有田芳生の『酔醒漫録』

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヘイトスピーチ・特定秘密保護法で質問した

2013-11-05 17:27:41 | 参議院
11月5日(火)法務委員会で40分の質問を行なった。はじめ与えられた時間は30分だったので、ヘイトスピーチ問題だけに絞るつもりだった。それでも30分という持ち時間は短い。しかし大問題である特定秘密保護法についても問う必要がある。そう判断し時間を半分にわけて取り扱うことにした。それでも短い。そう思っていたら、小川敏夫議員が10分をわけてくれたので、合計で40分の時間をフルに使えた。昨日までに質問予定稿を書き、時間を置いて、さまざまな素材を構成していった。今朝も起きたところである素材を入れることを思い浮かんだ。ヘイトスピーチ問題は10月7日の京都地裁判決の画期性を刻むこと、秘密保護法案については厳罰による萎縮効果によって、取材活動がやりにくくなり、国民の知る権利を阻害することを焦点に置いた。詳細は明日にでも書く。質問メモを公開する。
Photo_2







コメント   この記事についてブログを書く
« 安倍政権に対する北朝鮮の論... | トップ | 特定秘密保護法に反対する »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

参議院」カテゴリの最新記事