おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

どれだけ読めば…

2019年09月16日 | 三間飛車

 昨日のエントリの続き。▲7四歩に△7七銀と打ち込んでいったのがポカ(後手玉に即詰みが…)で、

 

 正解は△7七歩成だった模様。(嘆息 

 

 これに対して、と金を取る1)▲同桂 2)▲同銀 の他に、3)▲6九玉と落ちる手もあり、▲6九玉なら△6八と、と銀を取る手に、先手も3-1)▲同金右、3-2)▲同玉、3-3)▲同金左、とここも3通り。

 また1)▲7七同桂の後の△同香成にも1-1)▲同銀と取る手と1-2)▲同玉取る手、1-3)▲6九玉とする手、

 

 同じく2)▲7七同銀に△同香成りのあと2-1)▲同桂と 2-2)▲同玉と取る手、2-3)▲6九玉があるわけで。 

 

 もし、上の2図で▲同銀、同桂としたあと、後手は△8七香成から△7五桂と絡んでいくしかないんだけれど、先手も4-1)▲8六と上に逃げる手と4-2)▲7八玉と逃げる手があるわけで…

 

 先手の7七の駒が銀で▲7六玉と逃げるのなら、△8五銀!とタダの所に打つのが好手で寄ってるっぽい。また7七が桂なら▲7六玉には△8七銀で寄るっぽい。 「ぽい」ばっかでなんだな(苦笑

 

 長くなったんで、また明日にでも。(長くて図ばかりだけど読む人はいるんだろうか…?)

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 「終盤」のカテゴリー作ろう... | トップ | 落ち着いた速度計算が必要です。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

三間飛車」カテゴリの最新記事