ぼくらのありのまま記

ぼくらは
こんな大人になりました。

ある一日。

2015-12-06 22:12:14 | 唐桑日記
今月は東北常連の方が多い。
「今年最後に東北いっておこうか」と
思ってくれているかはわからないけれど。

なんか同窓会みたいな感じだ。
会社も業種も違う人たちが
集まっていて、いろんな仕事の人と
出会えるので、楽しい。
よく来る人の中に、つなかん初めての人も
何人かも交じっていて。
なんかいいなぁと思う。

地元の漁師さんから直接買ってるものを
紹介して,喜んでもらって、
「めっちゃ喜んでくれてましたよー」と
漁師さんに報告して。
そういうことも楽しいね。


(お客さんが撮ってくれましたー)

沢山買って、売りさばいて,,。と
そういう大きいことはできないけれど、
ここでやっていることのよさが
伝わればいいなと思う。

「私たちの活動では前より、今の方が
ボランティアに来る人増えているんですよ」

ってお客さんが教えてくれた。
そうなんだー。
「これなら私の力が役に立てるかも」
今まで必要だったことと、今必要なこと、
これから必要とされることが
変化しているんだろうなー。



今日はいちよさんが
久慈に帰って不在なので、
ピンチヒッターわみちゃん。
この無表情さと、
僕のナイキをはいてるところがつぼ。

こんな無表情でも

いちよのお面さえかぶれば、
こんな笑顔に!!


ボランティア仲間でつなかんに来るお客さんは
同じスポーツをやってる仲間たちみたい。
ただの飲み仲間でもないし、かといって
仕事の付き合いでもない。
東北に来るときにしか会わない仲間の多いと思う。


(メカジキとあわび。
気仙沼の旬を楽しんでもらえました。)

ただ共通の目的があって、
みんないい仲間だなーと思う。



たまには見送る側の景色をお届けしますー。
「今年もお世話になりました。」
挨拶が年末だ。





15時30分で夕焼けなんだけど!
本格的に冬が来たわ,,,。

今日は朝,昼、夜、と
3食お客さんがいて、
わみちゃん、ふみちゃん、ちっはも来てくれて。
お客さんも喜んで帰ってもらえた思いますよー。
(いちよさんへ業務連絡。)


ちゃんと自慢の牡蠣と帆立も
食べてもらいましたー。