有田芳生の『酔醒漫録』

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「嵐は必ず去る」

2010-05-01 09:41:07 | インポート

4月30日(金)愛知県の伊良湖にいる。新年会にわざわざ来てくれた清田明さんの肝いりで行われた「講演とイタリアンの夕べ」。盛会かつ楽しい時間を過ごすことができた。ケータイでの記念撮影。「待ち受け画面にしますから」と何人かの女性に言われて照れるばかり。作家の杉浦民平さんのご子息とも対面。豊橋からの移動中に紫陽花の施設園芸、プチトマトやキャベツ農家でお話を伺う。現場主義を掲げながら、まだまだ知らない現実があることを痛感。若い世代が農業を継ぐことに希望を見た。清田さんが語った言葉にハッとした。「嵐は必ず去る。だから慌てはいけない」。文革末期の中国体験から生まれた真実だ。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 重粒子線「がん治療」が政府... | トップ | 愛知、兵庫、大阪の旅 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日は殺人的ハードスケジュールの中ご講演頂き有... (林 美春)
2010-05-01 20:51:39
本日は殺人的ハードスケジュールの中ご講演頂き有難うございました。
皆さんとっても満足されたようでした。
有田さんのような方に政治家になってもらいたいという声を数人から聞きました。お体に気をつけてどうか頑張ってください。

コメントを投稿

インポート」カテゴリの最新記事