あられの日記

カテゴリーは場所優先。鶴岡八幡宮は寺院・仏閣ではなく「鎌倉」に。一部検索し易さ優先で、花カテゴリーに入れてる場合も。

伊勢原市日向薬師の彼岸花開花情報

2014年09月17日 08時38分12秒 | 彼岸花散歩
今年は秋が早いかも~?と。昨日(2014年9月16日)にいそいそと神奈川県の彼岸花の名所・伊勢原市の日向薬師へ彼岸花を鑑賞に出かけました。
トップ画像は日向薬師バス停周辺の様子。ここは一番人気な場所なのですが、こちらの彼岸花の開花状況はようやく2割程度でした…。残念。
では早速日向薬師バス停周辺の画像をば。状況がよく分かるかと思います。

既に稲刈り済みの田んぼも。

果樹園の周辺の日陰はまだこんなです。

ひなたでは一部見頃の場所も。

何気に下から見上げられる場所もあって、歩いてて素敵なカメラの構図となる場所が沢山あって、咲き具合は今一でもとても楽しいです。

田んぼの周辺を無粋な囲いがあるのはなぜかしら??と思っていたらば、この看板を見つけて納得しました。人間が食べて美味しいものならば、獣だって美味しい訳で。そりゃあ農家の人だって自衛するよな~。
日向薬師バス停周辺の彼岸花鑑賞ポイントから移動して、かつて源頼朝が病気平癒に日向薬師へ参拝したルートである日陰道の散策へ向かいます。

うん。撮影失敗。
既に赤とんぼが多く舞ってまして、何度も目の前にトンボは止まってくれたのですが、写真としてはほぼ全滅です。だって、トンボにピントがあってないんだもの~~~~。それでもこれはまあマシな方なので載せてみる。

日陰道では、撮影してる人と一回も行き合わず、歩くと様々な昆虫が一杯飛んで出るので昆虫好きには良いポイントでした。
今ならば、秋の虫と夏の虫両方を楽しめますしね。

日陰道を抜けると、もう一度日向薬師方面へ少しだけ戻ります。上の画像は坊中バス停近くの十二神橋のたもとです。ここは綺麗に咲きそろってました。

さて、彼岸花散策ポイントの藤野バス停付近へ移動しました。この辺りも本来ならば彼岸花の数が多いのですが、まだ早かったです。
日向薬師バス停到着が10時半。日向薬師さんに参拝してからふらふらと彼岸花を追いかけて散策してきたので時刻は既に12時半。なのでここらでお昼ご飯です。

なんか、懐かしい感じの丸太で造られた椅子が散策路の所にあったので、利用させていただきました。日向薬師の彼岸花は広範囲に咲いてる割に休憩ポイントがないので、訪れた人は思い思いの場所でお弁当を広げてます。椅子があったのはここだけかも~?

またまたいい感じに花に止まるトンボを発見。しかしまたまた撮影には失敗…。あ~もうっ!!



上の画像にもトンボが止まってるのですが、分かります~??

さて今日の記事はここまで!明日、現在一番見頃の諏訪坂下バス停近くの日向薬師の彼岸花開花ポイントの洗水地区の画像を紹介しますね。

コメント   この記事についてブログを書く
« キノコ再び | トップ | 日向薬師の彼岸花2014.9.16現在 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

彼岸花散歩」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事