有田芳生の『酔醒漫録』

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「自分探し君」の江原啓之

2007-09-26 09:01:37 | カルト

 9月25日(火)昨日から「ザ・ワイド」のオンエアが終ったところで、曜日スタッフとの記念撮影が行われている。長年いっしょに仕事をした顔、顔、顔……。あと3日となってしまった。大江戸線で築地。朝日新聞でカルト関係の取材を受ける。苫米地英人さんから献本された『スピリチュアリズム』(にんげん出版)を勧めておいた。この著作は最近流行のスピリチュアルを歴史的にとらえることで、江原啓之さんを、どこにでもいる「自分探し君」だと厳しく評価する。江原さんのいう「守護霊」は、輪廻転生を主張することと矛盾するという指摘は面白い。なぜなら「輪廻した」ならば、死んだ瞬間にどこかで生まれ変わっているから霊魂がうろうろするはずがないからだ。「あなたの前世は賤民です」と言わないのもおかしいという。著者はオウム真理教の危険な教義は「中沢新一が完成させたものです」と断言する。I幹部との関わりについては事実誤認があるものの、究極のスピリチュアリズムがオウムだと主張することは正しい。テレビ局がトンデモ番組を放送することで、カルトの土壌を耕している。オウム事件を報じながら、その再生の条件を育てる罪は重い。再び汐留に戻り雑用。六本木で旧知の週刊誌記者たちと食事。人権を唱えながらセクハラ事件を頻繁に起している大学教授の裁判などが話題になる。しばらくすると野球帽をかぶった若いスキャンダルお笑い芸人(吉本所属)が個室に入っていった。芸能リポーターの石川敏男さんと放送前に噂話をしていたところだった。ドアの開いた部屋ではトイレに行く客から見える席に座っている。連れの女性が見えないところにいるから、もしかしたらあの○○さんかと気になってしまう。

コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 福田新政権の古色蒼然 | トップ | 「エディット・ピアフ 愛の... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
江原某とか、細木某が連日テレビに登場し、「視聴... (gokiburi)
2007-09-26 11:30:44
江原某とか、細木某が連日テレビに登場し、「視聴率」も良いと聞く。「自分探し」自身には意味もあるが、彼らの頻繁な出演について、テレビ内部からの批判はないのだろうか。「力を傘に」やめさせるのは、安倍ちゃんや中川と同類になってしまうので、局をふくめマスコミが自ら判断すべきとはおもう。制作費が「安上がり」が動機かとは考えるが。
なんとしても、なくなってほしい最悪の番組だ。
江原とか細木。 (まーし)
2007-09-26 12:41:01
江原とか細木。

先行きの見えない不安な時代になると、
胡散臭い預言者や占い師が現れ、人々を扇動していくのでしょうね。
それに加担するテレビ局も問題があるね。

昨日もテレビで、
超能力者が、
行方不明の人を探しあてていたが、
それなら横田めぐみさんも、
探し当ててやれよ、言いたくなる。

日テレのことですが。
僕は矢追さんのUFO番組とか稲川さんの怪談とか好き... (tora)
2007-09-26 12:54:18
僕は矢追さんのUFO番組とか稲川さんの怪談とか好きだし、
オ●ラ●泉も同じ感覚で見ていますね^^
真面目に考えると、霊って何?と思いますけど。僕はまだ見たことがないので。
でも、盲信してしまう人がいるのは危険かもですね。

そういえば、彼岸だったので田舎で墓参りを済ませてきました。
そういう時、なんとなく先祖の存在を意識したりはしますね。
霊魂というと無粋だけど、家族の愛情というか…そういうのを感じたり。
手を合わせる相手は墓石なんですけどw
KH女史は,「少し前(といっても’06年のこと)安倍さ... (田中憲二郎)
2007-09-26 14:13:01
KH女史は,「少し前(といっても’06年のこと)安倍さんの後の自民党総裁は武部幹事長」と予言した。さすがに,一瞬妙な沈黙が起こり,場の雰囲気がひいた。私は「判り易い人だな。○○○キ 予言者であることを自認しているようなものだな」と苦笑した。武部氏の名を挙げた際の,彼女の浅薄な心持が透けて見えるような気がした。誰もが予想しないことを予言して,唸らせたかったのだろう。

以下,回りくどい感想になる。

HK女史の予言を聞いたとき,千利休の言とされる 「人の行く裏に道あり、花の山」や相場における「逆張り」 という言葉を想起した。相場師的には他人とは違った視点で相場を見なさい、という戒めの格言である。更にネットで調べると,次の注意書きがある。

『この格言は「逆張り」投資的な考え方になりますが、しかし、これは単純に人の真逆をやっていればいいのかというと、そんな簡単なものではないので注意が必要です。あくまで、株式相場とは買いと売りの優勢な方向に動いていきます。だから、相場の向きと逆の投資をしたとしても、その後に相場が反転し自分と相場の向きが一緒にならなければ何の意味もありません。
この格言の意味するところをしっかり理解しないと逆に損失を膨らませてしまうことになります。』

注目すべきは「その後に相場が反転し自分と相場の向きが一緒にならなければ何の意味もありません」の部分です。①(経済の運動法則の正しい理解を基礎に,)中長期の波動(順張り)を的確に捉えた上で,②短期の変動に対して逆張りをし,相場の基調が順張りに戻った時に反対売買による利喰いを目指す。これがこの手法である。根底に流れる,順張りの基調,つまり正しい運動法則・発展法則を踏まえていなければ,大変な大火傷をすることになります。

不穏当な例えだが,チンパンジーと類人猿を混同してもしょうがないのです。「凡人には見えいだろうが,私には見える。このチンパンジーの子孫は,人類に発展する。どうだ。私は凡人とは違うだろう」。HK女史はこういう浅薄な心持で即答したのだと思います。 素直にものをみることが出来る視聴者なら判ったと思います。物笑いの種だったでしょう。

HK女史に「安倍さんが総理になりそうだが,その次の総理は誰がなるのか?」と質問された時,
政治の方面に音痴なら,「判らないと正直に応えれば良い」だけの話です。

因みに,このことは,コメンテーターについても多少とも当て嵌まる。
この「知らないことを知らない,判らないことを判らない。又は,調べれば意見がいえる種類のことなら,かくかくしかじかの点で調べなければ今は回答できない」という対応が出来ない。そのようなインチキ・コメンテーターが何と多いことか?
その場その場でいい加減極まりないことを,しかも断定口調でコメントをする。例えばST氏(最近自分の某成人病を晒して悦に入っている。今の時代もっと深刻な人はごまんといる・・)には,公共の電波の事実上の独占状態につい視聴者が如何に憤慨しているか気づいていないのだろうか? 少なくとも彼の家族くらい気づきなさい。 一瞬でもいいから,ひとかどの社会経験を経た視聴者群がいることを想像してもらいたい。恥ずかしくないのか? あいた口がふさがらない。これからは団塊の世代の退職に伴って,同じような目でテレビ見る人が多くなろうと思います。
「おぅーい。誰か注意してやる奴おらんのかいな」 ついついテレビの前で一人呟くことが多い今日この頃です。

「知る者は語らず。語る者は知らず。」(老子)

書いてみて思った。さしずめ かく語ってしまう私も,もの知らぬ人間ですかな。くわばら くわばら。
>著者はオウム真理教の危険な教義は「中沢新一が... (福田 博治)
2007-09-26 20:54:51
>著者はオウム真理教の危険な教義は「中沢新一が完成させたものです」と断言する。

この著者はスピリチュアリズムについての理解不足で中沢新一をを過大評価しているのではないでしょうか、輪廻転生についても認識不足といえますね。
オームのスピリチュアリズムは極悪ですが、究極のスピリチュアリズムがオームだというのはまさにスピリチュアリズムの曲解としかいえないのではないでしょうか。
ソクラテス、プラトンという現代の哲学の祖、カントデカルトたちでさえ精神世界、言い換えれば霊的世界を前提として哲学していることは、今日その事実を棚上げ、無視して霊的世界を探求することをトンでもものとして十把一絡げでくくることが果たして知性的といえるものでしょうか。
確かにテレビ番組の取り組みには明らかにトンでもものとしての意図がありありと見受けられますよね、製作している局自体、過去にも結局は精神世界否定のため暴露番組の実績がありますが、結局視聴率獲得が狙いでありいずれ江原氏や細木氏の足元を掬うものとなるであろうことは過去の例からしてありうることであると思います。
マスメディアの倫理こそいま問われるべきではないでしょうか、国政がねじれている以上にマスコミジャーナリズムのねじれが問題だと思うのですね。

①. 宇宙に存在する森羅万象(質量あるもの+質量の... (田中憲二郎)
2007-09-27 14:19:23
①. 宇宙に存在する森羅万象(質量あるもの+質量の無いもの)を対象に,それらの事柄自体について,また事柄相互間に働く法則を明らかにすることを本来の科学と定義してみる。
②. 現代に於いて,我々が無意識に「科学」と呼んでいるものは,本来の科学ではなく計測科学(数値化し得るもの,質量あるものを対象とする)である。
③. 本来の科学が対象とする事柄(全体集合)>>>>>>>計測科学が対象とする事柄(部分集合) である。
④. 今まで非計測科学は殆ど発達してこなかった。例外的に着手されたのは,フロイトの心理学等ごく一部のみ,道半ばである。
⑤.現代では,計測科学を万能とする信仰が大勢を占めるに至っている。
その結果, 「計測科学で補足できない現象(例えば超自然現象)=(宇宙に)存在しないもの」との誤った考えを持つ人が多い。換言すれば,産業革命以降隆盛してきた計測科学万能主義(≒物理学帝国主義)はこのような考えに至るほど,うぬぼれてしまった。翻って考えれば誰でも気づくはずのこの事実に気づかない。それがミームというもの。現代とは,そのような特殊なミームの中に生きている社会。もともと,昔の東洋では科学と宗教は一体であった。科学的なことは僧侶が担った。密教の奥義を習得された弘法大師は各地で土木工事の指揮もとった。
⑥. 繰り返しになるが,落着いて考えてみると,計測科学によって把握できない事象は存在しないとする方が余程非科学的な態度だとわかる。

以上が,現代の「科学」についてのおさらいである。

この構造を充分に把握すること。現代社会の特殊性を正しく認識すること。本来なら必須の教養である。しかし,殆どの人は,このようには明示的には教えられてこなかった。かかる構造を明確に認識せず,未整理のまま漠然と過ごしている。
「こんな理屈っぽいこと,敢えてくどくどと説明されんでも生きていけるわい」と思いがちである。しかし,実はここが重要なポイントである。

人類は長い年月をかけて営々と計測科学の領域で数々の大変な業績を上げてきた。しかし,非計測科学の対象領域の方がその何倍も大きく,そこでの科学的解明の方がはるかに難度は高いのである。つまり,超自然現象自体の存否については,じつのところ存在しないとする方が余程非科学的な推論なのであって,存在することは確かなのだ(例:魂は確かに存在する。魂の質量は無いが存在する。ただ,魂の有り様はわからない。そこに働く法則も解明されていない。千里眼も確かに実在したが,その法則は不明である。レベルは違うがスプーンも確かに曲がる)。問題はその事象自体及び事象相互間に作用する法則の解明は難解極まりないことなのである。計測科学が達成した程度に,それらの解明がなされるまでには,この先何万年かかるのか判らない。それほど膨大な領域である。

先に示した科学概念相互間の構造を,意識的には理解することをせず,ぼんやりと捉えたままでいると,超自然現象を見せられた時,論理的な思考が出来なくなりがちである。ここが一番危険なところである。

教祖から,一瞬の間(せこいことに本当に一瞬なのだ)でも彼が宙に浮く姿を見せられたとする。
そうすると,思考がぶっ飛んで,一気に上記の例で言えば,非計測科学に属する領域のこと一切について,その教祖が言及することを盲目的に信用してしまう。そのような人が現れやすい。カルト側からすれば,ここが付け込みどころなのである。

私には,議員や各省を担当する政治家に対しては多くの不満がある。その中の一つだが,文部科学省の大臣に対してお願いしたい。このような科学の構造を,図を使って判り易く説明するDVD等の教材を作成させて,各学校に配布して欲しい。

ーーーーーーーーーーーーー
1) 蛇足1
DVDで配布すべき構想は,これ以外にもある。憲法のエッセンスについても作成し配布して欲しい。
政治家ですら憲法のエッセンスを知らない人が多い(9条や人権規定だけのことではない)。統治構造も知らないで政治家をやっている人が圧倒的に多い。立法の問題を,司法や行政の問題と取り違えている人もいる。もっとも,行政との混同については,内閣立案の法案が太綜を占めるので勘違いするのだろうが。メディアで大きな顔をして厚顔無恥に恥をさらしているコメンテーターなどは正しく知っている人のほうが少ない。骨太の議論など出来るはずが無い。
枡添氏(東大法学部助教授)や石破氏(鳥取県弁護士)が議論に強く見えるのは,憲法の統治くらいは血肉化しているからだ。DVDで簡単に面白く作ることが出来る。全学校に配布すべきだ。

2)蛇足2
計測科学の方がくみし易い。非計測科学のほうが難解で,取っ掛かり難い。だからこそ発展が遅れてきた。双方が程よく発展することは,現代の精神の病を解明に資するのだと思う。
このことと直接には無関係なのだが,私はつい次のこととのアナロジーを見てしまう。

「小泉改革で竹中氏は金融改革をしたとされる。しかし,公務員の改革,地方との格差是正,年金の改革,農業の改革は実質的には非着手状態だ。金融改革の成果は大きいと宣伝するが,上記とのアナロジーでいえば計測科学を解明したに相当する仕事をしたに過ぎない。いわば改革屋として,おいしいところのみ手をつけた状態。国民の真の福祉にとっては,残された分野の方が余程重要かもしれない。改革という言葉を十羽一絡げにして,「今後も諸問題を解決するには改革が必要」と評論家的に述べるだけなのはいかがなものだろうか。改革という言葉の定義を巧みに有利に使った詭弁だと見る。残る未着手の分野こそ難解であり,これに着手しないなら,小泉改革と称する改革の成果など,単に中途半端に金融制度をアメリカナイズしただけにすぎない。(仮に,森永卓郎的な別のフレームワークにたつ立場から言うなら)下手をすると,中途半端に手をつけて放り出しすだけなら,日本を悪化させただけだといえなくも無い。竹中氏は自らを正当化したいなら,小泉が降りても最後まで第一線で先頭に立ち続けてこそ,主張が一貫すると思う。そうしないのなら,妙な評論家活動をして国民を詭弁で惑わさないでもらいたい。そうでないなら,もっと謙虚になって戴きたい。」
個人的に、ニュースとスポーツ中継以外はほとんど... (よっさん)
2007-09-27 14:48:23
個人的に、ニュースとスポーツ中継以外はほとんどテレビを見ないのですが、数日前に江原氏が出演していた番組を偶然見る機会がありました。評判は聞いていましたが、映像を見るのは初めてです。
宮崎県知事と対談しながら、知事の亡き実父がどうとかこうとかというやりとりを見ていて、正直、率直にまず思ったのは、カルト云々以前に「これってテレビ番組として面白いのか?需要があるのか?」ということでした。ひとりの男が妄想を蕩々と語る映像は、彼に何の思い入れも持たない私にはひたすら退屈でした。
私は、メディアとしてのお坊さん(もしくは宗教家)は、あってもいいと考えています。例えば無着成恭氏のような方。あるいは永六輔氏。永氏の発言には私には認めがたいものや事実誤認とも思える場合もありますが、メディアとりわけテレビと距離を置いていること、そして江原氏などが逆にテレビと親密にあることは今日のテレビの何かを示唆している気がしてなりません。
江原啓之のやらせ記事 (KP)
2007-09-27 15:57:55
江原啓之のやらせ記事
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011261825

ここまで荒唐無稽の与太話ですと、まさか本気にしている人などいないだろうと思っていたのですが。子供への影響が心配です。

http://megalodon.jp/?url=http://company.tv-asahi.co.jp/banshin/banshin470.html&date=20070414194631

テレビ朝日側の「信じてしまう視聴者もいるということを念頭に置きながら、悪い影響が出ないよう配慮して制作している」との見解は聞き捨てなりませんね。
「守護霊」と「人間の心」 (榎本康夫)
2007-09-27 18:03:35
「守護霊」と「人間の心」

元々の守護霊と人間の心は違うのでしょうか?
同じなのでしょうか?
似たものなのでしょうか?
霊能者は霊と意思疎通が出来たとして、霊能者は人間の心と意思疎通も出来るのでしょうか?

『スピリチュアリズム』とは・・ 
霊能者が語る物と 違うの物であるとするならば、私は人間の心に 改めて強く不思議な魅力を感じます。人間の心はまだまだ人間を寄せ付けない科学的な意味での魅力です。

 
私は、江原さんの公演に二度参加したことがありま... (はひろ)
2007-09-28 23:13:36
私は、江原さんの公演に二度参加したことがあります。霊の存在は明確に確信しています。私は疑り深い性格であり、江原さんの言うことも百パーセント納得している訳ではありませんが、少なくとも霊の存在は、もはや確信しています。この目で、耳で、身体で、会場に参加して偏見なくして体験したからです。知らないことについて、明確な定義も無く、未知のものに「カルト」呼ばわりする言論は危険と思います。価値観は多元的であります。自分の思想信条を絶対化して、その他を「カルト」呼ばわりするものが、ワイドショーに出て公的な発言をするのも危険ではないでしょうか?言論や思想信条も多元的です。更にあえて言いますが、恐らく有田さんよりもはるかに江原さんは基金、募金をなさっています。別に江原さんの言うことを信じなくても良いですが、様々な観点からの好奇心に答えるTV局を「カルトの醸成」とするのは、一知半解ですね。今流行の憲法学のホープ長谷部恭男教授の本を一度お読み下さい。

コメントを投稿

カルト」カテゴリの最新記事