有田芳生の『酔醒漫録』

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

横田めぐみさんの足取り

2013-11-15 13:35:26 | 拉致問題
11月15日(金)いまから36年前の11月15日夕刻。新潟市で横田めぐみさんが北朝鮮の工作員によって拉致された。蓮池薫さん、祐木子さん、地村保志さん、富貴恵さんは、政府や横田夫妻に、当時知っていためぐみさんについての情報を語っている。その一端は私も聞いているが、それを補充する内容を先日の福井視察のおり、地村さんに聞いた。私の目的は横田めぐみさんの足取りを確認することにあった。めぐみさんが病院に入院するために自宅を出たのは、1994年4月のこと。私が地村さんに訊ねたのは、(1)招待所の位置関係、(2)めぐみさんの夫だった金英男さんの再婚の経過、である。答えたのは富貴恵さんだ。私の取材もふくめて紹介する。蓮池、地村両夫婦は、1986年7月に平壌北部郊外の「大陽里」(テヤンリ)に移動する。めぐみさんが夫とともにやってきたのは、その年の12月だった。招待所はそれぞれが垣根で囲まれており、歩いて1分ほどの距離だった。「おーい、と声をかければ聞こえるほど近かった」。金英男氏は、当時は「キム・ヨンス」と名乗っていたので、「ヨンス先生」と呼んでいたという。「めぐみさんがどこかへ行ってから」ヨンス先生は、工作員でなくなった人たちに韓国語の言い回しなどを教えるために別の場所に移動した。しばらくして戻ってきたが、めぐみさんがいなくなって、2年ほどあとに再婚する。奥さんは地位ある人物の娘だったので、やがて平壌に住宅を買ってもらい、転居した。地村夫妻はいちどだけ遊びに行ったという。

コメント

拉致問題についての質問主意書(1)

2013-01-30 16:15:40 | 拉致問題

 通常国会初日(1月28日)に内閣へ提出した質問主意書(2通)を公開します。回答は2月6日に届きます。

1

2

3

4


コメント

田中慶秋拉致担当大臣の書簡を公開する

2012-10-12 14:02:04 | 拉致問題

10月12日(金)民主党政権で7人目の拉致担当大臣に任命された田中慶秋氏。拉致被害者家族に書簡が送られたので、ここに公開する。もちろん事務局が作成したものに、ご本人がサインした。

Photo

コメント (2)