有田芳生の『酔醒漫録』

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「現実主義」とは何だろう

2008-09-30 08:53:25 | 随感

 9月29日(月)雨の中板橋で透明ビニール傘をさして訴え。右手にマイク、左手に傘。それでもわざわざ挨拶に来てくださる方々がいるので、ジャケットの左ポケットにリーフレットを入れておき、その都度短い会話とともに手渡す。「お久しぶりです」としばしば声をかけられる。最初は多少戸惑ったが、それがテレビで見なくなってからのことを意味していることがわかった。はじめて長袖シャツを着たけれど、それでも寒い。雨が激しくなり、リーフレットが濡れるので、スタッフには車に戻ってもらい、独りで訴えを続ける。大山のハッピーロードを歩く。「ハッピーロード大山商店街振興組合」で取材。「都道補助26号線」計画は35年前にできたことを知る。「絶対反対」の声もあれば、「地下化はできないか」という意見もある。日大病院の移転もふくめ、この地域が変わろうとしている。現実と理想の相克がここにもあるが、現状を認めるのが「現実主義」ではない。事務所に目処をつける。夜になり毎日新聞の鈴木琢磨さんから電話あり。吉田類さんと新宿で飲んでいるという。「残念ながらいまは勘弁」と返事。

コメント   この記事についてブログを書く
« ハッピーロード破壊計画を許... | トップ | 板橋・大山の広告にびっくり! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

随感」カテゴリの最新記事