カンブルラン/ファウスト/読響

2018-01-21 | コンサート
13日に続き、読響へ。
注目はファウストのソロのブラームス。
繊細で美しく響かせるが、オケに充分対抗できる音量もある。
これだけのブラームスを聴くのは四半世紀ぶりか?
アンコールのクルタークも清廉に。

マーラー編の管弦楽組曲は第1曲(2番の序曲)を欠くというのが残念ではあったが、
ここのところ、ゴージャスなカラヤンのバッハ(マタイとロ短調)を聴き直してていたせいか違和感なく浸る。
古楽一辺倒だった頃ならこうは聴けないかったろうなあ。

ブルックナーでも感じたことなのだが、カンブルランのドイツものが変化しているような気がする。
以前はフランスもので聴かれるような、色彩感とか光彩感とかいったものが影響したかのようでドイツものはに違和感があったのだが、
ここへきて憑物が堕ちたように重厚感のようなもが増したようである。時に反応の良すぎるオケが暴走ぎみに鳴るのはご愛敬。

みなとみらいホールで聴くのは久しぶりだと思うが、こんなに音よかったか?
なにはともあれ、満ち足りた休日の午後。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« シューベルトの「冬の旅」 | トップ | 月食 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。