癒しのカピバラ日記

各駅停車でぼちぼちいこう

台湾の老街 (九分と三峡) 

2016-10-16 | 日記

九分は台湾北部にある山あいの町

こう配のある土地にはお土産屋さんや飲食店などが所狭しと立ち並ぶ

 

 

映画千と千尋の神隠しの湯屋のモチーフになったと言われているお茶屋さん

階段を上がって行くと左右にお店が広がっていて行き止まりの先は海がみえます

   

次に行ったのが三峡

橋を渡ると清水祖師廟がある

その先に台湾で一番古いと言われている三峡老街の市場があります

煉瓦造りの洒落た建物がとてもレトロで映画のセットのようでした

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台湾の老街 (十分) | トップ | 2016 まどかジャズダンス発表... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしい (sugina)
2016-10-20 20:44:55
2年前に私も台湾に行きました
台北だけでしたが 九分 十分と
同じところで写真を撮っています
食べ物も何を食べても美味しくて
又行ってみたいです
マンゴかき氷もいただきましたよ
suginaさんへ (ハリー)
2016-10-23 20:55:18
台湾も行ってみたいところが沢山ありますよね
気軽に行けるので今度は違う地域に行ってみたいと思いました

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事