マイスター/読響 マーラーSym3

2017-12-12 | コンサート
マーラーの中では最も苦手な3番。それでも、最近聴けるようになってきた。
そこへもってきて、マイスターはまさに、サラッと入ってきた。
きっとそんなことはないだろうが、無作為に、あたかも指揮者が存在しないかのように。

ソロの藤村は、響きを作るというのがどういうことなのかをみせつけられたよう。圧巻。
ただし、この曲には個人的には硬質に過ぎたように思う。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アッシジの聖フランチェスコ | トップ | TOWERS Milight2017 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。