有田芳生の『酔醒漫録』

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

またもや増刷した小林多喜二の「蟹工船」

2008-05-24 11:14:51 | 仰天

 5月23日(金)新幹線で大阪へ。読売テレビで「たかじんのそこまで言って委員会」の収録。廊下でデーブ・スペクター、岩田公雄解説委員、駒井千佳子リポーターと遭遇。控室には「ミヤネ屋」に移ったNディレクターも顔を出してくれた。しかも「たかじん」のゲストには土本武司元最高検察庁検事まで。まるで「ザ・ワイド」だ。テーマは四川大地震、裁判員制度、そして「カレセン」など。『カレセン』(アスペクト)がなぜか最近取り上げられるようになった。「平和」なものだ。タレントの磯山さやかさんが出演者に「○○オヤジ」と命名。三宅久之さんは「カミナリオヤジ」、勝谷誠彦さんと宮崎哲弥さんは「ギラギラオヤジ」、鈴木邦男さんは「カレオヤジ」、そして私は「ミステリアスオヤジ」。番組が終わったところで磯山さんが「昔からテレビを見ていてそう思ったんですよ」とのこと。きっとオウム真理教とテレサ・テンや都はるみとは結びつかないからだろう。伊丹空港に急ぎ、ANAで羽田。浜松町から京橋。「早瀬」で「週刊新潮」のM次長、I記者と食事。小林多喜二の『蟹工船』(新潮文庫)がまた4万部の増刷だという。新宿の紀伊国屋書店では文庫部門で1位。この動きでは50万部までいくとの予測がある。読者は圧倒的に20代から30代。多くは「派遣労働の実態と同じじゃないか」と自らの生活実感と同化して読んでいるようだ。もちろんなかには「ホラー小説」「ハードボイルド」として読む者もいるが、それは少数という調査結果がある。湯浅誠さんの『反貧困』(岩波新書)が売れていることにも共通する社会的内実がそこにはある。この動きが特定の政治勢力に集約されると判断すれば錯覚に陥る。この未分化の怒りと共感がどんな水路に流れるのか。そこが問題だ。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 統一教会の会長が変わった! | トップ | 「チェ・ゲバラ、ぶれない男」 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「そこまで言って委員会」が見られる関西の人が羨... (tora)
2008-05-24 16:09:55
「そこまで言って委員会」が見られる関西の人が羨ましいです。
京都時代は好きな番組の一つだったので。ミステリアスオヤジとは言い得て妙。
実際、有田さんは僕から見てもミステリアスですよ。
ワイド時代から、どんだけ引き出しがある人なのかと思ってましたし^^

その日暮らしの派遣とはいっても、好きでやっている人もいますしね。また、
蟹工船に乗らざるを得ないのではなく、蟹工船に乗るしかないと思い込んでいる。
そういう人も多いと思います。いまは派遣ではありませんが、僕も似たようなもの。
疲れているのは事実だけれど、とりあえず気持ちは前向きでいたいものです。
>toraさん (R)
2008-05-25 15:12:47
>toraさん
ちなみに、そこまで言って委員会は、関西に限らず、北海道から九州まで、首都圏と東北の一部を除いて、ほぼ見られますよ。たかじん氏はじめ番組方針として、内容の「自主規制」の強い関東キー局では絶対ネットしないというものがあるので、ある意味納得です。
ネット局については、番組HPに出ていますよ。
18年前のこの本も、もう一度、売れて欲しい。 (モリー)
2008-05-25 20:37:29
18年前のこの本も、もう一度、売れて欲しい。
『豊かさとは何か/暉峻淑子/岩波新書』

蟹工船に行き着く港があれば、まだ救われるかもしれませんが、そのまま海の藻屑にしてしまうつもりなら、それにさえ気づかない、見せ掛けの繁栄で騙され続けられてしまう、騙されていることに気づく能力を削除されたのなら、救いはない。

コメントを投稿

仰天」カテゴリの最新記事