おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

成功は失敗の命の母A

2017年09月28日 | 日記・エッセイ・コラム

 日曜日の教室で、初めてお外の大会に出る小1のタイキ君が心配で、とりあえずは「飛車先突く突くからの棒銀」というのを教えてみたけれど、果たしてどうなるか…

 そもそも初心者に最初に教える戦法って何が良いんでしょうね。 8枚落ちでやった棒銀を平手にも…というのがセオリーかもしれませんけどねぇ。。。 どっかの大会で、お母さんが「教室で先生から習った『鬼ごろし』をやりなさーい。」って子供に向かって言ってたけれど… 教える方も教える方だし、それを意味も分からず押しつける親モナーと見てたです。

 熊坂センセが高山に来た時に中級者へ矢倉+棒銀だったな…と思って、角換わり棒銀でも、なんとなく初級者同士だとこんな感じで矢倉になりそうだな… 

  

 でも、コレどう打開するんだろ?w これ以前に何とかしなくてはイカんのでは?とは思うけれど、こっから一生懸命考えるくらいでもいいか、低学年は?とも思うわけで。

 やってみてわかる事もある。 1年生なんだからとにかくたくさん指してくれればいいと。 ウッキーのクッキングもそう。 とにかく何回もチャレンジですタイ… 例え、豆腐+キャベツ+片栗粉(大さじ1では固まんないよ…)で、崩れまくったお好み焼きモドキとか(涙

  大変でした。

 マイタケを上手く巻けずに、ただの肉キノコ炒めになってしまったり(涙

  グチャグチャ…

 あ、味は変わんないから、涙の数だけ強くなれるさ~ と自分に言い聞かせてまふ。

コメント