おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

しょうぎにかつための5つの方ほう

2019年10月19日 | 将棋教室

 うん、今日の土曜教室は小2男子ばっかりだったので、漢字が使えんな~(苦笑 あと難しい言葉づかいをしないように注意しないと…

 「相手の駒を取るということは、自分の駒が一枚増えて『同時に』相手の駒が一枚減って、二枚の差になるんだ」と言った後で、(同時?ってムズいよな…)とあわてて言い直そうとするものの、うまく言えずにアセってゴニョゴニョして誤魔化すw

 1つめは「コマを取る」(取るにはフリガナ付きね)、2つめは「王手と詰み」(詰みにも略…)と思っていたんだけれど、1で結構時間を使ったので(まぁ、詰め込むのも何ですおすし)、10枚落ち~平手でとにかく対局させてみた。

 …いや、どっかで『数の攻め』を入れなくては。1)駒得⇒2)詰み⇒3)囲い⇒4)手筋、までは考えてたんだけど、1と2の間か、2と3の間に入れる項目ができて、これで5つそろいホッとする。(「5つね!」と言いつつ、考えてなかったw 『王様のレストランの』「3つのw(草ではナイw)」、「5つのp」…)

 ちょこっと時間ができそうなので、冬が来る前に少し作っておきたいけれど、…あれ、あんまりいい教材がない? いろいろ漁ってみます。

  

 こんなんっで良ければ苦労しない…と、特に振り飛車党のウッキーは思うのだな。ふじいてんてーも「こんなに相振り飛車戦でたくさん歩がある図になることなんかない!」と、ゆうてましたw

  

 棒銀以外で数の攻め、って図(実戦で出てきそうな図)を考えてみますかね、っと。(考えてみると言っただけで期限は…)

コメント   この記事についてブログを書く
« 落ち着いて…深呼吸して… | トップ | 安堵…心から安堵 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将棋教室」カテゴリの最新記事