おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

目の付けどころ?切り替え?

2019年11月09日 | 将棋(全般)

 昨日のエントリに寄せられたコメントで、「後手は△6七歩で良かったのでは?」と

 

 実戦は△5五歩▲6六馬△7八歩▲6八玉△6七金…イカ王手飛車から後手勝ち、になったのだけど、高段者ならまずそこに目が行くらしい… 若先生も「いや、なんでそこ(7八)に歩なんですかね?」と言っていたのを思い出したわけで。

 先月の名古屋の団体戦から。グンジ君の2戦目、振り飛車にエルモ囲いからの急戦で、少し良さげではあるけれど、飛車が隠居してたり、玉が薄かったりで実戦的にはカナ-リ難しいと思って見てたら、若先生が顔をしかめて「…トン死してます。」と報告に来てくれたのが下図。 

 △がグンジ君

 ちょっと左辺の竜とか歩の位置が怪しいのだけど…先手が8三の馬を自陣に引き上げて粘っこく戦ってる局面。ここでグンジ君は△5五桂▲5六馬△4四桂、と馬に働きかけながら両取りを掛けたのだけど…

  あっ…

 実戦は▲4五馬△3三桂…と進んだのだけど、ズバッと▲3四馬とされたら、△同玉には▲4五角以下金打ちまで。△3二玉にも▲2三角△2二玉▲1二角成以下の詰みが…

  詰んでるのよ

 局後、相手の人も頭を抱えてたけれど、グンジ君も「C級でこれ(くらいの強さ)なんですか…」と嘆息してた。(だから言うたでしょうがw)

 このクラスになると、駒得とか優位に進めるという手だけでなく、局面に応じては一気に寄せ~詰みまでみなくてはイカんのでは?と。 

 ソフトでも解析してるとはおもうのだけど、解析モードから詰み確認モードに入れ替えるように、スイッチを切り替えるというか… 

 若先生のいうようにセオリーの「金をハガす」とか「下段に落とす」の寄せの段階を飛び越えて、詰みが見えたら「中段玉でも寄せる」という感覚も持っていないと、ここからは苦しいんでは?と。

 ということで、二ケタやりませう、グンジ君(たぶんケイト君も)。まずはとっつきやすい右上のみの実戦形なんてどうでしょうかね? 

  19841216 NHK講座

 入会した子がやりはじめるキホンの基本通りなんだなぁ、これ…。 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 明るく、甘い(苦笑 | トップ | ありがたいことで。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将棋(全般)」カテゴリの最新記事