虹のむこうがわ  ~安曇野ペンションあるかすblog~

「あるかす」とはラテン語で虹(arcus)&ギリャ神話の星座(arcas) ~店の裏側もこっそり綴ります~ 

レトロなクリップ照明。スイッチはここ!

2021-09-05 23:59:21 | あるかす新着情報

狭いタイプの洋室=「エコノミーツイン」で使っているベッドサイドのクリップ照明のスイッチについて。。

長年使っていただいているのに、ある日ふと「私はわかっていたけれど、もしかしたら?スイッチの場所がわからない人、居るのかも!!」と思ったのでした。照明器具の上部・黒い部分にポチっと飛び出したスイッチがあるのです。その他、コードにも付いているので、コードをたぐり寄せればいいのですが、下過ぎてかなり使いにくく、実際冷蔵庫があって隠れていて見つけることが困難。

       

    

かなり古臭いので、そろそろ引退の時期なのかもしれません。でもその前に、みんなに意見を聞きました。

「古い?」「スイッチの場所わかる?」等々。色んな人に聞きました。 すると、確かに「古い」は一致しましたが、意外と「まだこのままでいこう、レトロって感じでいい」の多数決で、結果現状維持になりました。ただ、スイッチの場所はわからない・わかりずらい、と言う人も居ました。やっぱり!

そこで、試しにこんなシールを貼ってみました。色んなタイプを作ってみて最後はコレ。

    

 

上の黒い部分に飛び出したスイッチがあるのが分かりますでしょうか? ここを押してください  に、したかった。。

      

でも

ここを押してね となりました。 スペースと文字数の関係でフレンドリー感大!決してふざけてなんていませんよ。文字を小さくすると私だったら見えないから、この大きさになりました ご近所の何でもやってくれるSさんなんて「オレがマジックで〝スイッチはここ”って書いてあげようか?手書きの方が目を引いてわかってもらえるよ」と言ってニヤリと笑うので、即答で「いやだいやだ、絶対ダメー!」と言ってキッパリお断りしました(笑)

お洒落とは程遠い。。ますますレトロ感upです。でも、これならスイッチの場所わかっていただけそうですよね (天然♀)  

コメント (5)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「徒然雑記帳」と「あるかす... | トップ | 「秋」ですね »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
レトロと維持管理 (暇親爺)
2021-09-09 13:21:52
レトロなスポットライト・・・提案
1.維持管理をしっかりとして長く使いこなす・・大賛成
2.電気製品の維持管理
 平均的には、8年~10年といわれていますが、この手の製品は、電源コードを新品に交換、電球をLED電球にする・・(この作業は、マスオさん あなた出番です) このメンテナンスをすれば火災の心配もなくなり、まだまだ使えるはずです。 

 古い製品を使って火災事故が結構ありますから維持管理、事故対策に金を掛けましょう。
 マスオさん・・・あなた出番ですよ。 危機管理の一環・・油断するなかれ・・・。 備品一覧、定期点検、部品交換・・等の記録をとっておくことも大切ですね。 昨日、畑の耕運作業をしようと耕運機を1年ぶりにかけたが、機嫌悪し・・・使った後のメンテナンスが悪いとこうなります。 撫でたり摩ったり声掛けして愛情表現をしっかりとしないといけません。 老婆心ながら・・・。 
Unknown (た)
2021-09-11 20:48:10
凄く懐かしい・・・

30年近くぶり

相変わらず ゆっくり時(とき)が流れていますね

9月13日(月) 双葉さんに行きます
Unknown (ニジ・マスオ)
2021-09-12 13:55:34
暇親父さん、ニジ・マスオです。ご指名有難うございます。そうですね、メンテナンス少しずつやっていきますね。
Unknown (天然♀)
2021-09-12 14:03:12
た さん
コメントありがとうございます!
安曇野は稲穂がキレイに色付いています。
13日は楽しんできてくださいね。
レトロ (暇親父)
2021-09-17 21:56:47
マスオさん ご無沙汰です。 15年くらい前でしょうか? アルカスさんに宿泊・・翌朝、散歩に出かけたら前の道路の左側(左奥の空き地)に40代?の男(地元の方のようでした)が立っていましたので、近寄って立ち話でも・・と思って近寄りましたら、右方向に逃げられてしまいました。(ひょっとしたら、あの男はマスオさんであったかも?) 散歩で近隣住民の方との雑談も旅の楽しみであります。 いつぞや・・・朝の散歩に出かけたら・・犬の散歩をしているおじさんがいました。 近所の住民の方でしたが、愛犬の名前は、なんと「穂高」・・・、「穂高」、「安曇野」が大好きです・・といっていました。 小生も、「安曇野」、「穂高」大好き・・・、コロナが収まったら秋の涸沢に2,3箔して,穂高の見納め(・・の年齢になりました)をしたいです。 オーナーさんご夫妻お元気でしょうか?(初めてお世話になったのは、25年くらい前でしょうか・・・いい思い出ばかりです。)

コメントを投稿

あるかす新着情報」カテゴリの最新記事