あられの日記

カテゴリーは場所優先。鶴岡八幡宮は寺院・仏閣ではなく「鎌倉」に。一部検索し易さ優先で、花カテゴリーに入れてる場合も。

火傷と思ったら実は

2019年10月19日 11時45分32秒 | 健康
9月は増税前の買い物で右往左往してのお買い物月間だった。
10月5日早朝に四国へ里帰り。父の一周忌を挟みつつ、ダンナの親の家で掃除・洗濯・ご飯作り。7日午後9時半に、もよりの小田急相模原駅に着いたら雨が降っていた。雨に濡れたから体調がイマイチなのかな?と、なんとなくな不調はあったんだ。
10月12日台風襲来。スーパーの開店を待ち備えに食料などの買い出しに。
台風は強力だった。風の音が凄くて寝てられんので、パソコン眺めつつ椅子で時間潰してたらいつの間にか寝落ちしてた。寝落ちしたと気づいたのは起きた時。ヤバヤバです。右足痛と腰痛持ちが、椅子で寝落ちしたらイカンのです。案の定、立ち上がった時、左腰がグキン!ときた〜。やっちゃった〜〜。軽いぎっくり腰〜。痛い〜〜。けど外は台風。しかも休日。病院は開いてないんである。大人しく大人しく。
10月15日、予約してる接骨院で先生に怒られつつぎっくり腰の治療。だいぶん改善したけどまだ辛いので、ラブとか点薀膏をツボに貼り付け、ヒートテックの上からホッカイロを貼り付け寝た。この時点で既に変調を感じてはいたけれど、心当たりがありすぎるのでともかく様子見です。
10月17日、再度の接骨院。これでぎっくり腰の辛さは相当緩和しました。けど先生が私の腰をスマフォで撮影して「何か赤くなってるよ?」と。見れば点薀膏の四角い痕と、腰にミミズ腫れみたいな形の赤い模様が出来ていた。「いや〜、腰が痛いからホッカイロを貼って寝たから、低温やけどしたかも?」と。呆れられつつ帰宅。普段なら接骨院の後はそのまま相模原公園に散歩に出かけるのに、この時は行こうという気になれなかったんだよね。もうだいぶんヤバかったんだよ。夜、寝る前に赤い部分(左腰とヘソ下)に火傷の薬を塗りたくる。そして異変が発生。
10月18日午前3時に目が醒める。痛い!なんかピリピリチリチリ痛い。なんで?うつ伏せのまま腰に手をやれば、手触りは変だ。ボコボコしてる。しかも熱い。熱があるんだよ?
何で〜〜??起きて初めて手鏡で腰を確認して魂消た!
腰が広い範囲で赤い。いつかにウルシでかぶれた時に似てるわ。
ん?座ったらおへその下辺りもチリチリ痛い。確認したら蚊に複数噛まれてるのに似てる。ぼこぼこしてるんだけど〜??
もしや、火傷の薬でアレルギーとか??私ってば複数のアレルギー持ちでもある。心当たりがありすぎる。ともあれ、やばいのは間違いない。webを起動して自宅から近い皮膚科を探す。
と?2006年に受診した皮膚科を見つけた。そうだった。私この病院の患者さんだったわ。開院時間を調べたら、午前10時だった。
で、そこから6時間が辛いのなんの〜〜!!痛みはどんどん強くなり、範囲もどんどん広がっていく。どうなってるのか?背中に近い左腰が見えない〜〜!!手鏡で奮闘してたらダンナが起きてきた。「どうしたの?」と。「痛い〜」「かぶれたみたいになってるよ?」と。やっぱり〜??あ〜開院まで後5時間か〜。大人しく寝てれば?と思うよね。ダメなんだ。痛くてねれないんだ。しかも腰とヘソ下なので、うつ伏せにもなれんし、ねこがれも出きない。もうヤバヤバなんだ。
で。10時、開院時間に合わせ病院に行けば、多くの患者さんが待っていた。ウソやん!ガンバレ私。お忘れかと思いますが、前日までぎっくり腰でもあったんですよ。1時間も座って待つとか〜〜!!しかもヘソ下が痛いし。既に服が皮膚に当たっただけで痛さがやばいんだ。
で、診療時間になったのは11時過ぎてました。
先生に経緯を話しつつ腰を見せた途端「火傷ではありません」と。何ですと!?「これは帯状疱疹です」と。そっから赤い部分にクリームアクアチム軟膏1%を塗られた。で、お会計の時に薬をいただきまして、その場でお薬を2錠ファムビル錠250mg・メチコバール錠500・0.5mgを飲む。この時、痛み止めのお薬も出してもらったのですが、この時は我慢した(夜には痛みがひどくなり我慢できなくなった)
で、帰りに薬局でガーゼを30センチ×1メートル分購入。
帰宅後、やたらと寒気を感じる。発熱したっぽい。ふしぶしが痛いから。どないもならんので寝転がるが、寝れん〜。
午後4時、2回目のお薬を飲む。
夜、帰宅したダンナに報告。「「火傷じゃなかったわ。帯状疱疹とかいう奴で、結構大事なった。で、悪いんだけど、背中側の腰が見えないんだよね。ガーゼを貼ってほしいんだ」とお願いしたところ「任せとけ」と。ごめ〜ん。
ともかくお風呂に入り、病院で貼ってもらったガーゼを剥ぐ。この時気付くべきでした。赤いのがガーゼからはみ出てることに。
患部を見せたら「朝見た時より広がってるし。水ぶくれがいくつか」
そうなのよね。病院で「帯状疱疹と言われたらという冊子をもらってあるんだけどさ、症状の経過1→5のうち既に3段階に入りつつあるみたいなんだ。展開が早すぎる〜。
クリームは細菌を殺す作用によって皮膚の感染症を治療するお薬です。で、飲み薬は3つ。ファムビル錠250mgはウイルスによる感染症に使うお薬。
メチコバール錠500・0.5mgはビタミンB1です。手足のしびれなどに用いられます。
ロキソニン錠60mgは痛みや炎症をやわらげるお薬です。また、熱を下げる作用もあります。高血圧と脳梗塞発症歴のある私の場合、他に併用してるお薬があるので、だいぶん不安もあるのでロキソニンは極力飲みたくないのですが、痛みが酷い。飲まないという選択は出来ない。ので、夜は降圧剤の服用を見送りました。もうね。本当は自分で判断しちゃダメよ〜。
一旦は寝た。寝れたんだ。けどもまたもや夜中に目がさめた。痛い〜。お腹と足のジョイント部分が一番痛い〜???
確認したら、赤いのがガーゼからはみ出たる。しかも、ダンナや先生がガーゼを貼った時は私が立ってたので気づかなかったけど、人間の体は立体なんだ。動くんだ。ガーゼに余裕が必要だったんだ。で、ガーゼの下の部分からはみ出た赤い部分がガーゼを止めるために皮膚に貼り付けたテープにくっついてたんだよ。わかる?で、引っ張ったら切れた。私の皮膚が。ぼこぼこしてる赤い部分が。はい、この時点で帯状疱疹を患ったことにある人はヤバさがお分かりですね。
そもそも帯状疱疹とは、幼少期に水疱瘡を患い、治ったものの水疱瘡のウィルスは体の中に潜んでいたんだね。神経節とかに。で、9月下旬から10月初旬にかけてのあれこれは病気持ちの私の体では処理しきれてなかったようなのだ。過労・病気・体力低下・老化が重なると、今まで押さえ込んでいた水疱瘡のウイルスが暴れ、皮膚と神経を攻撃する。で、私の状態は、現在水疱瘡ウィルスが勝ってるの。ち、ちくしょう〜〜!!でもさ、私、幼少期に水疱瘡にかかった記憶ないんだけど〜?と「これこれこれで今帯状疱疹で闘病中なんだけど、私子供の時に水疱瘡にかかったの?」と母にメールしたら折り返し電話がかかってきた。母曰く「保育園だか幼稚園だかの時にかかってる」と。そ、そうなんだ〜。麻疹にかかったのは覚えてたんだけどな。ちっ!母の話には続きがあった「ヨシコもトミコも(母の妹たち)帯状疱疹やってる。私はないけど」と。くっ!触れてなかったけどね。帯状疱疹にかかるのは60歳以降が多いんだそうな。つまり、私の年齢で帯状疱疹にかかること自体マズいんだな。あ〜、またかよ〜。私の体はひ弱過ぎ〜〜。ちっ!明日は昭和記念公園が無料開放デーだから見に行きたかったのに。10月22日も祝日であちこち無料開放になるから、行こうと思ってたのに。ムリ〜〜!!体力的にも無理っぽいけども、でこぼこしてる赤いのが一部水ぶくれにまで進化してしまい、さらにテープを剥がす時に破いたら。そこから水疱瘡ウィルスが出ちゃうじゃん!水疱瘡にかかったことのない小さい子や妊婦さんに近づきたくない!移しちゃう。あ。ダンナにも一応確認しておかないと!帯状疱疹に触っても他の人に移ることはないけども、水疱瘡にかかったことのない人には、帯状疱疹としてではなく、水疱瘡として移ることがあるようなので。あと、洗濯物とか分けんとイカンなあ〜。思いつくけど、体がついて来てない〜。もう何日もまともに寝れてない〜。辛い〜。という訳で、しばらく更新が途絶えるやしれません。動けるようになったら、旅漫画をアップしようかな?インド旅行のはどうだろか?

トップ画像は昨夜(10/18 21:46)、ダンナにガーゼを貼り付けてもらう時に撮影したもの。この時は赤い表面は蚊に刺された時のように表面がぼこっとしてますが、まだ水ぶくれにはほとんどなってません。現在は進行中で、もう服が触るとか姿勢を変えただけでも痛い。辛い。

日付を一部間違っていたので訂正しました。
現在は10月20日午前4時半。またもや3時には痛みで起きちゃったわ。しかも変な場所がピリピリするので確認したら、首筋のファイテンの金具の下が赤くぼこぼこしてるじゃないの!ひ、拡がったの??急いでクリーム塗ったけど、顔近くに水ぶくれはやばい。しかもだね。椅子に座ったら、右の大腿部裏に違和感が!!いつもの痛みと違うので確認したら、ボコボコとぉ!!せめてもう広がるのはやめて〜〜!!心に辛いわ〜。凹む。
記録的なもの:10/19 7:49撮影添付画像がグロいので、閲覧注意でお願いします。
念のため、下に数行の空間を設けます。見たくない方はここでページバックしてください。






進行が早すぎです。赤かった部分が水ぶくれに変化しちゃいました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 相模原公園で綺麗なきのこ発... | トップ | 裸ガーゼの訳は? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事