虹のむこうがわ  ~安曇野ペンションあるかすblog~

「あるかす」とはラテン語で虹(arcus)&ギリャ神話の星座(arcas) ~店の裏側もこっそり綴ります~ 

虫のしらせ?

2012-11-22 00:02:27 | インポート
先週末、年1回の「野郎の鍋」を、笑いとともに過ごしました。
木曜夜から、早くも旧友1人登場。丁度その日に解禁になった、新酒のワインで迎え撃ち。
金曜日は、とてもいい天気。こりゃ出かけるしかない!!!ということで、おじさん2人が、ママちゃり2台でえっちらおっちら。。。
出発前に、親の仇という位タイヤに空気を詰め込んで、目指すは大町木崎湖です!
うん、何事もなく順調。気温が低くて、手がちょっと冷たいこと以外は。
丁度昼に、大町に着きました。お気に入りのうどん屋さんで昼食の後、木崎湖を目指します。って、特に「これが見たい」というものもなく、1周して帰るだけなんだけど。
西岸から時計周りに進みます。日陰は雪が残ってました。湖の北端から東側に出て、国道から再び湖岸に入ります。1周する直前の木崎湖温泉では、宿泊施設毎に桟橋があって、「これはマイ桟橋?」等と言いつつ。。。

南端の貸ボート屋さん。
玄関前に「忌」の文字。もしかして?
ニジ・マスオ、柄にもなく、こみあげるものがありました。実は3年前のこの時は、偶然、遠目に元気な姿をお見掛けしていたものですから。
家に帰って、真っ先にお悔やみ欄を探しました。
やはり、そうでした。ニジ・マスオが最初に就職した職場のBOSS。
良くも悪くも剛腕で、いつも「夢が広がる話、夢を実現する話をしよう、こういう話が面白いよなぁ」と言い、自分で先頭に立つ方でした。
私が退職してから交流はありませんでしたが、仕事をする心構えを教えて頂いた、言ってみれば恩人の1人です。

ご冥福をお祈りいたします。(ニジ・マスオ)



コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 着信音を変えました | トップ | 昨日の夜のこと、 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いかずち)
2012-11-22 09:10:49
良くも悪くも剛腕で・・・自分で先頭に立つ・・・、こういう日本人がバブルがはじけるまでは、沢山居たようです。

 景気の悪い現在においても、自分で道を切り拓くタイプの人が、きっと突破口を開くと思います。政治も経済もです。

 なつかしい昭和の人が、また旅立たれたんですね。目にしみる、美しい紅葉です。
 いつまでも、このような日本であって欲しいと思いました。

なぜだか、ジブリの「コクリコ坂から」を思い出しました。まだ、観ておられないようでしたら、1枚データディスクをプレゼントしますよ。
Unknown (暇親父)
2012-11-22 21:01:03
マスオさん こんばんは 先輩がお亡くなりになりましたか。
 小生は、現役時代に同期入社が3人もあの世に行ってしまいました。 2人は、クモ膜下出血(たぶん過労死)、一人は自殺でした。
 我々世代は、目いっぱい働かされまして、あの世に行かなくても、胃に穴があくひと、肝臓を痛めてどす黒い顔をしていた人、屋上で紙飛行機を飛ばしていた人(精神疾患)の3パターン・・・小生は何ともありませんでした。 ストレスに極めて強いものですから・・。  死んだら終わりですよ。 親より先にあの世に行ってしまうなんて・・・親不孝者ですよ。 マスオさんも気をつけてください。 それから、親はある日突然、この世から消えてしまいますからね・・・まめに親孝行しておくことですよ。 小生は、この件、後悔しています。
 ああ・・駄目だ・・涙が出てきました。
 
Unknown (ニジ・マスオ)
2012-11-25 00:15:36
「自分で先頭に立つ」、「部下の不手際は自分の責任」
なかなかできないことが、当たり前のように、普通にできる方でした。何度も転職した私ですが、最も越えたい人物です。
「コクリコ坂から」は、観ていません。何かのついでで結構ですので、ご恵送頂ければ幸いです。

私の周りでも、自殺がありました。
事件、事故に巻き込まれるのは、百歩譲って仕方ないとしても、仰るとおり、「親より先」は、駄目ですよね。子分達を見ても、そう思います。
親孝行ですか。ちょくちょく帰省するのは、それも意識しないでもないですが、行くと、疎ましがられるんですよね。。。
Unknown (暇親父)
2012-11-27 07:09:03
親孝行は、元気な姿を定期的に見せるだけでいいんですよ。 物、金の問題ではないですよ。 あなたを生んでくれたお母さんは、息子が何考えているか・、家庭がうまくいっているのか?、人生に迷いが出ているか?・・みなお見通しですよ。 その昔、他家に嫁いだ姉がよく実家に来ていました。 来るたびに、親の家のいろいろなもの(お中元、お歳暮、タオル石鹸陶器小物)を持ち帰っていました。 車で来たときは、米まで(30kg)までトランクに積んで・・・車の後部が傾くほど積みこんで帰って行きました。 女はすごい・・と思いました。 でも親は、喜んでいました。

コメントを投稿

インポート」カテゴリの最新記事