シューベルトの「冬の旅」

2018-01-07 | 音楽
紛らわしいが、書名である。
バッハ、ブリテンをはじめ、お気に入りの曲の多くを歌っているボストリッジ。
大袈裟に言えば何を聴いてもボストリッジの録音という状況に敢えて避けることも多かった。
「冬の旅」も実演を含めて聴いているが、どのように歌曲集を構成するのか興味あるところ。
読み進めるにつれ膨大な知識・情報量とそれらの関連付けに驚かせる。
すべての歌手(演奏家)が演奏にあたっては相当の準備はされていることと思うがここまでとは。



譜読みでもはじめましょかね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« あけましておめでとうございます | トップ | カンブルラン/ファウスト/読響 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。