おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

これにて良しからが問題1

2008年10月05日 | 将棋教室

 今までアンヌ&ユーキッチ家にネット環境がないと思っていたところ、「たまにHP(ここ)見てますよ」と言われたので、2人の将棋も喜んで取り上げるので、また質問・感想などを書き込んでくらはい。

 で、お姉ちゃんとの将棋。 四間飛車vs居飛車急戦の定跡形。昔はよくやったモノだが…

 An1

 強く▲6五歩△7七角成▲同飛△2二角▲6四歩△7七角成▲同桂△7六飛に▲6七金が好手

 An2

 ここで、今日は△7二飛に▲8三角~6五角成としたけれど、▲8三角では▲6一銀と飛車金両取りの方が良かった。 それで飛車は7四へ引いたときに、▲6六角△3三銀の交換を入れて、そこで▲8三角から馬を作ったのが下の図。△6九飛に▲5八銀とガッチリ受けて先手良し。

 An3

 …というのが、まぁ将棋の本に書いてある、「これにて振り飛車良し」という内容なんだけれども、まぁここからどっちを持っても勝つのは大変だと思う。

 野球で言うと5回を終わって先手1点?2点?リードくらいなので、お姉ちゃんとユーキッチ君で交代交代でやったら、これくらいのリードではユーキッチ君が勝ってしまうだろう(たぶん)

 でも、ここまでの手順の意味を考えながら覚える→先手後手を交代しながら指し進める→手順の終わりから自分たちの力で指し続ける、というのはとても良い勉強法だと思う。 

 来週まで、覚えていられるかな?(笑)

コメント (5)

しゅごキャラ!か!?

2008年10月05日 | 大会結果

 遠征組の結果を速報で聞く。 ユウ君…君の背後に憑いているものは何なんでしょう…? ウッキーは相手のおじいさんに優しく「王手飛車ですよ。」と教えてあげて、後で逆に王手金取りを喰らって逆上したものだが。 サクッと反則を許さず勝つのが後腐れがなくて良いのだ。 この点、師匠を超えてるな(激弱な師匠だけどね 笑) 

 リュウ君とリョウ君は次回また頑張りましょう、かな? というかオールラウンダーってのは、相手の注文に合わせていかなくちゃいけないので、とにかくたくさんの準備と経験が要る。 地道に対局数を重ねるしかない、と思う。 ここんところが大切なんだけど… 数指せなければ質を上げて行かなくちゃ。

コメント