候補者のところに行くまでに20分ほどかかっている。「大衆のなかに」という政治哲学を実行するのはそう簡単なことではない。銀座の「角匠」へ選挙支援のお礼に立ち寄る。浮世絵で知られる「政信」が、のちに戯作者となる山東京伝だとは知らなかった。その浮世絵を見せていただく。驚いたことに文化庁に浮世絵や古墳の壁画などを扱う担当者はたったひとりだという。フランスではオークションにかかった文化財に対して政府が没収権を持っているそうだ。もちろん同額を出すのだが、文化の海外流出をこうして防いでいる。日本はこうした分野でも遅れている。数寄屋橋の「佐藤養助」で「週刊朝日」の山口一臣編集長、O記者と打ち合わせ。すぐ横がバー「JINX」だったので顔を出したら「酒とつまみ」の大竹聡編集長と光文社のMさんがいたので、久しぶりに懇談。

コメント (1)

板橋から日本へ

2009-09-24 11:12:29 | 東京・板橋

<link rel="File-List" href="file://localhost/Users/arita/Library/Caches/TemporaryItems/msoclip1/01/clip_filelist.xml" /> <style> &amp;amp;lt;!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:&amp;amp;quot;Times New Roman&amp;amp;quot;; panose-1:0 2 2 6 3 5 4 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Century; panose-1:0 2 4 6 4 5 5 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Osaka; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} @font-face {font-family:&amp;amp;quot;\@Osaka&amp;amp;quot;; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} /* Style Definitions */ p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal {mso-style-parent:&amp;amp;quot;&amp;amp;quot;; margin:0mm; margin-bottom:.0001pt; text-align:justify; text-justify:inter-ideograph; mso-pagination:none; font-size:12.0pt; font-family:Osaka; mso-font-kerning:1.0pt; mso-ansi-language:EN-US;} table.MsoNormalTable {mso-style-parent:&amp;amp;quot;&amp;amp;quot;; font-size:10.0pt; font-family:&amp;amp;quot;Times New Roman&amp;amp;quot;;} /* Page Definitions */ @page {mso-page-border-surround-header:no; mso-page-border-surround-footer:no;} @page Section1 {size:595.0pt 842.0pt; margin:30.0mm 30.0mm 30.0mm 99.25pt; mso-header-margin:42.55pt; mso-footer-margin:49.6pt; mso-paper-source:0; layout-grid:20.0pt;} div.Section1 </style>

9月23日(水) 090924_00230001 11月 9日から木村久夫さん関連史料の展示が行われる高知大学図書館に依頼された文章を書く。高知県内から中高年の来場が多いと予測するが、若い世代にできるだ けアピールして欲しい。そんな気持ちで短い文章を綴る。夜は四ツ谷で湯川れい子さん、市川森一さん、杉本純子さんによる「有田芳生を応援する会」。脚本や 作詞の世界の責任者から文化行政の貧困を聞く。政治が手付かずの分野はあまた多い。お2人をお送りして杉本さんと駅前の「日比谷bar」。足利事件についてのすぐれた取材を聞いていると、気持ちが動いた。「現場主義」にもいろいろある。日本の選挙制度では、小選挙区で勝つにはたいてい10万票程度が必要だ。東京11区で敗北したとはいえ、投票所に足を運び、「有田」と書いてくれた人は113988人。勝者とあまり変わらない。なかには「消極的」投票者もいただろうが、それにしてもこの期待票にどう応えるべきなのか。まずは板橋で見つけた日本の課題を調査する。

コメント

田中角栄と小沢一郎の真理

2009-09-23 11:27:56 | 読書
<link rel="File-List" href="file://localhost/Users/arita/Library/Caches/TemporaryItems/msoclip1/01/clip_filelist.xml" /> <style> &lt;!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:&quot;Times New Roman&quot;; panose-1:0 2 2 6 3 5 4 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:&quot;MS 明朝&quot;; panose-1:0 2 2 6 0 4 2 5 8 3; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} @font-face {font-family:Century; panose-1:0 2 4 6 4 5 5 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:&quot;\@MS 明朝&quot;; panose-1:0 2 2 6 0 4 2 5 8 3; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} @font-face {font-family:Osaka; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} @font-face {font-family:&quot;\@Osaka&quot;; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} /* Style Definitions */ p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal {mso-style-parent:&quot;&quot;; margin:0mm; margin-bottom:.0001pt; text-align:justify; text-justify:inter-ideograph; mso-pagination:none; font-size:12.0pt; font-family:Osaka; mso-font-kerning:1.0pt; mso-ansi-language:EN-US;} table.MsoNormalTable {mso-style-parent:&quot;&quot;; font-size:10.0pt; font-family:&quot;Times New Roman&quot;;} /* Page Definitions */ @page {mso-page-border-surround-header:no; mso-page-border-surround-footer:no;} @page Section1 {size:595.0pt 842.0pt; margin:30.0mm 30.0mm 30.0mm 99.25pt; mso-header-margin:42.55pt; mso-footer-margin:49.6pt; mso-paper-source:0; layout-grid:20.0pt;} div.Section1 {page:Section1;} --&gt; </style>

 9月22日(火)090921_18230001  田史郎さんの『政治家失格』(文春新書)がとても面白い。「なぜ日本の政治はだめなのか」。時事通信の政治記者として30年間も政治家を見てきた結論は、システムよりも政治家の劣化にあるとする。政治家群像のエピソードが興味深いが、印象に残った言葉を記録しておく。まずは田中角栄「汗も流さん、努力もしない者が当選してくるのがおかしい。選挙は戦争だーー。寝ているイノシシの周りを百回も回りゃ目を回すよ」。つぎに小沢一郎「自民党がたいしていいこともしない。いろんな不始末をいっぱいやっていても、政権をとれる。安心できる、という意識を国民が持ちがちなのは、やはり不断の努力と、いろんな、特に日本的な風土の中では、日常活動、人間関係、それが大きいというふうに私は思っております。とにかく、一生懸命多くの人に、大衆の中に入って語り合い、触れ合うということを、民主党の議員候補者もせめて自民党の半分ぐらい、と僕はいつもいうのですが、そうしたら絶対勝てるのにという思いは、選挙のたんびにします」。池袋の「萬屋松風」で2年間事務所を預かってくれた前畑博さんの慰労。大山の事務所に戻る。選挙が終わってはじめての「多奈べ」。長男が偶然に顔を出した。<o:p></o:p>

コメント (1)

「孤独に耐える力と決断力」

2009-09-22 10:39:12 | 読書
<link href="file://localhost/Users/arita/Library/Caches/TemporaryItems/msoclip1/01/clip_filelist.xml" rel="File-List" /> <style> <!-- /* Font Definitions */ @font-face {font-family:"Times New Roman"; panose-1:0 2 2 6 3 5 4 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Century; panose-1:0 2 4 6 4 5 5 5 2 3; mso-font-charset:0; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} @font-face {font-family:Osaka; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} @font-face {font-family:"\@Osaka"; panose-1:0 2 11 6 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:78; mso-generic-font-family:auto; mso-font-pitch:variable; mso-font-signature:16777216 0 117702657 0 131072 0;} /* Style Definitions */ p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal {mso-style-parent:""; margin:0mm; margin-bottom:.0001pt; text-align:justify; text-justify:inter-ideograph; mso-pagination:none; font-size:12.0pt; font-family:Osaka; mso-font-kerning:1.0pt; mso-ansi-language:EN-US;} table.MsoNormalTable {mso-style-parent:""; font-size:10.0pt; font-family:"Times New Roman";} /* Page Definitions */ @page {mso-page-border-surround-header:no; mso-page-border-surround-footer:no;} @page Section1 {size:595.0pt 842.0pt; margin:30.0mm 30.0mm 30.0mm 99.25pt; mso-header-margin:42.55pt; mso-footer-margin:49.6pt; mso-paper-source:0; layout-grid:20.0pt;} div.Section1 {page:Section1;} --> </style>

 9月21日(月)090921_21250001 ジムで泳ぐか本を読むか。いささか迷ったもののノンフィクション雑誌『G2』(講談社)を読む。とくに沢木耕太郎さんが訳したトニー・パーカーの「神様と一緒に」、沢木さんの「耳を澄ます」が興味深かった。後者はトニー・パーカーのインタビュー方法についてのエッセイだ。沢木さんが指摘しているように「自分のほうが知っているぞ」などといった態度のインタビュアーは失格だ。取材を引き受けてくれた相手に対する敬意は前提。当り前といえば当り前のことである。「書くことは才能や天性とはまったく関係がない。重要なのは、孤独に耐える力と決断力、勤勉さ、そして取材対象者との密接な結びつきである」。トニー・パーカーの手紙の一節だ。それぞれ異なる対象に向う心構えは共感できる。長男が友人の結婚式の二次会で当てた東京湾を巡る「ディナークルーズ」に家人とともに出かける。フランス料理にワイン。山頭火の言葉が蘇る。「ほろほろ、ふらふら、ぐでぐで、ごろごろ、ぼろぼろ、最後がどろどろ」。酒に徹した山頭火は酔っていくプロセスを日記のなかでこう表現している。山頭火の「ほろほろ」は焼酎3合だったという。「酔いたい酒で、酔へない私で、落椿」(昭和8年)。船を降りて新橋の第一ホテルでバーボンを飲んでいた。後ろの席ではひとりの男が饒舌に語っている。「うちの特派員は」などというから新聞社か通信社だろうか。そのうちに「拉致なんてのは」と言い出した。「アメリカでは1100万人…(聞こえず、聞いているわけでもないが声がでかい)朝鮮から70万人以上も拉致をして、それに比べれば鼻くそみたいなもんだよ……」。キレた。単なる傍観者め。人間としての堕落。憤然として席を立つ。

コメント

人生における時間配分

2009-09-21 11:29:13 | 随感

 9月20日(日)090920_14290001 「ちあきなおみ」を聴いている。同名のアルバムカバーは成田一徹さんの見事な切り絵だ。成増で空を見上げると鮮やかすぎるほどのブルーが広がっていた。上田耕一郎さんが病院のベッドにまで持ち込んでいた「戦争論〈4〉」と表紙に書かれたノートを思い出す。書き上げるまで「5年はかかる」と語っていた意味は2つ。関連書籍を読まなければ書けないというのがひとつ。さらには「戦争を経験したものとして書き残さなければいけない」という使命感だ。ところが晩年の上田さんはなぜそこまでと周囲が案じるほど選挙の応援に奔走していた。「時間配分を間違えたんです」とは高子夫人の述懐だ。ノートにはカール・フォン・クラウゼヴィッツなどの抜き書きが記されていた。世界史を俯瞰した戦争論は、書かれていたならばきっと代表作になっていたことだろう。そして思うことは「人生における時間配分」のこと。伊東乾さんの『楽しい騙しのインテリジェンス?』(にんげん出版)を読んで印象に残ったのは、「言葉に宿るリアリティ」や「部分最適、全体崩壊」といったところ。少年のころMr.マリックからマジックを習った伊東さんの本を読んでいても、いまの関心は「語り」などの「政治的伝達」という特別な視野になってしまっている。赤塚不二夫さんなら「これでいいのだ!!」と突き抜けて言うのだろうが……。池袋「リブロ」。まるで違う書店に変身していた。<o:p></o:p>

コメント (1)