Already 三丁目は夕日

徒然なるままの些細なブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

偶然が積み重なって現在という形になっている

2016-03-29 22:37:47 | 日記
会社で新年度の説明があった。またしても、同じことの繰返し。リーマン生活が長くなればなるほど、説明者の腹のなかがレントゲン写真のように見えてくる。最近は、波風をたてようとは思わなくなった。やっぱ年をとった証拠なんだろうな。体を壊すくらい頑張ってももらえる賃金、肩書は知れたもの。
だとすれば、楽しく、人のために、やりがいを持って仕事にむかいたいもの。
今日説明した輩は、ハラサーの最たる上司。うちの部門では、忍耐強いのか、バカなのか、諦めているのか知らないが、声を上げる漢がいない。そういう雰囲気だから反論出来ない部下は年上であろうと、若者であろうと徹底的にこき下ろす。
今日も二言目に「ボクには人事権がある」と。参加者の呆れようときたら。。。
まさに「キチガイニハモノ」ではなく「キチガイニカタガキ」。
まぁ、年寄りはそれなりに流すことが出来るが、若者にあの態度は?
組織を担うもの以前に、人間としてどうなのか?
過去二年間の総括をしても、「俺のマネージメントは間違っていない」の連呼。
際どい質問には極論で応戦。そこまで徹底している光景は悲しくさえなる。
ハラサーは自分がルールブックだから、間違い、負け、は認めない。その癖、外には向かって行くことが出来ない。
彼には身体的ハンディキャップがある。そのことで大体の部下は変な同情さえ心の隅に抱いてしまう。だから、皆は聞き流す。そんな空気を醸し出していることを自覚していないことに哀れさが深くなる。
実際はただのヘタレで、弱いもの苛めしかしていない。
今の自分の地位なんて、誰もが生まれてから、偶然の積み重ねで得ていることなのにな。自分の身体的ハンディキャップだって、好んで引き受けた訳ではないはず。プロセスの判断は結果論の張り付けで何とでも解釈の変更は可能。
人の振り見てナントカ、で無いが、偶々重なった事実の上で現在があることを忘れて、自分も横柄な態度をとらないようにしなければいけないなと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ある春の日 | トップ | どーいつろーどーどーいつち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事