歌わない時間

言葉と音楽について、思うところをだらだらと。お暇な方はおつきあいを。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

緒方喜治さん。

2005年07月28日 | メモいろいろ
緒方喜治さんという人は、インタビューをしていても、大相撲の中継でも、なんとも温かみのある語り口をする人で、今NHKに出ているアナウンサーの中ではいちばん好きかもしれない。もちろん日本語もきれいだ。緒方さんが大相撲中継の実況から引退したのはさびしい。

わたしはその緒方さんの最後の大相撲実況をたまたま聞いていたのである。何場所かは忘れてしまったけれど、二三年ほど前のことだ。千秋楽のラジオの実況を緒方さんが担当していて、相棒は舞の海さんだった。もちろん「わたしは今日で引退します」などとは一言も言わなかったのだが、なんだか万感こもった放送だなあと思いながら聞いていたら、それ以降、緒方さんが実況を担当することはついになかったのである。テレビではなくラジオ、というのが緒方さんらしい。というか、プロ野球にしろ大相撲にしろ、やはりアナウンサーとして実況のし甲斐があるのはラジオなのだろう。そしてあれは多分、緒方さんのほうから、「解説は舞の海さんで」と希望したのだと思う。そして舞の海は、これが緒方さんの最後の実況だ、ということは知っていただろう。 

緒方さんは、大阪局にいたころ、毎月末の一週間、午前中のラジオの進行役もやっていた時期がある。場合によっては、その月末一週間のラジオと、高校野球と、大相撲の実況とで、次から次へフル回転で仕事をしていた。そりゃほかのアナウンサーだって、先週どこかの国からサッカーの衛星中継(まてよ、衛星中継って、死語?)の実況をやっていた人が、今週は札幌局で通常のニュース読み、なんてことは、今どき普通にあるわけだが…。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「日くらし」か「日ぐらし」か。 | トップ | セルシェル『11弦のバロック』 »
最新の画像もっと見る

メモいろいろ」カテゴリの最新記事