おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

記録を残す(2)

2019年12月11日 | 将棋教室

 残りのB組をば。 ここはレオン君とタイキ君が抜けてる感じではあるものの、両者とも大駒落ちの上手を持つなんてことはほとんど経験が無いので、そこらへんだけ不安?波乱?要素かな、と思っていた。

 実際に始まってみると、レオン君が二枚落ちで苦戦しながらも、マジメな性格なので、丹念に指し続け、湯水のように時間が…(苦笑 その甲斐あってか何とか下位陣に星を落とさず後半戦へ。 1級下のタイキ君は飛車落ち(ここら辺、ハンデの差がね… 普段は3番勝負で手直りアリなのでね。)&早指し派なので、意外とサクサク?こちらも順調に。 

 この両者に割って入ったのが新規のトダ君。ナオト君と(アカバ君とも)同じ学校・学年なのでとにかく隙あらば対局してる感じで指し込んでるのが大きいのか、レオン君に一撃を入れてしまった(!?) そうして最後はレオンー▲タイキで、タイキ君勝てば全勝優勝、負ければ三者1敗の勝ち点計算になる一局に。

 レオン君の三間飛車に、タイキ君は王も囲わず一直線に棒銀に…それではイカんと何回も言っているのに(汗 ところが▲3五歩△2二角とよくある形になってから、▲6八玉△6二玉▲7八玉△7二玉…と玉を囲い始め、結局良くある舟囲いvs美濃囲いの対抗形に。

 (▲7七角の意味は…?)

 結果は、タイキ君が攻め勝ち(たぶん?見てなかった!w)見事文句なしの全勝優勝(パチパチ)。これを励みに更に精進してください。(切に切にお願いだから…!) 2位はトダ君がレオン君を躱して初参加ながら見事準優勝(パチパチ)攻守にバランス良く粘り強い感じはしてるんだけど、今度ジックリ将棋を見てみよう。

 3位はレオン君…ほとんど二枚落ちの上手で本当に苦労してたけれど、誠実な将棋で下の子に落とさないようになったというのはそれだけ強くなったんでしょう(エライ!)

 4位は初参加のハルキ君(小5)。レオン君と同じ学校なので、来年度の文科杯までにとにかくパワーアップしましょう、この冬の間に。

 5位も初参加のミラン君。兄のレオン君とマジメな棋風は似ているけど、お兄さんより早く形や戦型に興味を持って採用してる(三間穴熊とか…) どういうふうになっていくのかチョット注目している。

 6位も新規のイワサ君、なかなか他の習い事と重なって来れないこともあるけれど、まだまだ小2なので、これからに期待というところで。(一つ勝てて良かったぁ…) ラスは一般のタナカさん。途中までは文句ないんですが…終盤、相手を攻める・寄せる、ということは、中盤までと別の思考(スピード感)がいりますね。

  焼きカレー

 B組のレオン・タイキ両君をA組に放り込んだらどうだったんだろう… 夏と同じかしらん?(ただレオン君は夏はS級だったし、振り飛車党に転向しちゃったし…) ホントは近い級同士でやらせる(平手で)と成長が見やすいのかも。 でもまあ交流(親善)メインだしね。 普段の教室でしっかり対局してもらおう。

コメント