西中島だより

ARC建築設計工房の代表のパートナーによる日々雑感です。
日々の暮らしを通して住まいについて綴りたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花梨蜂蜜漬

2007年11月30日 | 食べること
今年も花梨が出回っていたので、
蜂蜜漬を作りました。
風邪をひいた時などにお湯で割って飲むと
喉に良いようです。
花梨の実はちょっと硬くて残念ながら食べられません(試食済み^_^;)



花梨を適当な大きさに切って蜂蜜を加えるだけ。
蜂蜜の量も適当に、瓶に入れて半分位になる位でしょうか。
しばらく置くと、どんどん花梨の果汁が出てきて
瓶一杯にひたひたになっていきます。

このところ、急に寒くなったりして、早速風邪をひいてしまい、
早く飲みたいなあと思いながら、瓶を眺めています^_^;
冬の常備薬?です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

実のなる木 収穫♪

2007年11月27日 | 食べること
実家で着々と育っていた柿の実、鳥に葉を食べられて、
落果もして、心配していましたが、数少なくなった
残りの実は何とか残ってくれて、とうとう収穫しました♪



大秋柿という種類だそうです。
見た目は色も薄く、大きさも普通位で、山の柿のようです。
剥くと、中の実もやはり薄い色です。



でも外で触る感触よりも、中の実が柔らかく、とても甘かったです。
父の丹精こめて育てた果物が戴けて、感謝!(^^)!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

黒猫親子のその後・・・

2007年11月26日 | 日々雑感
先月、我が家のガレージで子猫を生んだ黒猫と子猫たち・・・
我が家を出て行ってから、時たま声は聞こえるけれども、
姿を見なかったので、気になっていましたが、
先日、家族が親子を発見。

お母さん猫が尻尾を高く上に上げたまま、ゆうゆうと
歩くその後ろを、2匹の子猫が、同じように真似をして
尻尾を上に上げて歩いていたそう。
ちゃんと無事育っていたんですね。
我が家の狭い庭もよく猫に荒らされるので、困ってはいるものの、
たくましい母猫には完敗です。

それにしても、子供は親を見て育つのを目の当たりにしたと
いうところでしょうか。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リベンジ ロコモコランチ!

2007年11月22日 | 食べること
先日、家の近くにハワイアンレストランを発見しました。
友人に連れられて入ったのですが、
スープ、デザート、コーヒー付のロコモコランチや、
パスタランチメニューがお手頃値段でありました。
(常にこういうランチを探しているような・・・^_^;)

実はロコモコに関しては、ちょっと苦い思い出がありまして・・・
以前、よそで、ハワイの名物料理と聞いて、
どんなものか知らずに、注文したことがあったのですが、
出てきたのは、普通のライスの上にハンバーグと目玉焼きが
載って千切りキャベツが添えてあるだけのものでした。
美味しいとは思えず、これがハワイの料理?とショックを受けました。

そんな過去があったので、今回ロコモコランチを頼むのは、
かなりの勇気が要ったのですが、
メニューの写真で見る限りでは美味しそうに見えるので、
リベンジで注文してみました。
ハンバーグの上に熱々のデミグラスソースと、温泉たまごが載って、
その横にパセリ入りのバターライスと、クリーミーなドレッシングの
かけられた野菜サラダとマカロニサラダが添えられてありました。
ソースも美味しくて、やっと汚名挽回です♪

そのお店では、ハワイアンが流れていて、
何と月に一回はそこでハワイアン音楽とダンスのライブもやっているのです。
こんな近くで食事をしながらライブが聴けるなんて嬉しくなりました♪
何としても行ってみたいと、算段中です(笑)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

DVD鑑賞  かもめ食堂編

2007年11月21日 | 日々雑感
この映画が公開された時はあまり話題になっていなかったので、
どんな映画かも知らなかったのですが、
その後、断片的に漏れ聞く話を総合すると、
食について興味のある者は一見しかるべしという結論に
達しまして(笑)鑑賞することになりました。

内容は、どういうわけかフィンランドで食堂を開いた女性と、
その食堂に集まる人達との交流や食へのこだわりを
淡々と展開していく話です。

特別なドラマチックなストーリーの展開があるわけでも
ないのですが、小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさん
という、個性的な3人が何ともいえない雰囲気を醸し出していて、
知らず知らずのうちに、観ているものもかもめ食堂で
癒されていました。

特に店の主人を演じる小林聡美さんには驚きでした。
彼女はどちらかというと3枚目的キャラクターの役が
多いのに、この映画ではとても素敵なたおやかな日本女性を
演じていて、又、それがとてもはまっていました。
彼女こそ本当の俳優なんだと感心しました。

そして、食堂のメニューに出てくるおにぎりやら、鮭の塩焼きやら、
豚のしょうが焼き、煮物など、それにシナモンロールとコーヒー。
本当に美味しそうです♪

観終わった後、我が家でおにぎりをにぎる回数とコーヒーを
いれる回数が増えたことは言うまでもありません(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最後の秋野菜と冬野菜の到来

2007年11月19日 | 田んぼや畑のこと
とうとう木枯らし一号も吹いて、急に寒くなった週末、
畑から届いたお野菜は
今シーズン最後のピーマンと秋茄子、そして黒豆。
黒豆は青味の残っているものは、茹でて最後の枝豆に、
茶色くなったさやのものは、このまま残して、お正月の
黒豆用になります。
もう黒豆に変身しているものもありました。



夏の茄子を剪定した後、又復活してできていた秋茄子は、
熱々のメニューがほしくて、オリーブオイルで炒めて、
レトルトのミートソースをかけてチーズを載せて、簡単グラタンに。
あっという間に取り分けてしまい、写真はお皿の半分です^_^;



肉厚のピーマンは網で焼いて、ポン酢で。
ピーマンの思わぬ甘さにびっくり!

そして、どんどんでき始めた冬野菜も。
丸大根に辛味大根、菊菜に間引いたかぶら、



せっかくの無農薬、有機肥料のお野菜なので、丸ごと味わおうと思い、
大根は皮も剥かず、葉とイカと一緒に炒め煮にしました。



熱々の大根の甘みと苦味が何とも言えない冬の味でした♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

芋煮の季節

2007年11月15日 | 食べること
なかなか寒くならないと言いながらも
朝晩が冷えるようになってくると、
我が家の食卓に登場してくる煮物に芋煮があります。

もともとは子供の小学校時代の給食の献立表に
載っていたもので、子供達が美味しいと言っていたので、
載っていたレシピで作ってみたら、ほんとに美味しくて
以来、すっかり我が家の定番料理となっています。
(給食が美味しい料理として、家でリピートするなんて
私の時代では考えられないことでしたが・・・笑)

冬の根菜を味噌で煮込むのですが、甘みのある出汁が
根菜類によくしみて根菜がたくさん食べれます。



芋煮 4人分
 豚肉 100g
 里芋 120g 一口大に切る
 大根 100g いちょう切りし下茹でする
 人参 1/3本 いちょう切り
 板こんにゃく1/2枚 茹でて短冊切り
 油揚げ 1枚 一口大に切る
 ちくわ 1本 小口切りにする
 
 砂糖  大1
 みりん 小1
 濃口醤油小1
 赤味噌 大1と小1
 赤だし味噌 大1と小1
 だし汁 カップ1

豚肉を炒め、人参、こんにゃくを炒め、大根を入れて出汁で煮る。
里芋を加えて味噌以外の調味料を入れて煮込む。
残りの材料を入れてじっくり煮含める。
味噌を入れて仕上げる。

献立表に載っていたこのレシピは4人分とありますが、
あくまでも給食の量の4人分のようなので、
普段はもっと量を多く作ります。
お汁が多いと美味しいので、だいたい材料を2倍位、調味料と出汁を
4倍位で作るとちょうど良い加減のようです。
お味噌は普段使っているお味噌なら何でも。野菜も牛蒡やきのこを
入れてもおいしいです。
鍋料理とはまたちがった寒い季節の一品です。ぜひお試しくださいね。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

さつまいも アラカルト

2007年11月12日 | 食べること
先月、我が家の週末農夫の通う畑で、お仲間から
頂いた、たくさんのさつま芋は、
只今、我が家のおやつに大活躍しております。

中でも子供達の一番のお気に入りは、大学芋です。
さつま芋を素揚げにして、砂糖のシロップを絡めるだけです。
(シロップは度重なる失敗を経て、市販のものを使用なので簡単^_^;)
先日も、大きなお芋5個位で作って、大鉢に盛って
息子とその友人2人に出したら、ものの10分で完食!!
犬のような彼らには要注意です(笑)

このように重宝しているのですが、ちょっと目先の変わった
おやつも作ってみようと思い、新聞で毎週ベターホーム協会が
掲載している簡単お料理レシピに載っていた
『いも茶巾』に挑戦してみました。

やわらかくつぶしたさつま芋200gに砂糖大匙3、牛乳大匙3を
混ぜます。いくらかを別に取り分けて、インスタントコーヒーの
粉と、抹茶の粉を別々に混ぜいれます。
プレーンの生地とコーヒー、抹茶の生地をくっつけて、ラップで
包んで絞ったら出来上がりです。ほんとに簡単レシピでした。



コーヒーや抹茶の味がお芋とブレンドされて、美味しい!でした。
でも、ちょっとあっさり味ですので、
甘いのが好きな方はこの中に餡を入れたりしてもよいかも。
(甘党の我が家では早速リクエストされまして、只今餡子を製作中^_^;)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ようやく秋色を発見

2007年11月10日 | 自然のこと
11月に入っても、日中は暖かく、なかなか秋を
感じにくいこの頃ですが、近くの公園を
通ると、さすがに紅葉した木々が増えていて
きれいな秋色に染まっていました。

公園の小路は紅い楓のトンネルができていました。

森の中は背の高い木が、てっぺんから陽射しがあたって
何とも神秘的な雰囲気で気持ちよいです。

 春には春の色、夏には夏の色、秋には秋の色、冬には冬の色と
それぞれ季節にぴったりの色を自然は表現してくれているのを
みると、その存在の大きさを感じずにはいられませんね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

建築士事務所の講習会に参加しました

2007年11月08日 | 建築のこと
建築士事務所協会が主催する
講習会に参加しました。
こういう講習会は、講演者はいわゆる
講演のプロではないので、えてして
聴いているうちに図らずも、
寝てしまうことが多いのですが、
今回は、建築界を震撼とさせた
建築基準法及び建築士法の大幅改正を
受けての講習会だっただけに、
さすがに寝ている方は非常に少ないでした。
(ほんとに寝ている場合じゃなかったですね)

 今回の改正の影響による建築業界の冷え込みは
深刻ですが、それとは別に建築士のあらゆる
責任と能力が問われる時代になってきたと感じます。
従来からほとんどの建築事務所は責任を持って
仕事を引き受けていることに変わりはありませんが、
その重みが増したように思います。
 各自がその重みに耐えられるだけの技術や能力を
常に蓄えていかなければならないと感じました。
 これからの事務所運営に関して刺激を受けた講習会でした。







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする