岩ときどき山

怖がりでヘタレのクライマー。ハイキング、トレラン、沢登り、冬山、ボルダー、リードクライミングに今日も行く!

穂高岳

2018-09-01 20:47:53 | 日本百名山
8月の29~30で穂高に行ってきました。

上高地バスターミナル

沢渡を8時台のバスに乗って出発。
バスはそれほどでもなかったけど、
上高地はそれなりに観光客がいました。

河童橋


河童橋からの岳沢

穂高の山頂が見えるはずですが・・・

岳沢分岐


六百山

道なき山ですが、昔は登山道がありました。
今も踏み跡程度はあるとのことです。

風穴

天然クーラーと書いてあります。
確かにひんやりとした風が出てきます。

中間地点

岳沢ヒュッテまでは全部で10の標識があり、
自分のおおよその位置が分かります。
道も良く整備されていて歩きやすかったです。

ナナカマド

赤い実が早い秋を感じさせます。

岳沢ヒュッテ

トイレが綺麗な快適そうな小屋です。
山岳ライターの小林千穂さんがいらっしゃいました。
実物はとても美人でした。

テント場からの上高地

一時雨に降られましたが、
次第に晴れてきました。

翌日は3:20出発

カモシカの立場

まだ暗闇です。

雷鳥広場

まだまだ暗闇です。
岩場も多いのでそれなりに神経を使います。

紀美子平

ようやく明るくなってきました。
しかし、ガスガスです。

前穂高岳山頂

空が少し明るくなることもありましたがガスガスです。

紀美子平に戻り、奥穂に行くべきかどうか悩むこと3分。
天候は快方に向かっているはずなので、行くことにする。

南稜の頭

強い風に吹かれながら歩きましたが、
なかなか晴れません。

奥穂高岳山頂

何の変化もなくガスガスです。

岳沢

吊尾根を戻っているとたまにガスが切れます。

明神岳


重太郎新道からの前穂高岳


天場に帰着

テントを撤収してここからさらに2時間

上高地到着

途中雨に降られながら1時過ぎに戻ることが出来ました。

結局穂高はほとんど姿を見せず、
今回の山行は終了しました。

初めて岳沢に泊まり、快適なキャンプは楽しめましたが、
せっかく登るならやはり天気は重要です。

約30年ぶりの穂高ですが、
次回は是非好天の時に登りたいと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« 守屋山 | トップ | 竜ヶ岳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本百名山」カテゴリの最新記事