歌わない時間

言葉と音楽について、思うところをだらだらと。お暇な方はおつきあいを。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『小早川家の秋』の遠藤辰雄

2014年05月20日 | 演ずる人びと
俳優の遠藤太津朗という人が2012年の7月に亡くなりました。この人は大川橋蔵版の『銭形平次』に出て(三ノ輪の万七親分)、さらにその後、藤田まこととも一緒にテレビに出ていたようでした。けれどわたしはこの人のことを、小津安二郎が宝塚で撮った『小早川家の秋』で親戚の叔父さんを演じた「遠藤辰雄」、として記憶しています。『小早川家の秋』のとき、すでにおじさんだったのに、その後、昭和を通りすぎて平成にいたるまで、この人はテレビに出つづけていた。なんて息の長い俳優さんだろう──というか、歳の計算が合わないなあ、この人いくつなんだろう──となんとなく思っていたのね。

『小早川家の秋』は1961年の映画ですが、遠藤辰雄さんは1928年生まれだったそうで、ということは、『小早川家』を撮っていたとき、まだ三十代の前半だったってことですよね。ちょっとこれは衝撃よ。まあ映画では若い俳優が老け役をやるのはままあることだろうし、まして昔の映画だから驚くほうがおかしいのかもしれませんが、あの『小早川家の秋』の遠藤辰雄は、そうさなあ、五十代なかばには達しているように見えた。
コメント

日曜日、テレビを見ていて

2014年05月12日 | 演ずる人びと
『サザエさん』で、伊佐坂先生原作のテレビドラマを磯野家の人びとが見て感動するシーンがあり、そのドラマのタイトルが『昨日来た人』というのだった。あれは、井上靖原作で映画にもなった『あした来る人』を踏まえているのかしらん。

『美しき人生』の次女チョロン(ナム・ギュリ)と、『馬医』のスッキ王女(キム・ソウン)という人と、いまGyaO!で配信中の『シティーハンター』に出ているキム・ナナ(パク・ミニョン)という人が、同じ女優さんに見えてしまう…。それにしても『馬医』のイ・サンウの吹き替えの声にはどうしても違和感をぬぐえない。

夜十二時をすぎたのでNHKのニュースを見ようと思ってテレビをつけたら男の人と男の人がいきなりキスしていたのでびっくりした。今夜から始まった『ダウントン・アビー』というイギリスのテレビドラマの一シーンであった。このドラマ多少興味もあったのだけど見ないことにしていたのである。ええと、NHKでこれまでに男どうしのキスシーンを流したことははたしてあったのかなかったのか。『glee』ではどうだったのか、全部見てないので分からない。ああしかしそれにしても、NHKに『美しき人生』を買い取って流す勇気はないのかねえ。(念のため申し上げるが、『美しき人生』には男どうしのキスシーンはなかった。ネット上にはテソプ(ソン・チャンウィ)とキョンス(イ・サンウ)がキスしている画像が流れているが、あれはそれらしく加工したものと思う。)
コメント

『シークレット・ガーデン』配信

2014年02月14日 | 演ずる人びと
へー。無料動画GyaO!で『シークレット・ガーデン』の配信が始まってる。さすがに人気が高いようですよ。そういえば『美しき人生』で、テソプが、キョンスの母からふたりの関係を非難された直後、「別れろと責め立てられて、まるで財閥の御曹司に恋してしまった庶民の娘のような気分だった」と言うシーンがあったけど、『シークレット・ガーデン』はまさにそういう、身分違いの恋の話でした。
コメント

劇団四季

2013年11月04日 | 演ずる人びと
きのう深夜に劇団四季の『この生命誰のもの』をやっていて、見始めたのは途中からでしたが、最後まで見ちゃいました。判事の山口嘉三さんは昴の人で、むかし『ハムレット』の題名役もやった人。ほかに俳優座の人も出ていたし、昔俳優座にいて四季に移籍しちゃった人も出ていた。よその劇団から四季に移籍しちゃう人って多いらしいね。四季だと舞台だけで食べていける、とかいう話だった。

間宮芳生さんというと現代音楽のお偉い作曲家なんですが、わたしはこの人の曲は歌ったこともたぶんなくて、わたしにとってこの人の名前は、あの『悪女について』のテーマ曲の作曲家、として記憶されております。

クリムトの「接吻」をバックに、間宮芳生の妖艶な香り漂うテーマ曲が流れましてね。そのころ高校の音楽室の前の廊下にオルガンが置いてあって、ある日の放課後、わたしがいい気になってその『悪女について』のテーマ曲を弾いていたら、ひとりの若い女の先生が、にやりと笑いながら後ろを通っていった。まじまじと顔を見たわけではないけど、気配でにやりとしたのが分かった。「ははあん、この先生も『悪女について』見てるのね」とその時思ったのをいまだに憶えています。

影万里江主演のテレビドラマ『悪女について』についてはもういろんな人がネット上で熱く語っているんだろう。面白かったもん。謎の転落死をとげた富小路公子という女とかかわりのあった老若男女が、毎週一人づつ語り手になって、彼女とのかかわりを証言していく、ってものでした。

森繁久弥、杉村春子、などなど語り手は多士済々だったんですが、その中に高橋とよがいた。たしか婦長さんの役だった。影万里江を見たのも『悪女について』がはじめてだったけど、高橋とよを見たのもこのドラマがはじめてだった。高橋とよさんとはその後小津映画で顔なじみになるんですが、『悪女について』ではじめて見たときには、なんでこんなおばあさんがこんなところに、というのが正直な感想でした。

影万里江という人は当時劇団四季のスターだったそうですが、情報量の少ないそのころの地方のことですから、謎の女優さんでね。とにかく、テレビでは見かけた憶えのない不思議な感じの女優がいきなり「悪女」役で主演だったので、興味津々で見ていました。
コメント

『トンイ』のCT

2013年10月12日 | 演ずる人びと
朝から土曜日の『トンイ』を見ていたら、主題歌、といっていいのかなあ、挿入歌かしらん、とにかくこれまで児童合唱で歌っていた耳馴染みのある曲を、カウンターテナーが歌っていました。児童合唱だと別段心ひかれる曲とも思わなかったのに、あのカウンターテナー版はよかったなあ。テンポを遅くして、しっとりした曲調でしかも押してくる感じもあって、これまでとは別の曲のように聞こえた。あのバージョンて、いつから使われてたのかしらん。

聞いてすぐ、これはカウンターテナーが歌っているなと気がつく声質でした。米良さんに似てるのね。米良さんよりもすこし太い声。いや実を言うとわたし米良美一さんの声もそんなによくは知らないですけどね。バッハ・コレギウム・ジャパンのバッハ・カンタータのシリーズで、米良さんが歌っているのが一枚あったかな、という程度ですけど。

『トンイ』の曲を歌っているのはイム・ヒョンジュLim Hyung Jooという人だそうですよ。このイムさんはカウンターテナー専門てわけではないらしいね。韓国のカウンターテナー歌手というと、なんとかLeeという人が、ヘンデルのオペラのアリアを歌っているのをYouTubeで見たことがある。力強い声のカウンターテナーでした。わたしが知らないだけで今はもっとメジャーになってるかもしれません。日本人のカウンターテナーって、その後どんな人が出てきてるの?
コメント

ハン内官

2013年10月05日 | 演ずる人びと
『トンイ』で、肅宗のそばにいつも控えているハン内官という人が出てきます。物の分かった能吏で、トンイに好意的な人。あの人は宦官なんでしょうね。無髯だし。吹き替えの声の人も、彼が宦官だということを意識して声を出していると思う。

しかし無髯というと、宮中の楽所にいるのっぽのヨンダルというのも無髯なのだ。あれがよく分からない。もしかしてヨンダルも、取っちゃってるのだろうか。

性におけるヒゲの持つ意味は、そうとう深いですからね。いろんなネタがありますよ。これももう書いたかもしれないけど、西洋でカウンターテナーといえばヒゲを生やしているのが昔はふつうだった、それは、同性愛者ではないことをあえて誇示(?)するためだった、とか。

それにしても『トンイ』を見ていて不思議なのは、王の愛妾となったトンイのところに、有髯の、つまり異性愛者オーラをふつうに身につけている武官や貴族が、平気で出入りしていること。朝鮮の後宮ってあんなにオープンだったのかな。あんなだと、あえて宦官がいる意味もないような気になるんだけど。
コメント

ドラマの時間

2013年10月01日 | 演ずる人びと
もう再々放送くらいになる『シークレット・ガーデン』がヨル11時45分からなのに、初放送の『glee』第3シーズンがもっとずっと遅い深夜0時40分から、とは、これいかに。おかげで『glee』ちゃんと最後まで見たのは今シリーズ一回だけ。

韓国で2010-11年放送の『シークレット・ガーデン』では、スマートフォンを使っているのはジュウォン、ライム、オスカー、ユン・スル、チェ社長、くらいだった。しかしiPhoneではなかった。さすがサムスンの韓国、と思ったけれど、あちこちで出てくるパソコンはMacが目についた。ロエルデパートの社長室にあったのも、ジュウォンの自室にあったのもiMac。

キル・ライムの声を当てている声優さんが、ダイソンの掃除機のCMでしゃべっていた。
コメント

海外ドラマの俳優たち

2013年07月17日 | 演ずる人びと
Cory Monteithは、「コーリー」とも「コリー」とも、また「モンテース」とも「モンティス」とも表記される。NHKは「コーリー・モンテース」と書くけれども当てにならない。OS Xのスピーチ機能で読み上げさせると、「コーリー・モンティース」と聞こえた。

Dianna AgronをNHKはなぜか「ディアナ・アグロン」と書く。なんで「ダイアナ」としないのかな。YouTubeで彼女についてのインタビュー・ビデオを見ても、『glee』のキャストのだれもかれもが「ダイアナ」って言ってるよ。

コーリー・モンティースは31歳で亡くなったそうで、ということは『glee』で高校生を演じていたときすでに20代の後半だったことになる。こういうことは別にめづらしくないのだろう。『glee』見ててわたしも違和感なかったし。特に日本人から見た場合、あちらの国々の人の歳って、見てすぐに分からないことが多い。

あちらの国々だけではない。さらにわたしの場合『シークレット・ガーデン』見てても違和感なかったのだが、33-34歳のキム・ジュウォンを演じたヒョンビンはまだ20代の後半だった。ただしこれはまあ劇中でもキム・ジュウォンは歳より若く見えることになっていた。もっと驚くのは、オスカーのマネージャー役の小太りの俳優が、実は当時まだ現役の高校生だったという話。
コメント

キル・ライムの安アパート

2013年07月12日 | 演ずる人びと
『シークレット・ガーデン』で、チュウォン邸やオスカー邸に次いで登場場面の多かったのが、ライムと女友達のアヨンが二人で借りているアパートでした。バス・トイレ付きの1K。家賃は30万ウォンだそうですが、これは今のレートで2万6500円弱だそうですよ。安いっちゃあ安いが、ドアにガムテープが貼ってあったのは貧しさの表現で、あれはつまりチュウォンとライムの貧富の差を強調するものであったろう。

部屋の中はセットでしょうが、建物の外とか、屋上とか、建物を出て石段を上がったところにある駐車場とか、ロケで収録してるシーンも多かった。気になったのは、夜のシーンでもあたりが煌々と明るかったことで、あれは撮影時ライトをつけまくって、そうとう近所迷惑だったに違いない。

しかしあのアパートは、劇中でも触れられていましたが、高台にあって眺めがよい。ああいうのはまさに長崎にもよくある風景で、あの眺めはなんだか身近に感じられた。

『Alles was zählt』のときにも、あのドラマをきっかけにドイツ語とかドイツの生活習慣とかに関心を持ったのですが、この『シークレット・ガーデン』でも同様に、韓国の生活文化にいろいろ関心を持ちました。ていうか、今まであまりに何も知らなかったことを改めて認識させられた。はづかしながら、韓国では年齢を数え年で言うというのも知らなかった。それから、キム(金)さんて姓の人がたくさんいることは漠然と知っていたけど、韓国の人口がざっと五千万人弱で、そのうち八百万だか九百万だかがキムさんだそうですよ。そうなるともう、姓氏のもつ意味合いも日本とは違ってるんでしょうね。
コメント

ハン・テソンなど

2013年07月08日 | 演ずる人びと
『シークレット・ガーデン』にハン・テソンという若いミュージシャンが出てくる。繊細そうな青年。この人がゲイなのですが、オスカー&ユン・スルの脇筋を引き立てるためだけに使われる、かわいそうな役です。しかも、ハン・テソンが歌うシーンが何度かあるんですが、そんなに歌が上手とも思えない。あの程度のミュージシャンに執着するオスカーまでが大したことなく見えてしまう。放浪癖があるとかで、チェジュ島でいきなり漁師の見習い?をしたりする(しかも兼業?でリゾートホテルで歌も歌う)のもなんかおかしい。

チュウォンの妹が初回から出てきますが、途中で尻すぼみになってしまう。イム監督といい雰囲気になるのかと匂わせながらほったらかし。チュウォンの非常事態にも姿見せず。

チュウォンの主治医というチヒョン。精神科医の女医さん。この人はいいキャラクター。むかしチュウォンと付き合っていたがチュウォン母から手切れ金を渡されて別れたらしい。でも、チュウォンがエレベーターに閉じこめられて呼吸困難になり、救急車で病院に担ぎ込まれたシーンで、そのチュウォンの病室から白衣も着ずに、しかも脚もあらわなショートパンツなんかで出てきたりするのはおかしかないか。

そうそう。ソウルってところは12月からあんなにじゃんじゃん雪が降るところなのですね。
コメント