オスモカラー塗装仕上げフローリング、滑り止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

好きな色や心ときめく素敵なデザインのフローリングやペットに優しいフローリングなら毎日がもっと楽しくなります。


フローリングをメインに扱いだした頃から「くり」でした。

2015年03月28日 | フローリング系
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

15年程前に「くり」フローリングに出会ってから、今でも「くり」がメインになっています。
あの頃は100%フロアークリアー#3032三分艶仕上がりで、ウレタン塗装のような
ピカピカじゃないと嫌がられました。

ここ5年程は、小節の付いたナチユラルグレードに人気が集まり、仕上げは全て
フロアークリアーラピッド#3262艶消しになっています。

今回は「くり120ナチュラルフローリング」を126ケース仕入れました。
物流倉庫からの運賃が勿体無いので、昨日40ケースだけポンゴで持って帰りました。
あとは来週に2回にわけて連れて帰ります。

念のため、全部売れています。



コメント

人気のウォルナットカラー/オスモカラー塗装フローリング

2015年03月26日 | 作業場
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

無塗装仕上げが続く前に
なら120ナチュラルフローリング/オスモカラー塗装に掛かりました。
お客さんが選ばれたのはウッドワックス#3163ウォルナット着色の
フロアークリアーラピッド#3262艶消し仕上げです。

23ケースで35m2 たぶんメインになる部屋に使っていただくのだと思います。
いつも通り、製品チェックをしながら塗装仕上げに掛かります。

ウッドワックス#3163ウォルナットの着色は、木の雰囲気が一番見栄えのする
色だろうと思っています。
ナチュラルテイストの白系の壁には、落ち着いたフラウン系の床が部屋を引き締めてくれます。

1ケース分つづ積み上げて乾燥させます。
刷毛跡やムラがないかしっかり確認していきます。

天気が良いのでシャッター全開で塗装を施していました。


【商品情報】
なら120ナチュラルフローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1820mm×15mm×120mm
形状/ユニタイプ
着色塗装/ウッドワックス#3163ウォルナット
仕上げ塗装/フロアークリアーラピッド#3262艶消し
入り数/1ケース、7枚、1.5288m2

※仕上げにフロアークリアーラピッド#3262艶消しを塗装することで
耐久性、撥水性、防汚性が高まり水拭き掃除と簡単なお手入れで美しさを保てます。
コメント

全てがこだわり/オスモカラー塗装仕上げフローリング

2015年03月26日 | 作業場
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

春が近づく気配を感じ、京都市内と大阪市内の設計事務所さんや
インテリアデザイン事務所さんへの訪問営業が多くなりだしました。

毎日フローリング娘のオスモカラー化粧があるわけでないですから
空いてる日はもっぱら商品説明営業に出かけます。

商品説明時に必ず伝えることは
「商社輸入した既製品を売っているのでは無く、
お施主さんや設計士さん、デザイナーさんのイメージされている雰囲気に
オスモカラーを使って塗装仕上げを施しています。
自分で仕上げるので1枚づつ製品確認を行い、仕上がったフローリングを
基本自分で現場納品致します。
メンテナンスの説明や稀に起きる現場でのキズ補修も対処します。
自分でやるから最初から最後まで責任を持って対応できるのです。」

値段だけではなく、中身を大切にしています。

作り手の見えるフローリング屋です。
コメント

桜にあわせて/京都祇園・みかく様

2015年03月25日 | 納品現場
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

窓下の桜が気になるようです。

京都祇園の和牛肉料理屋「みかく」さんは4月1日のオープンに向けて大忙しです。
2階はこのようになりました。

カウンター越しに料理が楽しめます。

重厚な雰囲気の「ロクファーフローリング/オスモカラー塗装仕上げ」

3階は

カジュアルなテーブル席になります。

琥珀なら90フローリング/オスモカラー塗装仕上げ

もう少しで桜が咲きます。
京都祇園 和牛肉料理 みかく様

【商品情報】
■琥珀なら90フローリング/オスモカラー塗装仕上げ
■ロクファー120フローリング/オスモカラー塗装仕上げ
コメント

省施工/DEESAWATヘリンボーンフローリング

2015年03月21日 | DEESAWAT
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

ヘリンボーンフローリングを敷き詰めた部屋は憧れますね。
クラシカルなインテリアでも

カジュアルなインテリアだって

全く違和感なく落ち着くのが不思議ですね。

無塗装、オイル塗装、ラッカー塗装、ポリウレタン塗装、着色塗装
無節グレード、ナチュラルグレード、アンチックグレード

何と言っても他者との違いは「施工し易い事です」

並べていくだけOK
縦横14枚を裏面のEVAバッキングでつないでいます。
職人泣かせの苦労する施工は必要ありません。
壁際のカットが出来ましたら、DIYでも敷き詰められます。


【商品情報】
DEESAWAT HERRINGBONE FLOORING
樹種/チークウッド、ボイトオーク
サイズ/8+2mm×460mm×640mm
塗装/ 無塗装、オイル塗装、ラッカー塗装、ポリウレタン塗装
裏面加工/合板直貼り用コットンメッシュ貼り
    コンクリート直貼り用EVAバッキング貼り
 
コメント

用途不明のモザイク

2015年03月20日 | DEESAWAT
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

インテリアショップで木質系の小物とか、その手の物を見かけます
例えばカッテングボードだとか、何て言うのか分からない木製品です。
デザインも北欧風で洒落ていると思います。

私もモザイクフローリングを切ってみました。

なんか可愛らしいです

何に使うかのかわかりませんが

ダイニングテーブルの上にあっても変じゃないです


別に用途が無くても良いのかもしれません
そうしとこう・・・

ヤフオクに出してみました。
◼︎ハドンホール
◼︎ドミノ
コメント

オスモカラーを使って仕上げています。

2015年03月19日 | フローリング系
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

「自然塗装仕上げ」とか「自然塗料仕上げ」って記されている無垢フローリングを最近よく見ます。
その自然塗装とか自然塗料って何なんでしょう、そんな塗装方法はあるのでしょうか。

独自で自然界にある油分を配合して塗料を作っているのか、そんな筈は無い。
絶対に塗料メーカーが作った塗料を使っているはずなのに「自然塗料」って記されている。

もしかしたら、中国製だから何使っているのか分からないのかも・・・
あかんあかん怖い話はやめとこう。


アルブルインクはオスモカラーを使ってフローリングを仕上げています。


コメント

実態の無い事業所って・・・

2015年03月18日 | 営業報告
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

提案資料作って、サンプル6枚選別して、気合い入れて新規営業に出かけたのに

訪問予定先が見当たらない、ホームページしっかり見てきたのに・・・
住所はあってる、ホームページは更新されている、でも事務所らしきものは無い。

この前も同じことがあったばかりなのに、
実態が無くてもホームページがうまく作れていれば商売ができるのだろうか


私は毎日京都市山科区の事務所兼倉庫でフローリングのオスモカラー塗装仕上げを行っています。
仕上がったフローリング娘を見たい方は、お気軽にお越しください。



コメント

西南かばフローリング/オスモカラー賃塗装仕上げ出荷しました。

2015年03月17日 | 納品現場
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

老舗問屋さんから戴いた「オスモカラー賃塗装仕上げフローリング」が出荷します。
いつも通りにバレットにのせてラッピングをすませて西濃運輸さんに向かいました。

良い天気なので、足をのばして西濃さんの京都支店まで行ってしまえって

手続きで待っていたら、懐かしい方から「フローリングが欲しいとの」電話がかかり
ありがたことでした。

明日、届け先の材木屋さんに到着するらしいです。

仕上がったフローリングの写真とるの忘れてました。

業者の皆さんへ、オスモカラー塗装仕上げ請け負いますよ。
お気軽に連絡下さい。

コメント

モザイクフローリングのサンプル貸し出しています/DEESAWAT

2015年03月16日 | DEESAWAT
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

モザイクフローリングの現物サンプルは「貸し出し」としています。
しかしほとんど返却されないのが現状です。
返却していただかないと、次の方に貸せないのです。
新建材メーカーの様に、サンプル無料でいくらでも送りますなんて
ことはできませんし、そのような材料とは違います。


今日、昨年末に貸し出しをしました設計事務所より
モザイクフローリングが戻ってきました。
6枚お渡ししたのですが、戻ったのは4枚
残りの2枚は採用頂ける方向で設計事務所に残っています。
あとは、施工会社さんからの見積依頼を待つばかりです。

【商品情報】
DEESAWAT MOSAIC FLOORING


コメント

モザイクフローリング嫁ぎました/DEESAWAT

2015年03月16日 | DEESAWAT
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》


ありきたりのインテリアでは納得いかないクリニックの院長が
喜んで採用してくださいましたモザイクフローリングです。

無機質なクリニックが多い中で、ひときわ上質な空間に仕上がると思います。



【商品情報】
DEESAWAT STANDARD MOSAIC FLOORING
“FINGER BLOCK”
樹種/ミャンマーチークウッド
サイズ/8mm×300mm×300mm
仕上げ/無塗装
加工/4方本実、面取り
裏面/合板直貼り用コットンメッシュ貼り
コメント

ドミノフローリング/DEESAWAT

2015年03月13日 | DEESAWAT
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

ドミノフローリングは縦7個横7個 計49個のピースで組み合わさり
1種類の樹種は1Timber 複数樹種はMix Timber としています。
極端な話、49種類の樹種での組み合わせも可能なんです。


赤いカリンが入ることで温かみのある表情になりますね。
ロクファー27pc、チーク11pc、オーク7pc、カリン4pcの組み合わせになります。


自由な組み合わせができるのはアルブルインクとDEESAWAT社が
直接取引しているからなのです。

モザイクフローリングはお任せください。
コメント

扱う商品に自信を持つ/オスモカラー塗装仕上げフローリング

2015年03月12日 | 作業場
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

大阪の老舗建築材料問屋さんからのオーダーで
「西南かばフローリング」をオスモカラー塗装仕上げを施しています。

ご存知の方も多いと思いますが、中国の工場でオスモカラー塗装仕上げした
無垢フローリングが国内に入っています。
結構安い価格で売られているので、それが良い方は購入されたら良いと思います。

今回から取引が始まったその問屋さんは、質の高い商材を扱われていて
直接肌の触れる床材は安心できる塗料を使って国内で仕上げたいと
以前から考えておられたようで、ずっと私の仕事を見ておられた様です。
私はその問屋さんのことは業界人ですから当然知っています。

材の持ち込みで送られてきたフローリングは、私が普段使っているのよりワンランク上でした。
オスモカラー塗装仕上げのみの仕事になりますので賃塗装仕事ですね。
因みに、私と同じ輸入商社さんから購入されています。

私は「西南かば」と呼んでいますが、それは「さくら」そのものです。

いつも通り、1枚づつ丁寧にオスモカラーフロアークリアーラピッド#3262艶消しを
刷り込みながら下塗りを施していきます。

下塗り塗装直後は「テカリ」がありますが、乾燥すれば落ち着いた艶消しになります。

「西南かば」の最高級ランクは普段扱わないのですが、
仕上がったら和風住宅にも使える上品なフローリングになる事間違い無いです。


アルブルインクはオスモカラー塗装仕上げフローリングを自信を持って販売します。


コメント

イメージに合わせる/オスモカラー塗装フローリング

2015年03月12日 | フローリング系
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

いつもお世話になっています設計士さんからの依頼でサンプルを作成しています。

お施主さんより「こんな雰囲気にしてほしい」との要望があり
イメージ写真を見せてもらいサンプル作成となりました。

フローリングの色も大切ですが、家具も含め全体のバランスが
決め手となるでしょう。
このライトグレー系を真ん中にして淡いのと濃いのを提案してみます。

自社塗装仕上げのアルブルインクは、サンプル作成なんて全く問題ありません。

※左二枚は、ボルドーパイン120フローリング
 右二枚は、なら90ナチュラルフローリング
※着色塗料はオスモカラーウッドワックス
コメント

やっぱり美しかった「琥珀なら90フローリング/オスモカラー塗装仕上げ」

2015年03月11日 | 納品現場
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

先日、嫁入りしました「琥珀なら90フローリング/オスモカラー塗装仕上げ」を
こっそり見に行ってきました。
夕方遅くに現場へ伺ったので、少し落ち着いた色合いになっていますが
やっぱりいつ見てもベッピンさんでした。

色合いがより「琥珀」と名付けたのですが、名の通りの雰囲気になっています。
※着色やわざとらしいキズを付けず、自然の経年変化を出しました。

今月中頃には完成しますので、その時は全体の雰囲気もわかるような写真を撮ってきます。
この現場には「ロクファー」も嫁いでいます。

【商品情報】
琥珀なら90フローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1820mm×15mm×90mm
形状/ユニタイプ
グレード/ナチュラル
塗装仕上げ/フロアークリアーラピッド#3262艶消し
入り数/1ケース、10枚、1.638m2
コメント