Already 三丁目は夕日

徒然なるままの些細なブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オマエは一流ではない、子供にタマタマセンスがあっただけのこと

2016-07-09 00:09:43 | 日記
子供の部活の試合で気になったこと。県下でNo1の強さを誇る学校の保護者たちは、当然の如く、観覧席で良い場所につく。強い学校だから、当然といえばそれまでなのだが、狭い会場で気温が高めの時は、自分たちより、他校を含めた選手を優先するのが常識だと思うのだが、そこの学校の保護者はお構い無し。おまけに、自分の子供以外の試合では、スマホのゲームに熱中しているという。。
そんな光景を見て呆れるというか、悲しくなってきた。
保護者アスリートアライガンスの極致だな。こんな学校がトップになっているのだったら、この競技は、二、三年で頭打ちになる感じがする。
躾も、スポーツマンシップもあったもんじゃない。
まぁ、自分の子供は大して強くないから、大きなことは言えないが、自分が三〇数年前にスポーツをしていた時は、どんなに子供が強くても親はしっかりしていた。アスリートアライガンスはあっても少しで、そんな態度をしている選手には、同じ所属であれば、他人であっても注意したものである。しかし、今では親もドップリ漬かっているという。嫌な時代になったものだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« どーいつろーどーどーいつち... | トップ | だから »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事