有田芳生の『酔醒漫録』

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

板橋・大山の広告にびっくり!

2008-10-01 05:41:28 | 仰天

 9月30日(火)080930_14090001 自民党衆議院議員に「総選挙が2、3週間延びる」との文書が流れた。アメリカの金融問題の日本への波及対策のために補正予算を通さなければならないという理由だ。公明党も投票日を11月16日までなら延ばしてもいいとの判断に傾いているという。しかし現場で動くものにとってそれは誤差の範囲。小雨降る大山駅前で訴え。田中康夫代表の応援があり、訴えのあと、ハッピーロードをいっしょに歩きつつ、商店や通行の方々に挨拶。板橋区役所にある民主党の控室で区議のみなさんにご挨拶。窓口になってくれているおだなか勝区議と実務的な打ち合わせ。平山総務局長と大山まで歩き事務所を決定。歩いていると「金歯買います」との広告を発見。若い従業員に聞くと「売りに来る人はいます」とのこと。「安いんでしょ」と言えば「はい」。「ニュースステーション」などのディレクターを務め、板橋区議選挙に出馬した千種伸彰さんからさまざまな情報を聞く。千種さんの懇意にする商店にご挨拶。地下鉄の丸ノ内線で本を読んでいたら、隣から「懐しい声」がした。若いベトナム人たちだった。銀座の山野楽器でデビュー30周年を迎えた竹内まりやの「エクスプレッションズ」を入手。教文館でダン・トゥイー・チャ厶の『トゥイーの日記』(経済界)を購入。2005年4月のこと。35年前に亡くなった娘の日記がベトナムに暮らす母の元にアメリカから突然送られてきた。トゥイーはベトナム戦争に志願した医師であった。そこに記されている思いに、50万人のベトナム人が涙した。選挙戦を闘いつつ読むことに決めた。「週刊新潮」のI記者と食事。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「現実主義」とは何だろう | トップ | 板橋・上板橋の「石田屋」栗... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
野党は早期解散に固執せず、臨時国会会期いっぱい... (KM生)
2008-10-01 06:08:16
野党は早期解散に固執せず、臨時国会会期いっぱいまで解散を引延ばすべきです。臨時国会で、国民生活関連の補正予算審議をするとともに、公明党の嫌がる矢野参考人招致→池田代作喚問をぜひ実現すべきです。そして学会が都議選との関連で嫌がる09年総選挙ずれ込みを模索すべきです。どうせ次期総選挙で自公の後退は必至。大事なことは、「自公連立を徹底的に破壊し、自公の壊滅的大敗を勝取る」ことです。
有田さんは、板橋区でも回りに沢山の応援隊がいて... (練馬区有田応援隊)
2008-10-01 22:00:28
有田さんは、板橋区でも回りに沢山の応援隊がいて、心強いですね。わたしの回り自民党秘書さんたちは、東京では、Iさんしか残らないんじゃないかと、びびっていますよっ。組織選のみできた自民党の議員は、組織からはよいしょされているでしょうが、その中でのみ大将になっているので、回りがかわってきているのに相変わらず気がつかないようです。ただ、ここまでくると自民党代議士もヤバイとは感じているみたいですよ。しかし時、既にオソシってことなんです。行き過ぎた悪は天の裁きを受けること必然ですよ。

コメントを投稿

仰天」カテゴリの最新記事