たらんの蜘蛛日記/toriuta

蜘蛛好き息子との蜘蛛観察記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヤママユガ大盛り、クスサン少々

2017-10-11 11:12:01 | 蜘蛛、その他
おつかれさまです。

今日は蜘蛛でもヘビでもなく、蛾の記録です。


8月の終わり、ある里山でヤママユガを見つけました。



たらんが慕っている虫好き先輩が大好きな蛾。

蛾のなかでもヤママユガやクスサン、シンジュサンの大型は、ひときわ存在感があり、虫先輩の影響を受けたらんもすっかり魅了されてしまいました。



9月に入ると、ヘビ熱だけでなくヤママユガ熱も高まっていきました。



小動物のような顔立ち。

女子のハートをわしづかみです。




9月某日、渓流の近くで見つけたクスサンの繭を持ち帰りました。


蚕もそうですが、指先も道具も使わずこんな芸術作品を造るイモムシたちは本当にスゴい!

ある日、この繭からクスサンが羽化しました。

※下の写真はシンジュサンの繭にぶら下がってます。


「おー、すげーー☆」


このことがキッカケで、さらにヒートアップ。


9月某日、また某田舎へ。

この日は雨でしたが、行ってみましたら、、、



普通にいました、ヤママユガ。

しかもたくさん。



ヤママユガには雨なんて関係ないのかな。



手の届くヤママユガをどんどん採集するたらん。

「はぁ、こんなもんいるのか?」と声をかけていただいた地元の方にお礼しつつ、

たくさんのヤママユガを採集しました。



こんなにどうするの?

「○ちゃんにあげたり、残りは標本にする」

でも。なんの道具もありません。

しかもたくさんのヤママユガを一気に全部、展翅したいと言い出しました。
(たらんらしい…)



そこで、昔100円SHOPで買ったすのこ板と、画鋲を使ってみることに。

羽をおさえる紙は、ワックスペーパーで代用。


最初は少し手伝いましたが、殆どたらん一人で頑張りました。

羽が重なってたり、破れてしまったり、とても荒いけれど今はこれで良いそうです。




たらんは何事もまず自己流でトライし、何度も何度も何度も同じ失敗を繰り返し、そのうちに正規の方法にたどり着くタイプなので、なるべく口も手も出さずにいます。




その後、またヤママユガをつかまえてきました。



標本にしたり。




数日間、飼育もしてました。





たらんは、スズメガの仲間も好きだそうです。




私が驚いたのはミノムシ。

こんな食べ方をしてたとは。



蛾の世界も面白そうです。







ヤママユガは毛皮?が舞い散り、掃除が大変でしたが、手に乗せた時のキュッとしがみく感触は病みつきになります♪






toriuta

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ヘビへの好奇心まっさかり | トップ | ビジョ、オニ、ドヨウ、ナガ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原稿依頼です! (中部蜘蛛 筒井)
2017-10-26 19:08:38
こんにちは。

中部蜘蛛の筒井明子です。
この間はすてきなバッヂありがとうございました!

実は、原稿をお願いしたくご連絡いたしました。
中部蜘蛛では、年に一度、「蜘蛛」という会誌を発行しており、次号が50号の記念号となるため、できるだけ多くの方から記事を集めたいと考えております。
よかったら、一度、HP内のメールアドレスにご連絡いただけないでしょうか?

心からお待ちしております~!!!
Re:原稿依頼です! (toriuta)
2017-10-27 07:16:53
筒井さん、こちらこそいつもありがとうございます!

げ……原稿ですか、、、(汗)

とりあえずご連絡させていただきます!

コメントを投稿