おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

ありがたいことで。

2019年11月10日 | 将棋教室

 今日はいつもの会場が某国営放送の公開録画のために全館貸し切りのため(私たちの受信料は…)、高山市図書館で教室を行うことに。

 文化会館(築40年)に比べて図書館は築15年の新しくてキレイな建物なんですけど、その立地が観光地のすぐ近くで、休日は駐車場が…(涙

 図書館の駐車場には駐められず、ちょっと遠めの駐車場から、盤駒をエッチラオッチラ運ぶ(しかも坂道を…)だけで、ウッキーのHPはドンドン減っていく(涙

 ヘタるウッキーに対して、今日も参加者は多くて嬉しいような大変なような。他所様では、ブームも去り…という中で、今年秋頃からご新規さんが増えてきたです。 う~ん、何故だろ?

 名前と顔を一致させて、スポ安保険の手続きとサイン本(決してバロー将棋まつりの残りではナイw)のプレゼント(1200円の直筆サイン入りで1000円にプライスダウンしてます。 さぁ、お近くの方は入会しませんか?!w)などを、繰り返してると、誰にしたのかワカンナイ感じになっておりまふ。

 …今日は、アカバ君には幻術が通じたけれど、ケイト君には唱える前に踏みつぶされてしまった(ショック、T_T)のを振り返ろうと思ったのだけど、もう体力がありませぬ。(歳取ったのね…)

 竜王戦のHPで豊島センセイや小林裕センセイ、二日目は西川和センセイも、OLっぽい?ナナコちゃんや和服のタカダ君(明治・大正の書生っぽい?)や、NHKで安用寺センセイを観たりして、何となくホッとする一日でした。(将棋は終盤、大逆転ぽい?大きな三勝目で…)

  某所のモーニングサービス

 あと微妙な連絡が何件か入ってちょっとダウナーな気分に… オフトンに入って夢の中へ逃避行…

コメント