"よさこい"にかける青春!

何がこの人たちを
  夢中にさせるのか!

悲しい お知らせ

2014年09月12日 04時56分54秒 | 脊髄小脳変性症の妻

脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう)の妻は 私のブログのカテゴリー(分類)の中のひとつです。

その主人公の妻が先日永眠いたしました。


私と一緒になって過ごした年月は 45年間でした。

ブログのコメント欄でも沢山の皆さんから、応援や励ましのお言葉を頂き 心から感謝しております。


2006年当時からの ブログへの掲載でしたが、長い間、本当にありがとうございました。








 57歳で身体の異変に気付き、そのご病名が分かるまで おおよそ半年間
 

「 どうして病気は 私を選んだの ?? 」その問いかけ
 
 徐々に運動機能が失われていく苦しさやむなしさ 
  
「私は何にも悪いことはしていないのに・・・」、

これが病名、脊髄小脳変性症が判別した時の妻の言葉でした。

 

 運動機能以外の脳は全く異常を示さないため 孫や子供のたち、家族の話しをするたびに涙が止めどなく流れ

そんな11年の長い歳月を頑張り抜いて来ました。
 

 この間、くしくも流した涙が1リットル、・・・・
   
全くテレビの中の物語と同じ経過でした。

   
 

 夏の暑さも やっと乗り越え、あちこちの庭先にキバナコスモスや秋の花がチラホラ咲き始める

この季節、しかし頑張りぬいた身体は もう限界でした。

30年間住んでいた地元の みずほ台祭りが賑やかに行なわれていた8月30日、土曜日4時半、

長~い眠りにつきました。享年(きょうねん)69歳の人生でした。









ピアノと ヴァィオリン

そして 尺八に依る 音楽葬で 送りました。


妻の好きだった 時の流れに身をまかせ、秋桜、いい日旅立ち、里の秋、旅愁、母さんの歌、叱られて、無縁坂 など12曲の音楽で送りました。



急遽 仲間のHanaokaさんにお願いして歌詞カードも 50部用意し 皆さんに口ずさんでいただくことも出来ました。






尺八演奏は 江差追分でおくりました


<2011年6月のブログから抜粋>

 
 遠い北の地のニシン漁に愛する人を送り出さなければならないと言う
 
寂しくも悲しい別れの唄に自分の人生を重ねているからかもしれません。

辛いのなら見に来なくてもいいよ!っと、いつも言うのですが決まって一番前の席に座って泣いています。

 

 つい何年か前まで、自分が10人並にきれいだと思っていた妻・・・、おしゃれ好きだった妻・・・、

そんな妻がお風呂もトイレも寝返りさえも 人様の手を借りなければならなくなってしまいました。

 最近では話も全く出来なくなってしまいました。








小雨降る 新座市営墓園

100人を越える方々が お別れを惜しんでくださいました。


喪主は冷静にと思っておりましたが

感情を抑える事ができず、10年分の涙を流してしまいました。 



今回の葬儀には 沢山の方たちの お世話になりました。

この場をお借りして 心から感謝と お礼を申し上げます。


ありがとうございました。 














2014年10月3日 富士見メモリアルパークに 納骨いたしました。

主役の妻は亡くなったのですが しかし脊髄小脳変性症の妻のカテゴリーはこのまま残すことにいたします。










人気ブログ参加してま~す。














ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« みずほ台 町会まつり行なわ... | トップ | 2014,鎌ヶ谷 よさこい »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
音楽葬 (hana)
2014-09-12 08:46:52
この度は心からお悔やみ申し上げます
私は音楽葬という式には初めて参列させて頂きましたが
なんて言いましょうか…爽やかって言っても良いんでしょうか?
arisさんの真心が深々と感じました
長い間の闘病にも負けず一生懸命頑張った奥様も安らかに永眠されますね
これからも大変な事が沢山有ります…どうぞお体にご留意下さい


hanaさんへ、 (aris)
2014-09-12 21:29:58

 hanaさんへ

急な私のお願いを聞いて下さり、本当にありがとうございました。

明日、13日の土曜日、練習会場でお会いして感謝の言葉を申し上げるつもりでしたが、それが叶わずごめんなさい。

あの時の様子、ビデオで 今 見ておりますが、
皆さん歌詞カードを手にして 伴奏に合わせて唄っておられます。

本当に歌詞カードが間に合ってよかったなぁと
今更ながら感謝しております。

 パソコンで、手打ちでの入力、とってもご苦労されたことと思います。

あの日、あの時の僕には、手におえない仕事でした。

 本当にありがとうございました。
Unknown (圭)
2014-09-12 21:42:38
慎んでお悔やみ申し上げます。

アリスさんの奥様へのお見送りも歌声は、とても愛情深く聞こえました。素敵でした。奥様もとても喜んでおられたことでしょう。


アリスさんもお身体に気をつけて、お過ごしくださいね。
圭さんへ、 (aris)
2014-09-12 22:14:48
 みずほ台町内会祭り、
そして葬儀と続けてお世話になりました。

 9/7は ご夫妻でお別れに お出で下さり心から感謝しております。
あのような病気でしたので 近い将来こんな日も来ると
覚悟はしておりましたが、実際その場に直面すると
思いの外 辛いものが有りました。

 しかし、心で思っていた送りかたが出来 これも
周りの皆さんのお蔭と心から感謝しております。

 身の回りが完全に落ち着くまで もう1~2週間
かかると思いますが、またいつもの私に戻りますので
よろしくお願いいたします。

 本当にありがとうございました。

 

コメントを投稿

脊髄小脳変性症の妻」カテゴリの最新記事