あられの日記

カテゴリーは場所優先。鶴岡八幡宮は寺院・仏閣ではなく「鎌倉」に。一部検索し易さ優先で、花カテゴリーに入れてる場合も。

都営荒川線沿線のバラ

2014年05月22日 05時39分23秒 | 鉄道のりもの
都営荒川線の沿線に、13000株のバラが咲く!という情報を知りまして、早速現場へ向かいました。
沿線…。
都営荒川線の総延長は、12、2キロメートルです。沿線ってどこで咲いてるんじゃろか??
と思ったものの、車窓でバラを見たら途中下車すればいいじゃん!と。気軽~な気持ちで出かけました。
昨日の記事はバラを見て一つ目の駅、荒川車庫前駅周辺で撮影しました。駅の左右にバラの花壇が続いてます。荒川車庫前駅から、次の駅の荒川遊園地前駅へもバラの花壇は続いてます。でものっけからここにこだわるのもいかがなものか?と言う事で前進を選択。
やってきた電車に乗車しました。荒川遊園地前を過ぎると、バラが消えたの~~~っ。
あれ?荒川遊園地前駅で途中下車すべきだったか??
と。少々後悔したものの、再びバラの花壇が見えてきた。
今度は降りる!
降りたったのは、熊野前駅でした。

あ~れ~~??
ここのバラは今から大きくなる。株が小さめでした。花の数にボリュームが足りない…。
これは…失敗…したかぁ~??
ともかく降りちゃったものは仕方がない。線路に沿って三ノ輪橋方面へ向かいます。

散策時刻は12時30分を回った所です。この時間の都営荒川線は6~7分間隔での運行です。それが上下線であるので、ほぼ3~4分も待てば電車がやってくるのだ。そりゃあもう撮影には困らない。ええ。たとえ旧式の二つ折り携帯電話撮影でシャッター押してから実際撮影出来るまでタイムラグが生じ、失敗写真を増産しようともっ!!数多くトライすれば、中にはマシなものもあるハズですっ!!



し・失敗なんか怖くないんだからねっ!!(震え声)

さすがにバラの株が若いからか、花にボリュームが足りないので絵づらが地味。撮影を諦めて、お隣の東尾久三丁目駅から、再び電車に乗車しました。
ところで!
荒川線利用者は、年配の老人の客が多いのだ。しかも杖を利用してる人も多いものだから、私ごときが座ってていいのか?そりゃあイカンだろうっ!と。席を譲ろうと立ってるおばあさんに席を譲ろうとしたの。ンでも一人目。二人目。みんな辞退するんだよ~~。あ・あり得んっ!老人元気過ぎっ!!

車窓から撮影。タイミングが悪く、バラの花壇の場所を行き過ぎてしまいました。
沿線のバラはどうやら全部が全部同じ大きさの株じゃないっ!というのが分かったので、一度終点の三ノ輪橋駅を目指す事にしました。

こちらが終点の三ノ輪橋駅。降車ホームと乗車ホームは別。画像は出発を待ってる所です。

三ノ輪橋駅周辺は、どこよりもバラの株が多く植えられています。
そして、ホームが木製。

今どきホーロー看板はあざといぜ~~~~~っ!!私もつい乗せられて撮影してるがなっ!!
あ!そうだ。動いてる電車を綺麗に撮影するコツが分かりましたよ。電車が減速する駅のホーム近辺でシャッターを切るのがおススメです。電車のスピードがあまり出てないので、構図メイクし易いのですよっ!!(当たり前)

さ~て、引き返すぞ~~~ッ!!
車窓をチェックしてて気になる建物があった、荒川二丁目駅を目指します。
人気ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« 13000株のバラ咲く荒川線 | トップ | 三河島水再生センター »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道のりもの」カテゴリの最新記事