Arice in my wonderland~とことこプチ旅日記~

お勧め映画の感想、見どころなどの紹介や日々の日記、それからビーズアクセサリーについて語っているブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お勧め映画:宇宙戦争

2005-08-17 20:46:45 | About movies
スピルバーグのスリルある新大作!!

異変は、アメリカ東部の町に起こった。
立ちこめる暗雲から稲妻がほとばしり、落雷地点が脈打つように震動する。直後、人々の眼に信じがたい光景が映った。地中深くから巨大な三本足の“物体”が姿を現し、人間を手当たり次第に抹殺し始めたのだ。
一部始終を目撃した港湾労働者のレイは、別れた妻から預かった息子と娘、ロビーとレイチェルを連れて町を脱出。安全な場所を探して車を走らせるが、“物体”は世界各地に同時多発的に出現していたのだった。
人類が初めて体験する宇宙からの侵略。最期の時を前に、人々はただ怯えることしかできない――。

希代のヒットメイカー・スピルバーグの本領は、感動やヒューマニズムではなく、パニックやショッカーの分野でこそ発揮されてきた。
『激突!』のタンクローリー、『ジョーズ』の巨大鮫、『ジュラシック・パーク』の恐竜、『プライベート・ライアン』の戦車。
スクリーンに得体の知れぬ恐怖が現出するとき、彼の鬼才は沸点に達し、観客を“未知との遭遇”に誘う。
その巨匠が「リアルで恐い、本物のSF映画を作るときが来た」として取り組んだパニック・スペクタクル。
俳優の演技も、進化したCGも、本気印のジョン・ウィリアムズの音楽もすごいが、普段の生活が異星人の襲来にさらされる冒頭部の演出が圧巻で、映画が達した前人未踏の領域に感動すら覚える。
テーマとなる家族愛が、ヒロイックな美意識ではなく人間の生存本能として描かれている点も、従来の劇映画の常識を超えている。

監督
スティーヴン・スピルバーグ

出演
トム・クルーズ
ダコタ・ファニング
ティム・ロビンス
ミランダ・オットー
ダニエル・フランゼーゼ

正直私には理解に苦しんだ・・・。
スピルバーグの大作だと聞いてどんなもんかなぁと気にはなっていましたが、なぁんかなぁ・・・・。
E.Tとかの方が私は好きでした。
この宇宙戦争には多くのエイリアン的存在の敵が出てきます。
長い間に及ぶ地球への侵略を描いた物語なんですが、地球を侵略しようとしておきながら自分達が絶滅してしまったという・・・・。
一体、何を伝えたかったのか、それが終わってから考えると全然理解出来なかった・・・。私には難しかったのかもしれない。
トム・クルーズ演じるレイは年頃の息子と幼い娘を連れて自分に迫ってくる危機を避けながらも何とかして妻の居るボストンへと逃げ辿り着く。
息子・ロビーは最後の最後、地球が一体どうなってしまうのか、それをちゃんと自分の目で見たい!と父親・レイに告げる。
父親としてはやっぱり自分の子供なわけで、彼らを安全な場所に生きて連れて行きたいと思う。
しかし、ロビーは危険な場所に行ってしまった。
その時、私はロビーは死んだものだと思ってしまったわけである。

レイと娘のレイチェルがボストンに着いた時、何故かロビーが先に到着して感動のハグ??私の頭は余計に混乱した。(笑)
あれ?あの時、死んだんじゃなかったの?って。(笑)
まぁ、生きてたわけだし問題はないんだけど、最後の最後ってこれまでのストーリーを振り返ることが出来るじゃないですか。
私はいつもこれまでのストーリーを振り返って、この映画はこうだったなぁ~と感じひたったりする。
でも、この映画は「・・・・稲妻に乗って来たエイリアンみたいな奴が勝手に地球で暴れ散らしたあげく自滅?レイ達は特に何かしたわけでもなく、取り合えず彼らから逃げて逃げて生き延びた。それだけは理解できたが、一体どう感じていいのかわからん・・・。」と思ったわけである。
とにかく、お子ちゃまな私にはもっと易しい内容でないとついていけないようである。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 気になる映画:星になった少年 | トップ | 気になる映画 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (keicyuke)
2005-12-24 08:21:57
お返事遅れてすいません。

TBありがとうございました。

私はあまり難しいことを考えず、ただただ凄まじい描写だけを楽しんだので、この作品はなかなかの高評価です。

でもさすがに死んだとは思っていなかったけど、ロビーが普通に最後登場するところと、自滅ってオチはちょっと拍子抜けしちゃったかな。まぁ家族愛も盛り込まれた映画だし、ロビーを殺しちゃうのはやっぱマズいと思ったのかな。



To keciyuke (arice)
2005-12-28 12:02:03
Thank you for your coment.Now,I can't write any news story.Because I can't typeing in Japanese....What should I do when I can't change in Japanese?????Oh my God!!!Plese tell me if you know how to change in Japanese.

OH! (keicyuke)
2005-12-28 22:45:14
ありゃりゃ、日本語変換ができなくなっちゃったんですか?

手っ取り早いのが初期化だと思いますけど、他になにかありかな。IEの再インストールとかかな。
Thank you very much!! (arice)
2005-12-29 17:37:16
...OK.I'll try to do it....Anyway,I'd like to write in Japanese!!!Help me!!!!

コメントを投稿

About movies」カテゴリの最新記事

トラックバック

宇宙戦争 (2005) (嗚呼 Every day of a MOVIE)
好き度:★★★★★★★★★☆ 主演はトム・クルーズ、共演にはダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン。 監督はスティーブン・スピルバーグ。 (7月6日現在)公開中作品の為、未見の方は読まない方がいいかと思います。 アメリカ.