"よさこい"にかける青春!

何がこの人たちを
  夢中にさせるのか!

浦和よさこい開催される!!-3

2019年07月23日 05時23分23秒 | よさこいの世界

 

 

 

 

 

 このシーンは さわやかな笑顔がステキです。

 

 

 

 

 沿道からの応援の声に またまた踊りに力が入ります。

 

 

 

 

7/23(火) 今朝もどんよりとした朝になりました。

昨年の梅雨明けは 6/29日と 驚くような速さでした。

平均は7/21の様です。

しかし待ち焦がれた今年の梅雨明けも明日の7/24(水)と予想されています。

 

昨年 この季節 新潟の只見線の入広瀬に蓮の花と電車の撮影に行って来たのですが 今年は日照不足のため 

期待するような咲き方をしていない 

入広瀬の道の駅で声をかけて下さった Satou Fujieさんから わざわざ丁寧に 電話で連絡がありました。

この写真を撮影したのは 丁度この季節 昨年の7/25日ころでした。

Satouさんのお庭に入って撮影させて頂いたものです。

今年の長期間にわたる日照不足は お花や 農作物にも多大な影響を与えているようです。

 

クリックよろしくお願いいたします。

  人気ブログ参加しています

 

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 浦和よさこい開催される!!-2 | トップ | 13回 よさこい光が丘開催され... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やちママ)
2019-07-23 10:38:38
連日のUP楽しく見せてもらっています。

旗士さん3人揃った方が迫力、厚み、違いますね。
代表、一人で頑張りました!
Unknown (あおい)
2019-07-23 12:45:01
暑い中素敵な写真を撮ってくださりありがとうございました!
たくさんの踊り子さんの前で踊った大賞演舞はとても楽しかったです😄
ブログを拝見していて親の写真があって驚きました笑即、家族に拡散しておきました👏🏻
彩夏祭も楽しみにしています!!よろしくお願いします☺️
Unknown (寺尾のりこ)
2019-07-23 15:18:31
アリスさん、いつも沢山の素敵な写真をありがとうございます。
浦和よさこいでの大賞受賞!本当に嬉しかったです。写真の生き生きした表情から演舞の熱気や興奮そして感動が蘇えってきました。
この感動を胸に彩夏祭までの残り少ない練習を頑張りたいと思います。
Unknown (やちママさんへ)
2019-07-24 00:28:35
今回は代表頑張りましたね。
回を重ねるごと 腰の入りが良くなっているように
お見受けしました。


第三者の目で見て(見れるわけないかぁ~)

集団での舞に 磨きがかかっていました。

先ずは手足、並びなどの角度など揃うこと
行動のタイミングが合うこと

目線が一致すること
眼力は持ち前の 素晴らしさが発揮されていました。

総合して練習量の豊富さを感じました。

生意気にも批評なんかしちゃいました(笑)
Unknown (あおいちゃんへ)
2019-07-24 00:46:24
 コメントありがとう!!
嬉しく思います。

 目の前を 踊り通ってい くあおいちゃんをファインダーで追っていたら 観客の中から 

『 あおい がんばれ~ 』 の声

すかさず 後ろを振り向いて パチリ!!

よさこいは 4分半のドラマです。

4分半の演舞のために 振り付け、楽曲、そして
沢山の踊り子たちが 完璧なる習得を目指し練習に精を出します。

 夏舞徒は地域での一番の舞を目指し 頑張っているチームです。ですから練習量もマナーも地域一番と思います。

 辛いことも有るでしょう。
しかしそれを乗り越えて 結果が出たときの喜びは
比較するものがないほどの感動でしょう。

彩夏祭は目の前です。
体調管理を万全に 怪我などせぬように頑張ってください。
Unknown (寺尾のりこちゃんへ)
2019-07-24 04:52:25
寺尾のりこさん
コメントありがとうございます。
皆さんの踊りを 遠くに、近くに ただカメラを通して見ているときが殆どなのでこうして紙面を通じてお話出来ることを嬉しく思います。
前の方のコメントのお返事でも述べましたが メンバーの中には お名前とお顔の一致しない方がたくさんおられます。
是非 体育館や、演舞会場などでお会いする機会がありましたら
 『 私が寺尾のりこで~す!! 』
とお声がけください。


今まで 夏舞徒にとって 光が丘よさこいや 浦和よさこいは比較的相性の合わない祭りの様に思われて来ていました。

 しかし今回は 見ていて何か違うぞ!!
祭りの後半にはそんな雰囲気が漂っていました。
それは演舞内容に練習で染みついた体の動き、切れの良さがあちこちに表れて来ていたからのように思います。
夏舞徒の舞の振り付けはとっても緩急難しく 一歩タイミングがずれると大変なことになってしまうような気がします。 練習の成果によってそれが克服され完璧なものに近づいた時、他を寄せ付けない素晴らしいものが表現されるんだ・・・、
そのように思って見ておりました。

とにかく 嬉しかった浦和よさこいでした。

コメントを投稿

よさこいの世界」カテゴリの最新記事