あられの日記

カテゴリーは場所優先。鶴岡八幡宮は寺院・仏閣ではなく「鎌倉」に。一部検索し易さ優先で、花カテゴリーに入れてる場合も。

カマキリは最高の虫のモデルです

2019年06月09日 09時20分48秒 | 雑記
6月4日はムシの日ということで、散歩の途中で見かけた虫を撮影しました。
けど、蝶は素早く飛び去り、日陰では光量が少なくてピンぼけ画像を増産してしまいました。
撮影成功したのはトップ画像と下のカマキリの画像の2枚だけ。
Eテレの「香川照之の昆虫すごいぜ」という不定期番組を視聴されたことあります?
あの香川照之さんが、カマキリのかぶり物〜違うな。着ぐるみを着用して、昆虫愛を叫んでる番組です。私のお気に入り。
で、カマキリはフォトジェニックな形態をしてるので、以前から撮影してました。気づいたんだけど、カマキリの画像はほとんどピンぼけにならない。
ほら、カマキリは獲物を動かず待って狩りをするので、カメラを構えても動かずそこにとどまっていてくれる。モデルとして最高なんですよ。構図を考え、ベストな場所にカマキリを配置して撮影できます。
こちらは去年の12月に撮影したもの。
これなんか、ガラパゴス携帯しか持ってなかったのをすごく残念に思いました。
獲物を探すからか、場所を動かず顔をこっちを追尾するので、モデルとして最高だと思いませんか?
ちなみに、私的ベストだったカマキリ画像がこちら。
茶色のカマキリ先生です。「茶色のカマキリ」の呼び名は、Eテレの昆虫すごいぜを視聴してる方ならば理解されるかと。
この記事を書くにあたり画像を探してたら、何枚も撮影してたら「何撮ってんだよ!獲物が来ねえじゃねえか!」と睨まれた気がしたのを思い出した。

ちなみにこちらは東京国立博物館に所蔵されてるカマキリの自在置物です。(2019.6.13に画像追加しました)
gooブログのお題「虫の日」に参加してみました。楽しんでくださると嬉しいです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 泉の森公園のあやめ | トップ | 2019.5.20相模原公園と麻溝公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事