虹のむこうがわ  ~安曇野ペンションあるかすblog~

「あるかす」とはラテン語で虹(arcus)&ギリャ神話の星座(arcas) ~店の裏側もこっそり綴ります~ 

クローゼットの中に眠っていた輸入生地たち!!

2021-02-14 15:24:55 | あるかす新着情報

毎年この時期になると、片付け・不要物の処分をしています。今回はプライベートルーム2部屋に集中。普段使っていない部屋なので、何となく少しずつみんなが要らないモノをここに持ってきて、処分したつもりになっていた…という事態が起こっていました。そんなことにピリオドを打ちたい! 昔、居候していた人たちが使っていたたくさんの敷布団・掛け布団ももう不要です。

お馴染み、ご近所Sさんの助けを借りてスタートです。クローゼットの中から次々と布団を取り出しほぼ片付きました。ところが! 布団の間にこんなものがあったんです。どんどん出てきました。え、え、えぇー。。 見たこともない 布たち 。よくよく見てみると、日本製ではなく海外のものということがわかりました。 

    

  

    

 

イギリス・フランスの国旗? それを見ていたら、「あ、これは10年前くらいに店じまいした叔父が、きっとくれたモノだ!当時は母が快く引き受けてここにしまったのだろうな。。」とピンときました。テーラーの仕事を手広くやっていたやり手の叔父。。いつもキレイにスーツを着こなし、靴はいつもピカピカに磨く人でした。もう他界していて、これらの布を使うことはありません。兄であるオーナーもこれを見たところで、どうしたら良いか悩むに違いない。私の手にはおえないなぁ。。そんなことを言っていると、

Sさんが「こういうの、欲しいって人、必ずいるんだよねー。オレもよくやるんだけどさ、要らないモノあげます!って載せると反響あるんだよ。写真撮ってネットで募ろう!」 そう言うと、即その場で数枚写真を撮って公開してみることに。あっという間の出来事でした。 もちろん、私もそれを願ったわけですし、早く決着したかったので興味深々でした。

そして、翌日!!

     

 

「あるかす」でこれらの布を J(♀)と一緒に並べました。 そうなんです。欲しい人、すぐにどんどん連絡してきてくれたのです。ちゃんといるのですね~ スゴイな。なるほど、そういう手があったのか それが、昨日のこと。早速まずは4束もらってくれる人が現れて、お互いに「ありがとうございます!!」の言葉を交わして。。

そして、本日。なんとここにあった全てが貰い手つきました。32束もあったのに、全て! うれしいー 

もしかしたら、「あげます」 ではなくて「売ります」でも良かったのかもしれない?って? いいえ、そんなそんな。。私もJ(♀)も
全く考えませんでした。その道の専門ではない私たちにとっては、使ってくれて活かしてくれる人がいれば十分だと思ったので、「もらってください」という感じでしたから。 気分は、とっても晴れやかです (天然♀)

 

 

 

 

コメント (2)