有田芳生の『酔醒漫録』

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ザ・ワイド」最後の一日に思う

2007-09-29 12:08:49 | 「ザ・ワイド」

 9月28日(金)汐留にある日本テレビの9階。「ザ・ワイド」が放送されるスタジオ横の控室に入ると続々とリポーターの人たちが入ってきた。最終日なので勢ぞろいなのだ。時間になりスタジオへ。その途端に感慨深いものが襲ってきた。14年半前の放送初日とこの最終日に出演したのは、私とデーブ・スペクターだという。初回は統一教会問題でのコーナーゲスト。94年には一度だけVTR取材で出演しただけだったが、95年の地下鉄サリン事件から10年間は月曜日から金曜日まですべて出演してきた。その後は「有田が行く」という企画のため、週3回から2回という時期もあった。日本テレビと読売テレビの共同制作という難しさもあった。入れ替えはあったものの常時100人前後のスタッフで支えてきた一つの番組は、まさに「生き物」だ。一つの小さな歴史とそこに生きるそれぞれの人生の一幕に終止符が打たれた。これからは細胞分裂のように「ザ・ワイド」と「草野仁学校」の精神が散らばり、再生されていく。エンディングではスタジオがスタッフでいっぱいになっていた。いよいよあと数分で終わりというとき、グッとくる思いを押しとどめるのに大変だった。そして終了。スタジオは大きな拍手に包まれた。廊下を歩いているとき32歳のときのある感情が蘇ってきた。出版社を辞めざるをえなくなったときのこと。最後の日だった。初台にあった会社を出たとき「振り返るまい」という気持ちが心に浮かんだ。同じ思いで日本テレビを出る。

070928_20300001  午後5時から新橋の第一ホテル東京でパーティがあった。氏家済一郎さんや草野仁さんの挨拶があり、コメンテーターの一人として私も挨拶。嬉しかったのは若いスタッフが何人も語りかけてくれたことだ。ある23歳の女性は「オウム事件のとき母といつも見ていました」と言った。何と11歳のときのことだ。こうした若いスタッフと次々に記念撮影。「衆議院選挙に出てくださいね」という声も多々あり。脚本家の市川森一さんは「もう作家の世界に戻るから、こんどは街頭でも応援演説をするから頑張ってよ」などと激励される。ふと「残心」という言葉が浮かんできた。武道における心構えで、一つの動作が終わってもなお緊張を解かないことを意味する。まだ「残心」はある。午後8時からはANAインターコンチネンタルホテルで草野仁さんが主催した「『ザ・ワイド』新たな旅立ちを祝う会」に出席。やくみつるさん、二宮清純さん、加藤タキさん、湯川れい子さん、南美希子さん、市川森一さん、デーブ・スペクターなどと四方山話。草野事務所のスタッフからは草野さんに大きなケーキが贈られた。午後10時半に散会。リポーターのみなさんは新橋で続いている三次会に向かった。私はひとりになりたくて地下鉄で銀座へ。そろそろ気持ちの重心をさらに低くして、しっかりと固定しよう。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 「ザ・ワイド」に幕が下りる... | トップ | 中島みゆき「顔のない街の中で」 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
草野さん,有田さん,そのほかの関係者及びスタッフ... (田中憲二郎)
2007-09-29 13:53:56
草野さん,有田さん,そのほかの関係者及びスタッフの皆さん,お疲れ様でした。草野さんの締めの挨拶にもあった様に,10年以上続けるということは狙っても出来ることではでありません。支持される内容であったればこそ続いた。そして,その支持も受けを狙った底の浅い心がけでは得られなかったと思います。民放の番組ですからコマーシャリズムから100%離れるわけにはいかない。ゴシップ的な話題も程よく扱いながら,有意義な報道を正面から真面目に実践してこられた。その味わいが支持されたのだと思います。

草野さんと有田さんのアウンの呼吸も好きでした。有田さんが出馬されてから,草野さんが出演者間のコメントのバランスを取るのに苦労されているように思えました。時には,草野さん自身が有田さんの役割を演じる等の苦労をされているようにお見受けしました。

私は小林秀雄が得ようと心がけた「無私」という境地を,実に味わい深い貴重な心の状態であると考える者ですが, 「ザ・ワイド」は狙ってもなかなか達成できない状態(≒謙虚な気持ちで視聴者の側に立った番組を制作しようと臨んだ結果,自然と視聴者の心に意図が伝わっていった状態)を維持してきた点で共通していたのではないでしょうか。それが, 14年間も続いた「ザ・ワイド」の秘訣だったような気がします。
ザ・ワイドお疲れ様でしたー。もはや生活の一部と... (くんさま)
2007-09-29 19:26:52
ザ・ワイドお疲れ様でしたー。もはや生活の一部となっていたそうで、ある種サラリーマン化していたと思うのです。

思えば、1995年、阪神大震災でまだまだ喧騒の中、地下鉄サリン事件が起き、被災者もまたテレビに釘付けになったのでした。そこで見た有田芳生さん。そして地震とサリンがキッカケでパソコン通信をして知った有田芳生さん。そしてインターネットでコンタクトした有田芳生さん。

何だろう。これも何かの縁だと思うのです。いつもテレビでおっしゃることに同感していました。

 ワイドでは、明石歩道橋事故、サカキバラ事件など、地震に続いての僕の地元で起こった事件なども印象深かったです。地震以降、フリーターとニートを繰り返していたのでワイドはよく見ていました(笑)。

 僕、共産党支持者だった(過去形)、ということも何かの縁かな。今からは政治家・有田芳生に粘着しようと思います。元々政治の世界は本職なんですよね。
最終回、録画して拝見しました。 (psw_yokohama)
2007-09-29 22:56:19
最終回、録画して拝見しました。


ところで、今頃「ザ・ワイドの後番組は何だろう?」と思って調べてみたのですが、何とドラマの再放送なのですね。

どんな目新しい番組が始まるのかと思っていたのですが(笑)

あの時間帯では、テレビ朝日の再放送サスペンスドラマが視聴率トップのようなので、それを日本テレビは意識したのでしょうか。


会社員だったときも平日休みの時期があり、ザ・ワイドはよく見ていました。

やはり、寂しい思いになります。

初めの頃、有田さんの肩書が「統一教会に批判的な立場のジャーナリスト」だったのをよく覚えています。

「統一教会の実態を知っていれば、批判するのが当たり前なのに」と思っていたら、そのうち「ジャーナリスト」になりましたね。


「福田総理が、内閣支持率の高いうちに解散総選挙に踏み切る」という予測がありますが、どうなのでしょうね。

そのときは、市川さんなど、新しい支援者も参加されるのでしょう。
お疲れ様でした~。 (tora)
2007-10-01 03:03:09
お疲れ様でした~。
昼間の番組なのでなかなか拝見する機会がありませんでしたが、
とても見やすい番組でした。あー…なんかホントに残念ですね^^;

これからもテレビには出続けてくださいね、有田さん!
ゴルフと競馬ばかりの日曜の昼間とか、
「有田が行く」をレギュラーで見たいです。
こんにちは。初めてお伺いします。 (皇室リポーター高清水有子)
2007-10-06 10:26:44
こんにちは。初めてお伺いします。

「THEワイド」がラテ欄からなくなって一週間・・・生活のリズムはなかなか変わりません。

取材の予定が無いのにnewsを確認、速報のチャイムにも 敏感に反応します。
ジャーナリストとしては、この感覚は大切なことですよね。

日を追うごとに、番組を支えてくださった たくさんの皆さまへの感謝の気持ちが強くなります。

有田さんと またお仕事ご一緒できますように・・・

SEE YOU AGAIN...
ザ・ワイド終了お疲れ様です。 (綺羅丸)
2007-10-07 10:32:01
ザ・ワイド終了お疲れ様です。
麹町から汐留に行ってからは
お目にかかる事も無くなりました^^

草野さんの見識の世界が好きでしたよ。

今回は悪貨良貨を・・・の見本でしょうかw
良貨がワイドを 悪貨が00いっきりとは言いませんw あw言えません!
日テレの経費削減が悪しき影響をもたらしております^^;

ブログの知り合いが自伝出版をなさって
出版社が新風舎と聞いてのけぞった所です。
64の年寄りの最後の願望を食い物にするなんて!
新風舎でググッていたら 有田さんのブログに突き当たり 懐かしさのあまり コメ書き込んでしまいました。

Unknown (もう12年も経つのですね)
2019-07-12 15:37:26
今日2019年令和元年7月12日(金)です早いものであれから2007年平成19年ですから12年経ってしまったのですね大学1年生だった姪30歳になりまさに今年子供生まれるそうです

それはさておき、何故このザ・ワイドを思い出したか言うとYahoo!ニュースで先日嫌いな司会者キャスター特集があり
1位にミヤネ屋「ザ・ワイド」まさに後番組司会宮根誠司が
1位に堂々と選ばれていてこれには私も同感いたしました。
1位だろうが何だろうが人の悪口はいい事ではなかろうが、
1位が納得できるのは何よりも彼の番組私物化と思います。

YouTubeに「ザ・ワイド」の放送が始まるその前の音楽が、TV東京のアニメ姫ちゃんのリボンBGMの形であるのですが、この曲を聴くと今でもザ・ワイド始まる前の何と言うのか、わくわく感のような何とも不思議な感情を思い出しますし、「ザ・ワイド」が大人の事情で終了した事を知っていても、令和の今改めて復活してほしいと思わざるをえませんでは。
Unknown (もう12年も経つのですね)
2019-07-12 15:37:56
今日2019年令和元年7月12日(金)です早いものであれから2007年平成19年ですから12年経ってしまったのですね大学1年生だった姪30歳になりまさに今年子供生まれるそうです

それはさておき、何故このザ・ワイドを思い出したか言うとYahoo!ニュースで先日嫌いな司会者キャスター特集があり
1位にミヤネ屋「ザ・ワイド」まさに後番組司会宮根誠司が
1位に堂々と選ばれていてこれには私も同感いたしました。
1位だろうが何だろうが人の悪口はいい事ではなかろうが、
1位が納得できるのは何よりも彼の番組私物化と思います。

YouTubeに「ザ・ワイド」の放送が始まるその前の音楽が、TV東京のアニメ姫ちゃんのリボンBGMの形であるのですが、この曲を聴くと今でもザ・ワイド始まる前の何と言うのか、わくわく感のような何とも不思議な感情を思い出しますし、「ザ・ワイド」が大人の事情で終了した事を知っていても、令和の今改めて復活してほしいと思わざるをえませんでは。

コメントを投稿

「ザ・ワイド」」カテゴリの最新記事