おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

くり返し繰り返し…

2019年12月23日 | 将棋教室

 うん、こっち(1983年9/25)の問題は、何とかできました(ゼーゼー)2回ほとコマを並べたのはナイショw

  田丸七段(当時)出題

 初手は▲3一竜か▲3一と、の二択で、どっちにしても△1二玉のあと▲1三歩で打ち歩詰めなので、それを回避する問題なのだな。単に引くと合駒は飛車か金以外だと龍入って詰み、飛車合いだと切って詰み、でも金合いだと…でコマを並べて何度も確認しても詰まない 打ち歩詰めなんだなぁ…

 ipadに入れて、出先に持っていき、待ち時間や空き時間にツラツラ眺める。(あんまり画面を触るのはハズいのでガマンガマン…) ちょっと引き方を変えてみる。合駒の位置によっては龍入りで詰むのは同じ。

 でも1マス離れるとチュン合いが… うん?あれ以外は1三にうてるじゃね? そうなると合駒はアレ一択なのね…これは取っても王手で打てないのね… そこで▲1三歩△2一玉のあと、王手の千日手??

 で、お外でゴハンを待つウチにその局面まで画面を進めると、ああ、それでコレがあるのか。と初めて納得。 結構いい問題ではないかと。(ウッキー的には。詰めキストの方にはまぁこんなもんでしょ、で終わりそうな。)

 その前の週の問題がサッパリワカンニャイ…(7/31の11手詰めはサクッと解けたのに…) 布団の中で寝ながら考えます。


 昨日の教室のテーマ(?)は、「とりあえず玉を相手と同じくらい囲ってから攻めよう」だったのだが… そのすぐあとのレオン6級ーヨシキ7級の一戦をチラ見したところこんな感じ…

  

 先手側のレオン君の手番で、メリケン向かい飛車っぽい跡がw 8~9筋を破り、銀桂香得と負ける要素は殆ど無いのだけれど、ちょっとだけ玉が薄いのが不安要素?

 飛車先が重いので、▲7七角くらいかしら?と思っていたら、レオン君は▲9五角と角成を見せて飛車先を通す手を選択。一瞬うまそうにみえたのだけど、これはヨシキ君が期待していた一手。

 ものすごい勢いで飛車を走って銀を持ち駒にw レオン君「あっ!……」と叫んだまま固まるw

 

  持ち駒を並べる余裕が…w

 しかし、良く考えて見ればまだ桂香得なので、先手が断然良いわけで… しかし、レオン君は苦しい表情で延々と考える。その間ヨシキ君は本当~に退屈そう。

 「まだぁ~」「早よ指してよ~」とゴネるので、ウッキーが「そういうときは『指したら呼んでね』とか言って他の将棋見ててもいいんダヨー」(ホントは良くない…)と言ったら、即実行wして離席してしまった。

 …結局、この将棋はレオン君が勝ったのだけど、レオン君もヨシキ君も将棋の内容以外の反省点が。レオン君は学んだことを意識してほしいし、逆に居玉でも攻め勝つ(反撃は来るけど凌ぐ…藤井システムみたい)気持ちを。(この将棋ウッキーだとポイント挙げたらすぐに玉形を整備しそう。これも一つの考え方。)

 ヨシキ君はトダ君にも同じようなことを言って負けてたのを見聞きすると、相手が苦しんでるときに冷たく眺める?or気迫をぶつける?などで相手にプレッシャーをかけるように…(ってか、席離れたら、相手の闘志が湧いたり、ひと息つかれちゃうんじゃ?と、ウッキーは思うのだけど。) 

 このへん二人とも一つの壁かもしれないです… 長く通ってきてくれてる子たちなので、もう一段二段と強くなってほしいのだけど、力はついてきてると思う反面、もうヒト伸びできてないもどかしさが。

 1、2年生のカワイイ頃から、もう高学年になったので、残りの小学生時代にどれだけ強くなれるか… ちょこっと意識づけしていこう。(教室に来て2~3ヶ月のトダ君に入れられてはイカンw) くり返し繰り返し話していきますかね。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今日の教室(今年最後…) | トップ | Welcome to the Eleven Leagu... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ユキナリ)
2020-01-04 13:54:38
解けました
ちょっとだけ (ウッキー)
2020-01-04 19:29:47
変化球っぽい手順なんですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

将棋教室」カテゴリの最新記事