あられの日記

カテゴリーは場所優先。鶴岡八幡宮は寺院・仏閣ではなく「鎌倉」に。一部検索し易さ優先で、花カテゴリーに入れてる場合も。

シン・ゴジラで多摩作戦の指令本部があった所

2017年11月23日 05時33分24秒 | 神社・仏閣
11:12、多摩川台公園を出発。11:18多摩川浅間神社に到着。はっきり言って、田園調布駅から多摩川駅の紅葉散歩を実施したのは、多摩川浅間神社に立ち寄るついでです。
11月12日に『シン・ゴジラ』の地上波初放送があった。ゴジラ映画は好きだけど、シン・ゴジラは映画館で見ていない。理由はしょうもないんだけど、映画館で数回続けて隣に座った子供が風邪を引いててゴホゴホし続けたとか、親子連れが上映中のとってもうるさかったから。少し前まで日本人は映画を静かに見てたものだけど、いつからうるさくしてOKになったんだろうか?で、映画館に行かなくなった。なのでテレビ朝日で放送された『シン・ゴジラ』は初見でした。
ゴジラが第4形態で鎌倉から上陸し、東京へ向かうのを自衛隊が迎え撃った「多摩作戦」が開始。庵野監督作品の特徴なのか、登場人物の役職、名前、場所が字幕で表示されます。多摩作戦で自衛隊が本部を立てた場所も字幕で出ました。
「多摩川浅間神社」。何の気なしにweb地図で検索。
パソコン画面にweb地図を出したままシン・ゴジラを視聴。自衛隊が大量火力でゴジラを迎え撃つ。地図を見てゴジラの進路を予想。
あのブルーのアーチの橋が見たい。自衛隊員が駆け上がった3つの鳥居。そして自衛隊が本部を張った広場。
よし、行こう!
私の中では田園調布駅から多摩川駅の紅葉散歩がメインでなく、多摩川浅間神社メインです。連れの友人は紅葉散歩メインだった訳で。散歩した11月16日はまだあんまり紅葉してなくてがっかりだったかも?ですが、私はもうワクワクが止まりません。
11:18多摩川浅間神社到着。
神社に来たからにはまずは参拝です。なんか、変わった感じの石段を上がる。短い石段を上がるたび石の鳥居がある。これがシン・ゴジラで自衛隊員が駆け上がっていた場所ですね。石段の左右に富士山の溶岩みたいな石がある。もしや、これ富士塚か??まさかな〜〜?あ。イカンイカン。先に参拝〜〜。

階段を上がると、思いがけず立派な社殿が現れた。
予想外です。
あ。先に参拝だった。

紫の幕に白く染め抜かれてるのはサクラ??珍しいなあ。サクラが社紋って大分珍しい。
手水舎で手を清めてお賽銭を入れて参拝。次にいつもの狛犬チェック。

そして境内にあるあれこれチェック。

神楽殿かな?

子産石(子宝石)
絵馬も安産祈願でした。

「食行身録の碑」彫られた字は勝海舟の直筆です。そして、予想通り富士塚でした。

石に「小御岳石尊 大天狗 小天狗」と書いてある。大天狗と小天狗の間にかつては何か刻んであったっぽい。削ったっぽい。
軽くチェックしてたら、友人が神社の御由緒を書いたパンフレットを頂いてきてくれた。
由緒
当神社は今から800年前の創建と伝えられております。
鎌倉時代の文治年間(1185-90)、源頼朝は、豊島郡滝野川松崎に出陣しました。夫の身を案じた妻政子は、後を追ってここまできましたが、わらじの傷が痛み出し、やむなく多摩川畔で当流の徒然に亀甲山へ登ってみると、富士山が実に鮮やかに見えました。富士吉田には、自分の守り本尊である「浅間神社」があります。
政子は、その浅間神社に手を合わせ夫の武運長久を祈り、身につけていた「正観世音像」をこの丘に建てました。
村人たちはこの像を「富士浅間大菩薩」と呼び、永く尊崇しました。
これが多摩川浅間神社の起こりです。」
御祭神:木花咲耶姫命 大山祇神の姫君で「桜の花が咲き匂うような〜」と言われた。
桜は木花咲耶姫からでした。
さてと?シン・ゴジラの登場場所はどこだ?

境内の川側に大きな舞台がある。いや、展望台か?

舞台から多摩川の上流を見ると東急の電車が川を渡っていく。
下流側は?

ブルーのアーチの橋です。これが見たかった〜!!
ということは、ブルーの橋の右手、西側に10式戦車が並んでたのね。で、あのブルーのアーチがゴジラに壊されて、跳ね上がり10式戦車を押しつぶしたんだわ〜。

で、展望台は社務所のビルの屋上で、ここに自衛隊が本部を設営してたのね。赤い欄干みたいな手すり越しに青いアーチの橋が映画に出てた。空が広いのは映画では擬態する布が貼ってあったから別物みたいに見えるんだな。感動〜〜。
で。映画と同じ角度に見えるように石の鳥居3つを撮影してみた。

ふっふっふっ。満足じゃ〜〜!!
ちなみに、多摩川浅間神社は多摩川のほとりにあるので、一番下に「多摩川治水記念碑」があります。11:12多摩川浅間神社を後に。多摩川駅の構内を抜けて田園調布せせらぎ公園へ。

東急電鉄の沿線紅葉スポットのWEBページに厳選12スポットというのがあって、せせらぎ公園もランクインしてたので期待しての訪問だったのですが〜。「湧水のせせらぎにしなだれる、真っ赤なモミジ」という文字に惹かれてそれを愛でつつお昼ご飯の予定だったのに〜〜。ほとんど紅葉してない。しかもせせらぎがしょぼい。なぜにランクインしてるのか??

水たまりと見紛うばかりの第一湧水の周りにベンチがなかったので、少し離れた原っぱで、ほんのり黄色のイチョウを眺めつつ金時豆パンと熱い紅茶でお昼ご飯です。せせらぎ公園と言いつつも普通のテニスコートと斜面に雑木林のある公園です。

ほんのり紅葉しつつあるモミジもあるにはあるんだけどね。これが見える近くにベンチがないんだ〜。がっかりしつつ12:13、田園調布せせらぎ公園を後に。づきは隣駅の新丸子へ移動です。

コメント   この記事についてブログを書く
« 相模原公園日本庭園・見本園... | トップ | 京濱伏見稲荷神社 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神社・仏閣」カテゴリの最新記事