となりもインド人

北インドデヘラドゥンで、インド人に溶け込んで暮らす日々。
何気ないインド生活でふと感じたことを書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カルワチョート

2013-10-22 23:49:35 | インドの習慣
今日は、夫の日『カルワチョート』でした。

今日、女性たちは夫の幸せを祈るため、朝から夜月が出るまで断食をし、綺麗に着飾ります。
水一滴、厳密に言うと唾も飲み込んではいけないと言われています。

昨日、メンディ(ヘナ)を塗ってもらいにバザールに行きました。
バザールはメンディを塗った両手を挙げた女性たちで溢れていました。

午後、サリーを着て、向かいのおばさんの家で行われる恒例のカルワチョートの儀式に参加しました。

既婚女性が集まって円になり、カルワチョートの講話を聴いたあと持参したお供えのお皿を右回りに手渡して行きます。(7回)
最後に目上の人達に感謝の挨拶をして終わりです。

夜、月を見ながら最後の儀式をしたら断食があけます



うちの親族ではカルワチョートをする習慣がなく、義母や義姉達も誰もやってません。でも最近は流行りで親族でもカルワチョートをする人が増えてきました。
カルワチョートの断食は、一度行うと一生続けなくてはなりません。その日間違えて何か食べてしまったりすると絶対駄目なのです。
だから義母からは、日本にいるとこの習慣を守るのは難しいから断食はしないほうがいい、と言われてカルワチョートの断食はしたことがありません。

先日、ヒンディー語の新聞デニークジャグランに、カルワチョートの断食をしている外国人特集がありました。
そこに、日本人の久美子さんという人のインタビュー記事が載っていました。

彼女はバラナシでインド人の夫と『久美子ハウス』というホテルを経営している方です。ガイドブックに必ず載っているし、テレビでも紹介されています。
彼女は結婚して40年くらい毎年カルワチョートの断食を行っているそうです。最初の年は喉の渇きに耐えられなかったそうですが、毎年続けてきて、毎回愛が深まっていくのを感じるそうです。

すごい尊敬‼︎
素敵な人だな~久美子さん!

カルワチョート、夫の日というより夫婦の愛を深める日なんですね~
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ウッタラカンド州のフェステ... | トップ | ディワリ&バイヤドゥージュ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
月が見えなかったので (風のたみ)
2013-10-31 23:50:32
カルワチョート!広島では月が見えなかったので、友人はガッカリしてました。
日本に来て初めてなのにー!
インドには色色な行事があって、大変だけど楽しそうで羨ましいかぎりです!

コメントを投稿

インドの習慣」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事