Already 三丁目は夕日

徒然なるままの些細なブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悪いのは。。。

2012-08-24 19:43:47 | 日記
ロンドンオリンピックが終り、熱い戦い引き継いだ甲子園も終った。
オリンピックは平和と民族の祭典であるが、サッカーの準決勝は後味が悪いこととなった。「政治をオリンピックに持ち込まない。」とはいうものの、モスクワオリンピック不参加等、政治とは切り離せない部分を忘れてしまっているような気がする。
事実、民族の祭典であるから、国家という単位に依存する部分は大きくなってきているはず。サッカーの銅メダル問題の裁定はどうなるのか興味深い。
はじめに日本サッカー協会に謝罪するより、オリンピック委員会、FIFAに謝罪するのがスジだと思うのだが。

民族というコトバは地域というコトバと結びつきが強い。甲子園大会は、地域対抗の意味合いが強いまま現在に至っているが、私立高校の生徒確保の材料になっている部分は隠されたままであるような気がする。
「特待生」の在り方云々が一時話題になったが、曖昧なままであり、ある県にいたってはベンチ入りしているメンバーに地元出身者が2,3名という高校もある。影では「第二××代表だから、ベストフォーはあたりまえだろ。」とかの声もある。
勝てば陰口をたたかれ、負ければ負けたで「ざまぁみろ!」って笑われる。
マジメなプレーをした選手たちは決して悪くない。本当はそのマジメさを利用して、「教育」という名を借りた学校経営しか出来ない腹黒いオトナたちが悪い。
そもそも、高体連のほかに「コウヤレン」という組織の存在自体が不思議でならない。
いつの間にやら「アスリート・アラガンス:運動選手の放漫」を「スポーツマン・シップ」に塗り替えた荒業でこの意識は日本中に蔓延してしまった。
事実上のある地区の第一代表と第二代表の決勝戦を人々はどんな思いで観ていたのだろうか。ただの勝負事で済ませてしまったのだろうか。
いずれにしても、彼らの熱くも苦しい「夏」が終ったことは確かなのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何かおかしい

2012-08-16 11:57:34 | 日記
今年の夏休みは有休休暇を使い長めの設定であったが気疲れはそれまでに経験したことがないものとなってしまった。
夏休みの前の週に家族旅行的な行事を済ませておいたことが唯一の救い。実家に行けば相変わらず運転手であることは、両親ともに脳血管障害の後遺症のため仕方ないことである。
今年は二年ぶりにカミさんの弟一家が来るということでペースをみだされた。到着直前に、弟の嫁が「お兄さんの住んでたところに行ってみたい」だと。自分の実家は有名な観光地ではあるが、こちらにも準備というものがある。


こんなマイペースだから、実家に帰省するたびに姑と衝突している。一家がカミさんの家を離れてからその愚痴を聞かなければならないのは娘夫婦の宿命。
一応は案内はしたものの、興味は土産物屋の雑貨しかないようだった。都会の文化的な生活をしてきた方なので、美しいもの、貴重な珍しいものを見たり、成り立ちを聞いたりすることより、観光パンフレットに載っている店の完全制覇が観光してきた証になるようだ。
ネットでいつでも購入できるような子ども騙しのメイドインチャイナみたいなものを置いている土産屋巡りが観光旅行と位置づけられているようだ。残念ながら、子ども達が小さいせいか、いろいろと建物の説明をしてもあまり興味を持ってくれなかった。


いつも思うのだが、この一家は何が楽しくて帰省するのかと。親達は「早く帰ってもらったほうがいい」とか平気で言っているし、息子一家は息子一家でペットの犬を飼ったことのない両親に預けて世話をさせ遊びに行って、帰宅時間よりずっと遅い帰宅で親たちに心配をかけたりしてよくわからない。一種の愛情表現か甘えなのか自分には良く理解出来ない、というか理解する気にもなれない。
姑もかなり、マイペースなのだが嫁はその上を行く。実はこれが「類は友を呼ぶ」なのかもしれない。


くだらん愚痴を零すようになったのは先月一つ年を重ねたのからなのかなと思いながら、彼らが帰省すればブログのネタには事欠かないなぁ、と呟いていた2012年の夏であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加