サヤッスのTea Party!

気の向くまま、思いのまま…
愛する息子との生活♪
今日も元気に過ごしてます(^o^)/~~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ストキャン♪

2017年05月23日 | 日記
5月20日~21日は鳥栖のプレミアムアウトレットの近くにある本当にアウトドア好きなんやなぁ~って感動するくらいいろいろ揃ってるお店『クロス✖オレンジ』さんの主催するキャンピングイベントに参加する為、服掛松キャンプ場に行ってきました


実はここに来る前、仲間のキャンパーさんから『ストキャン楽しんできてねぇ~』って何人もの人に言われたんだけど、本気のアウトドアショップさんの主催だったしてっきり『ストイックにキャンプするイベント』だと勘違いしてた私…アヒャヒャヒャヽ(´>∀<`*)ノアヒャヒャヒャ!!
どんだけ皆んな凄い装備で来るんだろうとちょっとドキドキしてたよぉ~~
よくよく聞いてみると『ストアキャンプ(=お店主催)』って言う意味なんだって
これでまた一つ私の辞書に言葉が増えました(笑)

まずは受付を済ませ『クロス✖オレンジ』さんオリジナルのシェラカップを参加賞にもらえて早速感激

全3種類のうち一つをもらったので、残りの2種類は記念に即購入

それから設営完了して早速生ビールを2杯…
今回は1泊と短く、しかもコットン幕にもってこいの最高のお天気だったから私のNo.2テント、ストロベリーちゃんで参戦

木陰でとっても気持ち良い場所にセッティング完了
小さく見えるけど、結構中は3m×2.4mあって広いのよ

そして東北から車で来て下さった『Pinoworks』さんによるレザーストラップ作りに参加させてもらいました

好きな色の革を編んで自分の名前を刻印したの

出来上がりはこんな感じ

私は『Ariel』って入れたよ

辺りに続々おしゃれキャンパーさん、ベテランキャンパーさん達が揃ってきて、いろんなサイト見たりいろんな人とお話せさせてもらったりでめっちゃ楽しかった

同じ趣味の人同士の会話って本当、何が共通点であっても笑いが出るくらい(多分普通の人が聞いたら病気にしか聞こえないんだろうけど…)盛り上がって楽しいよね

いろんな展示品やイベントを楽しみながらゆっくり料理もしつつ…

今回はダッチオーブンでスペアリブを焼いてみました
そしてまたお酒ものんびりみんなと楽しむ…自然の中って本当いい

夜も焚き火イベントやいろんなキャンプ道具が当たる『ワサビ入りシュークリーム(ロシアン)ルーレット』でも盛り上がり、そして迎えた翌日朝…

あっと言う間の楽しかったイベントは閉幕…
全部で70組以上のキャンパーさんが参加したんだって
楽しい時間と素敵な出会いに感謝

お昼前にキャンプ場を後にして、そこからは息子っちと2人っきりでデート

高千穂挟に行ったけど、一番近い駐車場が満車で片道20分くらいの散歩道を歩く事に…
急な斜面に階段続く中、息切れする母の横を『いぃ~ち、にぃ~~、さぁ~ん』って階段の数を軽快に、でも丁寧に数える息子っち
最後に『何段だった?』と聞くと『うんとね、5百…36段くらい…』って、え~~~ちゃんと数えてたんじゃないんかいって
往復でおよそ1000段、それにあの坂道…筋肉痛は翌日にしっかりきました

ボートの待ち時間は1時間半

その間、周辺を散策

息子っちが食べたランチは『高千穂挟御膳』

流しそうめんもセットでついてて、上流からおばさんが『今からお客さんのを流しますよ~~』って言って流してくれる
だからその間は我が家専用のレーンって訳

この御膳を選んだ理由はもちろん『流しそうめん』が付いていたからではなく、『ヤマメ』の塩焼きがあったから

本当に和食通の坊ちゃまです(笑)

本当にこの日も快晴で暑かったから、ボートも透き通る水の上で緑に囲まれて気持ち良かった

後半は息子っちが漕いだのよ
なかなか上手でした

それから『高千穂神社』に行き、杉の巨木に癒され…

どんなにしゃがんでも木のてっぺんが全然カメラに収まらないくらい、本当に立派で大きかった
樹齢800年だって…800年前の人も触れたんだろうなぁ~と、悠久の時に浸ってみたりして…ちょっとセンチメンタル

本殿前にある二本の木の幹がくっついた『夫婦杉』には夫婦、恋人、友達と手をつないで3回まわると縁結び、家内安全、子孫繁栄の3つの願いがかなうと言われてるらしく、『じゃぁ』と息子っちが手を引いてくれて親子でキャッキャ言いながら走った(笑)

もうすっかり手を引かれてしまう程、大きくなったなぁと感心

君と過ごす時間は本当にママにとっていつだって最高に幸せな時間だよ
ずっと仲良しでいようね

さて、時刻は午後3時を過ぎた処…
さぁ帰ろうかと家路についたけど、ここから予想もしない事態に
熊本大地震の影響で通行止めになっている箇所はたくさんあったけど、それでも迂回ルートを検知して熊本方面ルートをナビが示すから信じて車を進めたんだけど…
行く先々で通行止め、大幅な迂回道路に何度も会い方向音痴だし泣きそうになる私…
結局途中のペンションに立ち寄り、親切な地元の人がとっても分かりやすい地図を書いてくれて無事に熊本市内に抜けたのは午後7時
途中2つ程大きな仮設住宅エリアを通って何だか何も考えず呑気にキャンプ楽しんだ私がちょっと恥ずかしくなった…
まだまだ復興出来てない、軽はずみな事は何も言えないし、本当に何も出来ない役立たずだけど、忘れない事と思いを寄せる事だけはしなきゃと思った…
また熊本に必ず行くね

ちょっと疲れたので熊本市内の従姉妹夫婦の家で少し休憩させてもらって、何とか無事に福岡に到着
フゥ~~~っといろんな思い出と疲れの狭間でソファに腰掛け、しばし回想…
ふと『高千穂神社』で引いたおみくじの事を思い出した
普段はぜったいおみくじとか引かないのに、何か引いてみたくなった今回のその結果は…

『大吉』
『始めは危ない谷の小川の橋を渡る様な心配事があるが驚き迷うことはありません。後には何も彼も平和に収まります。…』
う~~~ん…
『願い事…出来かねる様に危惧を覚えるがのち整う』
『恋愛…将来幸福になる』
う~~~ん…『待ち人来らず』ともあるけど、これはもしかして絶対無理だと思ってた『いつか王子様が…』的なシンデレラストーリが待ってるよと、言ってくれてるのかな??(笑)
ディズニー好きとしてはそう言う夢は決して嫌いじゃない
しかも今気がついたけど、『おみくじ』の字の上についている番号が『第十八番』って、私の誕生日
信心深い方ではないけど、この偶然にはちょっとドキっとした
『信じて待ちなさい』と神様が言うなら、信じてみようかな…(*´∀`*)
楽しい事が待ってるなら…楽しみだね( *´艸`)

『クロス✖オレンジ』さんについては
http://www.pictaram.com/user/crossorange/2908177662

レザーカバーの『ピノワークス』さんについてはこちらから
https://www.west-shop.co.jp/blog/?p=11102

服掛松キャンプ場については
http://fukukake.com/

『高千穂挟』『高千穂神社』については
http://takachiho-kanko.info/sightseeing/takachihokyou.php
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思いでのGW2017(´∀`*)

2017年05月19日 | 日記
最近、本当夜眠くなる事が多くてなかなか書けないでいる私の思い出ログ…
そうこうしていたらまた次のイベントが来そうなので、今年のGWの思い出をダイジェスト版で(デタぁ~お決まりのぶっ込みレポート(笑)

今年の配列悪かったねぇ~
途中2日間学校があったからそんなに連続して遊んだぁ~って感じじゃなかったけど…
4月29日(土曜)

この日は小・中学校の時の同級生とBBQ
子供が3人と大人が…11人だったかなぁ…(笑)
天気最高、ビールめちゃ美味しかったぁ
あまりに盛り上がり過ぎてこれ以外写真がないと言う…

4月30日(日曜)は久しぶりに広島から従姉妹が娘を連れて遊びに来たから、お目当ての『プリキュア』ショッピングを天神で終えた2人を拾って新しくなったばかりの海の中道マリンワールドに

ショーもアメリカのSeaWorldを思わせる様なちょっとダイナミックな内容に変わってて楽しかった
人はめっちゃ多かったけど、TDLで培った戦法でショーも食事もベスポジ確保出来て子供たち大喜び
なかなか子供の日にちなんだいい連休の幕開けって感じだった

その後2日間は普通に学校があって、5月3日(水曜)
毎年恒例の大阪の仲良し姉さんをその前夜博多駅まで迎えに行き、途中宇部に住んでいる大好きなキャンプ仲間のお宅に前泊し…
満を持して向かった先は『片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場』、福岡から約4時間の距離の所にある島
関門海峡を渡り山口に入って、そこからまた南に橋を渡って…


海がとってもきれいな海浜公園で2泊

もう夏を思わせる気温で海で水遊びもめちゃ楽しそうだった

もちろん久々釣り道具も持参して挑戦したけど…

こっちは全くダメでした(笑)

空には鯉のぼりが泳いでいて…


海に落ちる夕日も最高だった…


まるでハワイみたいやろ??


連日、本当に天気が良くて『勝てばベイブレード買ってやる』って大広場で大人VS子供、今回一緒にキャンプに行った総勢21名でガチンコドッジボール大会

いや、いや、それでねまだ全然私達の方が上手だろうと思ってたんだけど…
本当の話、結構と言うかかなり本気でやったのに…大人が負けた
なので後日、我が家を含む男の子のいる家ではベイブレードを買わされました

キャンプはやっぱり2連泊がいいね
翌日気にしないで飲める日が2日あるのって本当にいい

到着して速攻『カンパ~~~い
ちなみに大人(飲む人だけで)11人、日本酒もワインもごっそり空けたのにこの二日間で開けたビールの缶はOver100

今回は子供の日があったから9人の子供用にビーチボールのプレゼントを下げて、私のテントはまるで『海の家』

あと駄菓子の問屋さんで大量に大人買いしてたのを『餅まき』ならぬ『お菓子まき』して大興奮
投げる大人も拾う子供も楽しかった

仲間のテントを張り合わせて豪華な宴会場はこんな感じ…

素敵でしょ???

こんなのだってあるんだよ~

本当、みんなの装備にはいつも圧倒されます

もちろん浴びる程のお酒に付いてくるのは溢れんばかりの食事
4月、5月生まれの合同お誕生会もあり…


キャンプ場の素敵な『100円流しそうめん食べ放題』もあり…


そして今回作ったのが、由美ちゃん(父方の叔母)直伝の『豚ロースのグリル』

いい具合に焼け上がって、これをスライスして自家製のソースかけて食べた
自分で言うのも何ですが、3日前から下味仕込んでたからめちゃめちゃお肉もホロホロ柔らかくなっててVery Goodだったよ

その他にもたくさん、たくさぁ~~~ん美味しいもの食べて、飲んで、楽しんだのは言うまでもなく、大いに盛り上がり迎えた片添3日目は早々に撤収を終えて山口では有名な『山賊』にランチを食べに向かったんだけど…

想像を絶するとんでもない混雑ぶりに、その先15分の所にある山賊老松店に変更

本店よりかなり規模は小さかったけど、みんなでワイワイ囲炉裏を囲むと全然気にならないくらい、とにかく楽しかった

3日間充実しまくり、楽しかった仲間とはここでお別れ…

でも、まだ終わらないのが我が家ヽ(´>∀<`*)ノアヒャヒャヒャ!!
それから車を走らせる事4時間…
お目当てはキャナルシティで夜上映されていた『ワンピース』のプロジェクションマッピング

やっぱり人が多くて小学5年生の男の子と3年生の女の子を交互に肩車する私…
たくましくてすみません(笑)

それから長年の友人である小川ちゃんが勤めているお店に行って、福岡で一番のお魚を姉さんと堪能

子供たちはさすがにお腹いっぱいになったら爆睡(笑)

で…その翌日5月6日(土曜)は朝から友達情報が入って予定してなかったけど、門司港でやってた『スワップミート(蚤の市)』に行ってきた

どれも物欲をそそられるアメリカンな雑貨がたくさんあったけど、とにかく高い
結局友達には会えず、2時間程滞在して次の目的地へ…

午後からは『いのちの旅博物館』へ
姉さんこの日に帰るつもりだったけど、急遽予定を延長してここも行こうってなったの(笑)

これで2回目だったけど、ここは本当いいよ~~
『触ってみよう』の展示物は全部本物らしい
アンモナイトの化石に恐竜の骨…本当に生きてたんだ~って

それから久山より断然空いてていい北九州のコストコへ

何でいつも久山は混んでるのか謎だよ

姉さん福岡滞在最終日の7日(日曜)はゆっくり庭で朝ごはん

ホットサンド作って食べた
本当に一日も天気が崩れる事なく晴天続きでいいGWだったぁ~~~

その後、『ダル~~~』『しんどぉ~~~~』の五月病にどっぷり感染したのはご想像の通り
もう来年のGWが楽しみだよ

片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場についてはこちらから
http://katazoe.ac/

いろり山賊についてはこちらから
http://www.irori-sanzoku.co.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のニュージーランド留学2017 No.3

2017年05月17日 | ピーター&アリス英会話教室
またまた大変お待たせいたしました
ピーター&アリス英会話教室のニュージーランド留学2017春レポート第3弾は『ニュージーランドの魅力』について

ここでは私個人が思うニュージーランドの魅力についてお話したいと思います
まず毎年、特に小学生の留学先としてニュージーランドを当校が選んでいる理由は、一つに時差が少ないと言う事が最大の決め手です
長期留学の場合は徐々に体を現地時刻に合わせる事も可能ですが、ほんの数週間程度の渡航の場合、まだ体が小さな子供達にとって時差に慣れると言うのは大変難しい事で、通常は1~2週間程かかります。
日本とニュージーランドの時差は4時間なので、アメリカやヨーロッパと比べるとかなり短く、到着の当日から現地時間で行動する事が可能なんです。
せっかく行っているのですから、1日も無駄にせず(特に眠たいと言うのは子供にとって酷ですから)満喫したいですもんね

今回私達が渡航した北島東海岸は本当に自然豊かで、治安も海外にしては本当に珍しい程日本とほぼ同じ感覚でいられる位安全で、また小学校で日本語の授業を取り入れている等親日家が多く素敵な所です
もちろんニュージーランドにも博多や大阪クラスの繁華街オークランドも、商業が集中している首都ウェリントンもありますが、ほんの数十キロ町から離れると、道路の横の風景は・・・

見渡す限りの緑
こんな道路が町と町の間ず~~~~~~っと続くんです

紫外線が日本のおよそ6倍と言う、その点においてはちょっと健康被害を気にしてしまうところですが、国土に関しては日本とほぼ同様の大きさで、同じく海に囲まれており、昔のままにその姿を今も残している土地が多くとにかく美しいのが魅力の一つと言えると思います

海の青さが眩しく…


まるで『青の洞窟』を思わせる洞窟もあり…


森にはマイナスイオンたっぷりの秘境あり…


大自然の源、原生林も多くあります

今回は私達は訪れていませんが、海岸を掘って自分だけの温泉を作る事が出来る『Hot water beach』や…


それから洞窟内に生息している土ホタルがまるで満天の星空の様に見える洞窟…


ニュージーンランドはサーフィンに打って付けの海も、スキーに最適な山も、フィッシング、ラフティングに人気の川もあり皆さんのご想像通り本当に自然が溢れています
それに日本ではちょっと体験出来ない素晴らしいアクティビティが満載です

例えば乗馬だって、おじさんが手綱を引いて小さなフェンス内を歩く日本の乗馬とは違い…

今回、全く乗馬経験ゼロの当校の生徒達もこんな大自然の中で1人ひとりが馬に乗りおよそ30分のライディングを楽しみました

視界を遮るビルが一つもなく、ただただ空の青と緑が続く中を悠々と馬に乗って歩くって素敵じゃないですか??(´∀`*)
もちろん今回乗せてもらったお馬さん達はきちんとトレーニングを積んだとってもお利口さんなお馬さん達で、多少手綱を間違って操作しても前の馬にちゃ~~んと付いて行く様にしつけられています
少しでも乗馬経験があれば、(牧場にもよりますが)かなり自由に森の中や、川の横断もさせてくれる所もあるんですよ

海は本当に美しく、エメラルドグリーンがとっても眩しかったです

底がガラスになっている船でクルージングすると、足元に広がる鯛やカワハギの群れ…
黒いのはウニです

そして食事…
今回滞在したウィティアンがは海産物が豊富で、やっぱりここで一番食べておきたいのが『マッスル』と呼ばれるムール貝

薫製やガーリックで炒めた物が多くとっても美味しいけどマリネにしたもの、パテにしたもの、揚げ物なんでも絶品です
このプレードはマッスルづくし

そして何より私がニュージーランドの最大の魅力と感じるのが…時間の流れ方

かつての同僚KathyとBobを訪ねた際撮影した彼らの庭
イギリスのガーデニングを思わせる素敵な空間

一日が日の出と共に始まり、日没と共に終わる…そんな感じ
日が昇ると辺りが緑一色にパァ~と明るくなり、仕事(授業)の合間にお茶を頂き、また日が沈むにつれて『あ~今日も一日が終わる』と誰もが認識して、辺り一面の空気が一斉に『シ~~~~ン』って言っているかのような静寂の中空を見上げたら信じられない程の星が空いっぱいに広がり、そして(電気代がとても高いので)最低限の明かりの中のんびり本を読んで眠りにつく…
そしてまた眩しい緑と暖かい日の光に起こされて目を覚ます…
(´Д`)ハァ…~ため息が出ますね

留学にも、旅行にも、本当に環境が良く素敵な国なんです
自然と調和した本来あるべき本当の人間らしい理想的な生活がきっと出来るそんな国だと私は感じています
『あ、もう1年終わってしまったぁ~』と言うセリフにはほど遠い、ゆっくり年を重ねていける場所、そんな気さえもします
今回でP&Aの留学は3回目の渡航でしたが、今回も本当に子供たちをここに連れて来られて良かったと思いました
支えて下さった現地スタッフの皆さん、送り出してくれた保護者の皆さんに本当に感謝しています
また次の企画も実現出来る様に、今後とも留学に取り組んでいきたいと思います
※留学のメリットとその効果については次回のレポートNo.4をお楽しみ

是非ぜひ、単独で、親子で、またP&Aの企画で留学してみたいと思う方、興味のある方はご相談下さい
ニュージーランド以外でも提携させて頂いている学校はいろんな国にあるので相談OKです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のニュージーランド留学2017 No.2

2017年05月02日 | ピーター&アリス英会話教室
さて、お待たせしました
ピーター&アリス英会話教室の春のニュージーランド留学レポート第二弾の今回は『ニュージーランドのホームステイ生活』についてお話したいと思います
P&Aの留学では到着した初日からそれぞれホストファミリーのお宅にお世話になります
基本的に小学5年生までは2人一組、6年生以上は1人でファミリーの一員として現地の家族と共に過ごします

初日、まだドキドキ冷めやらぬまま初対面・・・


こちらで紹介してもらったホストファミリーさん達は、厳しい審査に合格し経験豊富なベテランさんばかり


完全に希望通り…とはいかないけど、『子供のいる家』『ペットのいる家』などある程度希望通りになる様にと上手くマッチングしてくれたコーディネーターさんに感謝感謝

これから始まる生活にワクワクって感じだね

現地ではホストファミリーさんが本当の家族の様に接してくれ、またお世話をしてくれるの。
その紹介をこれからするんだけど1点だけお断り
ホストファミリー宅には先生がお邪魔する事が出来なかったので、今回それぞれの生徒が撮影した写真をもらったんだけど…
写真が…ほとんど無い
と言うのも、連日盛りだくさんで写真を撮る暇がなく夢中になって過ごしていたとの事…
なので写真の質、ピンボケ等など多々ありますが、子供達がカメラに構う時間を惜しみながら全力で満喫したと言う事でご了承くださいね

まずは泊めて頂くお部屋の写真から…
ちゃんと自分専用の部屋があるんです

その家の子達も本当の兄弟の様にじゃれくるし…

それにお父さんとお母さんだって、学校までの通学は原則保護者が学校まで送る事になっているのでちゃんと行きも帰りも我が子の様に送迎してくれる

会ってたった1日だけど、すっかりファミリーの一員


そうそう、現地について3日目、水泳の授業があるから水着持参って前日に言われてたのに忘れてしまった子がいて…
どうしようかと思いながら一応自宅に電話してみたら運良くお父さんが家にいたので、『カバン勝手に開けていいので、すみません水着を探してもらえませんか?』って言ったら、お父さんがあちこち探してくれるんだけど、『女の子の水着ってどんなの??』『え?もしかしてこのスカートみたいなのかなぁ???』『えええええ???あ、これが上でこれがもしかして下??』『う~~ん、良く分からない…オーマイガー!!』ってちょっとお年頃の女の子の扱いに戸惑いながらも一生懸命にお父さんしようとしてるって、話を聞いて直ぐに感じられて、本当に心からその優しさが嬉しかったし有難かったヽ(´>∀<`*)ノアヒャヒャヒャ!!
で、最後には無事に見つけて親切に学校まで届けてくれたの
ちょっとテレくさそうに、でも汗びっしょりになって…
『ここ最近で一番焦ったよ~』だって(笑)
本当に一生懸命、家族のピンチを救ってくれたヒーローパパさんでした

さて、今回お邪魔したご家庭は本当に様々で、ビーチ沿いに住んでいるファミリーもあれば、新築の新しいお家のファミリーもあったり、シングルママさんのお宅や、動物がいっぱいのお宅と本当に様々
だから滞在したお家によって体験した事も様々のようでした

こちらは学校の帰り道に大きなカジキマグロを釣り上げた釣り船を見かけて、お母さんが起点をきかせて止まって一緒に記念写真を撮らせてくれたんだって


こちらのお宅にはお庭に大きなトランポリンが

また家が海の直ぐそばだから降りて『ウニ』を採って食べたりしたんだって


あるお宅ではお料理上手なお客様が来たりしたらしく、夕食がとっても豪華で美味しかったって

ロブスターに牡蠣、いろんな海鮮でサラダみたいなのを作ってそのどれもがとっても美味しかったらしい…羨ましい

どのお家のお庭は広いから思いっきりいろんな事して遊べる


憧れの猫との生活にうっとり


優しいお姉さんにも会えた


たまたま滞在中に誕生日を迎える生徒がいて、何とお家でお誕生日会を開いてもらえ淋しいどころか、異国でとってもハッピーで貴重な体験をさせてもらえた…

ここまでホストファミリーさんから温かい歓迎を受けて、本当に胸がいっぱいです
ケーキは仲良く兄弟で分け合えたかな???

ガレージではお父さんが工具の使い方を教えてくれた

使った事がない道具をいろいろ試させてもらえていろんな勉強になったって

それにお父さんが自分で制作したカートにも乗せてもらえてとっても感激したらしい


初日は英語が上手く聞き取れなくて何を言ってるのかわからなかったけど、徐々に耳は英語に体は生活に慣れてきて最後は…

帰国の日は早朝4時出発にも関わらず、お母さんが優しく見送ってくれた
日本の家族にも会いたかったけど、もう少し長くいたかった…

ある生徒に日本とニュージーランド、どっちに住みたい?って聞いたら『ニュージーランド』って
またいつかニュージーランドの家族に会いに行きたいね
世界にまた会いたいって思える家族がいるって、何だか素敵ですね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加