オスモカラー塗装仕上げフローリング、滑り止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

好きな色や心ときめく素敵なデザインのフローリングやペットに優しいフローリングなら毎日がもっと楽しくなります。


安心できる良い物を使いたい

2016年09月26日 | オスモ系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

朝一番の電話は関東の業者さんからでした。
業者さんは「フローリングをオスモカラーで塗装したのだが、
塗りにくく乾燥に時間がかかるので手際の良い他の塗料に変えたいのだか
どの塗料がいいか判断できないのでアドバイスしてほしい」との事でした。

私は驚きました、他の塗料に変える理由が「塗りにくい、乾きが遅い」だなんて
自然な物は手間暇掛かるのが当たり前、自分の勝手な都合で安易な方向へ
行くのなら、いっそ新建材を使う方がいいと思いますが、
勇気出して電話してきたんだから
「最近は一回塗りで良いらしい塗料も出てますし、水性塗料と言う手もありますよ
不純物が多く混ざるほど簡単に塗装できますが耐久性等も低いです・・・」
と一通りの説明をしました。

簡単なのに性能が良い なんて滅多にないと思いますよ

オスモカラーは決して難しい塗料ではありません、
本国ドイツでは普通の方がご自身の住まいを大切にしたいのでご自身で塗装されます。
昔からある商品はは決してブレる事はありません。

念のためオスモカラーは100%ピュアじゃないです。
生活するとなれば、汚れやカビが生じますので、
少しの薬品が必要なんです。薬品といっても
環境に対応している安全な物です。

100%ピュアが本当に良いと思うのなら無塗装をお勧めします。
コメント

積極的に提案します/DEESAWAT TEAKWOOD FURNITURE

2016年09月23日 | DEESAWAT
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルフルインク

バンコクより帰国一番の電話は神戸のお客さんがフローリングの相談
で23日昼前に来られると言うことです。

22日に広げ放題していたチークファニチャーを汗だくになって片付けました。
(本当はいいきっかけになったのです)

ボトルとハーフボトル見やすく入れ替え、ネストパーテーションを1組並べ

バードハウスとハンガーも見れるように置きました。

ベンチと残りのネストパーテーションは2階に持って上がり
なんとか展示している様になりました。

持ち主のHさん、安心してください大切に扱っていますから。

予定どうりに神戸からお客さんが来られましたが
フローリングの話で時間がいっぱいになり
チークファニチャーまで気が回らなかった様でした。
コメント

強みは「自分で塗装仕上げしています」

2016年09月22日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

設計士さん、お施主さん、コーディネーターさんの好まれる色に
ハンドメイドで塗装を施すフローリング屋なんて私しかいないはずだったのに
最近はどうも居られるようです。

そのような方と相見積もりになっているのかどうか知りませんが
価格の事での問い合わせもよくあります。

聞いて欲しいのは「価格」ではなく「塗装方法」なんです。

他店との違いは
「全て手作業でのオスモカラー塗装仕上げ」
「オスモ社標準塗装仕様を守っている」
「自社で塗装を施すから、作業前の商品チェックができている」
「現場での不足分も素早く対応できる」
言い出したらいくらでもありますが、
やっぱり「自分で塗装仕上げを行っている」事がが違いでしょうね。

サンプルも全て自前で作ります。

可愛い色だってできます。

「木」本来の色合いがお好みでしたらフロアークリアーラピッド#3262艶消し仕上げをお勧めします。

オスモカラー塗装仕上げフローリングはお任せ下さい。

コメント

定番になったボルドーパインフローリング

2016年09月14日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

業者さんのスタイルにマッチしたようです。
フローリングで悩んでいたらしく、私と知り合いお話を伺って
ボルドーパインのリンテリアに合った着色塗装を薦めたところ
あれ以来、ずっとご購入いただいております。

出回っている安価なパインフローリングとはちょっと違います。

今回の現場は、少しくすんだ色調です。
オスモカラーウッドワックス#3122アンチックパイン
明日現場に届けます。

いい出会いになれた事を感謝します。

【商品情報】
ボルドーパインフローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/2000mm×15mm×120mm
形状/ワンピース、節付き、エンドマッチ
着色/オスモカラーウッドワックス#3122アンチックパイン
入り数/1ケース、7枚、1.68m2

コメント

一件一件確実に対応します。

2016年09月14日 | 納品現場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

元は設計指定のフローリングだったのですが、あまりにも高い金額を提示され建築業者さんは
困られて私に相談がありました。
それはブラックウォルナットの130mm巾、乱尺、ラステックグレード
フローリングマニアの私にとっては何の問題もありません。
設計指定の業者が提示した販売価格の高い事はそりゃビックリです。

ある一定以上のグレードのフローリングを作れる工場は限られていますので
すぐ同じ工場で作られているフローリングを輸入している商社に連絡して
今回の納品となりました。

話が入り、2ケース現物を仕入れ、実物を確認してもらい
承認を得て、納品まで土日を含んで一週間。
素早い対応と同じグレードで価格は40%ほど安く仕入れる事が出来た
建築業者さんはたいそう喜んでおられました。
本当に良かったです。

フローリング販売業者が利益取りすぎているのか、間に業者が入っているのか
よくわかりませんが、適切価格はどこなんでしょうね。

総数70ケースになり、一回では納品できないので二分割にしました。

▲初日、1階開口部部に下ろしました。室内で大工さんが取ってくれたので
搬入は一瞬で終了しました。

▲二日目、現場に到着すると昨日の開口部部に下ろしたフローリング娘は
2階に上げられていました。

▲二日目も開口部に降ろさせていただきました。

1.2階全てウォルナット ラステックグレード貼り これはいい感じに仕上がりますよ
完成が楽しみです。




コメント

DEESAWAT TEAKWOOD FURNITUREがやってきました。

2016年09月12日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

ちょっと色々ありまして、ご購入戴きましたDEESAWAT OUTDOOR FURNITUREを
当分の間倉庫で預かる事になり、土曜日の夕方10トントラックに揺られてやってきました。
購入いただいたお客様も一緒にこられ、運送業者さん含め4人で荷下ろししました。

現地で見るとそんなにボリームが無かったのに、もうびっくり倉庫が一杯になってしまいました。












倉庫の二階にも上げて整理整頓、こられた方に見ていただけるようにします。
当然ですが、持ち主様には許可を得ていますので。

興味持たれた方は、気軽に連絡下さい。
他社では見れない「ほんもの」のチークウッドガーデンファニチャーです。





コメント

挽き板フローリングの嫁ぎ先

2016年09月12日 | 納品現場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

快晴だった先週土曜日に京都市内の現場に嫁入りします。

詳しい場所は言えませんが、京都市内の特等地にある低層超高級マンションでした。


▲床暖房仕上げ対応ブラックチェリー挽き板フローリング/オスモカラー塗装仕上げ

▲床暖房仕上げ対応ブラックチェリー挽き板フローリング/オスモカラー塗装仕上げ


▲部屋が広いので、大工さんが割付を行っています。
606mm間隔か909mm間隔か、実際に並べて比べておられます。


アルブルインクの挽き板フローリングはオスモカラーフロアークリアーラピッド#3262艶消し
塗装仕上げを自社工場にて手作業で行っていますので耐久性・撥水性・防汚性に優れ、
他社のオイル仕上げ挽き板フローリングでは行えない「水拭き掃除」が行えます。


▲人気 挽き板フローリング三姉妹 左→右
オーク、ブラックチェリー、ウォルナット
サイズ/1818mm×15mm×150mm
形状/表層3mm挽き板1枚貼り、床暖房対応積層芯材
コメント

無垢もいいけど挽き板もいいですよ

2016年09月09日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

人気の「オーク挽き板フローリング/オスモカラー塗装仕上げ」と
「ブラックウォルナット挽き板フローリング/オスモカラー塗装仕上げ」の注文を戴きました。
いつもの如く運送業者さんの物流センターに引き取りに行き自分で荷下ろしをします。


まずは「オーク挽き板フローリング」からオスモカラーフロアークリアーラピッド#3262艶消し塗装に掛かります。

オークの上品な木目が美しいです。

画像手前が#3262艶消し塗装仕上げです。
落ち着いた雰囲気でしょ。
翌日、「ブラックウォルナット挽き板フローリング」の#3262艶消し塗装に掛かりました。

高級感がありますね。

中央/スタンダートの中国工場の塗装仕上げとの違いがわかりますね。


挽き板フローリング三姉妹、オーク、ブラックチェリー、ブラックウォルナット
そのほかにミャンマーチーク、メイプルがあります。
全て床暖房仕上げ対応になリます。



【商品情報】
挽き板フローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1818mm×15mm×150mm
形状/表層3mm挽き板1枚貼り、床暖房対応積層芯材使用
塗装/オスモカラーフロアークリアーラピッド#3262艶消し 2回塗り
入り数/1ケース、6枚、1.636m2





コメント

床の色は大切です

2016年09月02日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

古家や古いマンションのリノベーションに人気が集まっていますね。
以前は壁紙や床材を張り替えただけの改築工事が当たり前の様に行われていましたが
今は構造体(骨組み)だけにして中身をゴロッとやり変えるのが支流になりつつあります。

ひと昔の様な狭い部屋なんて使い勝手が悪いのでしょうね。
その時の生活スタイルに合わせて空間を自由に使うことがセンスの良い生き方なのでしょう。

シンプルな生活が美とされている現在では、壁天井は単色使いで
床に色をつける。そうすると調度品が冴えてなんだんカッコよくみえますね。


▲なら90ナチュラルフローリング/オスモカラー塗装仕上げ
定番の「なら節付きフローリング」を品のある赤みに仕上げました
下地塗装/オスモカラーウッドワックス#3138マホガニー
仕上げ塗装/オスモカラーフロアークリアーラピッド#3262艶消し

▲定番の「なら節付きフローリング」を落ち着くのある色合いに仕上げました
下地塗装/オスモカラーウッドワックス#3166チーク
仕上げ塗装/オスモカラーフロアークリアーラピッド#3262艶消

▲定番の「なら節付きフローリング」を清潔感のあるオシャレな色合いに仕上げました。
下地塗装/オスモカラーウッドワックス#3191フアンチックファー
仕上げ塗装/オスモカラーフロアークリアーラピッド#3262艶消

サイズ/1820mm×15mm×90mm
形状/ユニタイプ、節付き
入り数/1ケース、10枚、1.638m2

出回っています既成の無垢フローリングでは色を選ぶことは無理です。
アルブルインクは環境に優しいオスモカラーで着色塗装を施しています。
コメント

塗装のプロは違います。

2016年09月01日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

「こんな感じに仕上げれない?」って相談されます。

この画像は、打ち合わせスペースに置かれている
フローリング塗装サンプルの箱なんですが、
SPF材(スプルースパインファー)で棚のような箱を作り、
オスモカラーウッドワックス#3151ダブブルーで雑に塗りました。

この塗装がうすれた雰囲気に興味を持たれる様で
この雰囲気は塗装をしている木材の表面の具合により生じる仕上げなんです。
ザラザラとツルツルに同じ様に塗装するとこんな風合いになるのです。

この風合いを綺麗に表面処理されたフローリングで出すには、フローリング自体に
傷をつけてザラザラにする部分と、更に#800のサンドペーパーで磨きまくる部分が必要です。

私は塗装業者じゃ無いので
そんなに上手く行かないのですよ。


コメント