有田芳生の『酔醒漫録』

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ララピポ」に意外な人物が……

2008-10-23 09:25:17 | 映画

 10月22日(水)志村3丁目駅。これまでで最長の2時間半の訴え。大山の事務所に寄ってから細かい「辻説法」。「ほら、お母さん、オウム教団のアリタさんよ」と八百屋前。近くで話す準備をしていたら、「ここでやって」と頼まれ、いささか長くマイクを持つ。その「お母さん」は91歳で店に出ている。店主がいちばん目立つところにポスターを貼ってくれた。こうして出会った「顔」と「声」が蓄積していく。眠たいにもかかわらず深夜に奥田英朗さん原作の「ララピポ」を見る。何だか見覚えある後ろ姿だなと思ったら、やはりそうだった。アダルトビデオショップの店長を演じているのは勝谷誠彦さんだった。チョイ役だが、雰囲気は適任。感想を留守電に入れておいた。

コメント